「赤髪の白雪姫」100話のネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は二人きりで泊まり!?

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「赤髪の白雪姫」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「赤髪の白雪姫」99話のネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は白雪のリリアスでの日常




100話のあらすじとネタバレ

風呂に入っているミツヒデとオビ。
オビにここでの休暇も残り数日、
「ゼンと白雪が周りを気にせず、二人でゆっくり出来る時間を作らないとなってさ」
と言います。
オビは山小屋に閉じ込めるとかと突飛な案を出しますが、愛する人間を山小屋に閉じ込めるんじゃないとミツヒデに反対されます。

場面変わりその後。
外が猛烈に吹雪いています。
「気を回したはいいですけど、どうします、これ。ああ、大変だ…
主とお嬢さんが遭難した!!」

その少し前、ゼンと白雪は二人で旅籠を訪れていました。
受付に行くと部屋の鍵を手渡されます。
部屋へ入ると、店員から友人からの手紙だとオビからの伝言を手渡されます。そろりと覗いて見てみると

『意図的に遅れます!!
二人でゆっくり語らってて下さい。』

白雪は伝言を見て顔を赤らめます。
「ゆっくり…出来るの?ゼン」
「出来る」
「気遣いを頂いてしまったね」
「ここは素直に導かれておこう」

食事に舌つづみを打ちながら、談笑します。
ふと、窓の外を見ると、吹雪になっていことに気づきます。

「どう見ても…」
「来られんだろう…」
ミツヒデ達が心配になった2人は、外の様子を確認するために店外へ出ようとします。
ところが、店員にそれを止められてしまいました。
「こんな吹雪です。うちで大人しくしていて下さい。寝る時言ってくださいね。毛布が足りなかったら持っていくので、寝る時言って下さいね!」

「………泊まる予定では無いと思うんだが」

「泊まる方にしかお部屋の鍵は渡さないですよー!」

二人で泊まり!?と赤くなるゼンと白雪。

一方その頃、オビたちがどこへいたかというと、実は、白雪たちと同じ店にいました。
少し別室で時間を潰して、適当なところで出てくるつもりだったのです。
部屋も、男女に別れて泊まる気でいました。

「状況としていつ邪魔しに行こうが気まずい。どうしてくれるんです旦那」
オビが荒れてミツヒデがなだめます。

白雪とゼンは、部屋へ戻りました。
お互い自然に振舞おうとしていますが、どうしても2人きりであることを意識してしまうようです。
会話をしますがどこかチグハグです。
白雪はめずらしくガチガチになっています。
「ご、ごめんゼン。なんか変で。
私は、ゼン殿下と同じ部屋に居ていいものかな」

ゼンは白雪を安心させようとして、
「灯り囲って夜を徹して語らうのはどうか」
と提案します。
この一言で、場の空気がかなり和みました。

今日は何をしていたのか、白雪の噂話など話は尽きません。
「3人がリリアスに馴染んでるのがわかって楽しかったぞ」

「そこにゼン達が居るのが私も楽しいよ」
二人で笑いあっていると外から音楽が聞こえてきます。

「ちょっと見てみようか、ゼン!」
白雪はゼンの返事を待たずに、部屋を出ようとします。
すると、ゼンはその腕を掴んで、引き止めました。
「少し、後でもいいか」

ゼンはそのまま白雪を引き寄せ、優しくキスをします。
確かめるようにまた一度キスをする二人。

しばらくしてから、楽し気な音楽につられて部屋の外に出ると一階で楽団が演奏していました。ふと気付くと、向かいに見慣れた人物が3人。
ミツヒデと木々、そしてオビです。
「白雪、向こう、向こう」
「向こう?」

「ははは、やっほー! 出てくると思ったぞ」

続きます。

以下のリンク先で「赤髪の白雪姫」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

記念すべき100話目となりました。
ゼンのリリアスでの休暇も残りわずか。ミツヒデが二人きりでどう過ごさせようか思案してくれます。オビは相変わらず突飛な考えをします。
主とお嬢さんが遭難した!!とオビが言い出し、すわ何事かと思いました。

ミツヒデ達に導かれて旅籠におもむいたゼンと白雪。ミツヒデ達の気遣いに甘えて二人きりの時間を過ごします。
外が吹雪いてきて、二人きりで泊まりなのかと勘違いしたゼンと白雪が可愛かったです。
久しぶりにキスを交わす二人。甘い恋人の時間が流れました。
実は旅籠に先について待機していたミツヒデ、木々、オビ。出るタイミングは逸してしまいましたが、音楽につられてゼンと白雪が出てきたので何とか無事に合流することができました。
白雪の寝顔は見られなかったゼン。
さぞ、心残りなことでしょう。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「赤髪の白雪姫」101話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪久々のオビとゼンの掛け合い




★マンガを無料で読むには★

定番人気作品から隠れた名作まで日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ