「二月の勝者」4巻34話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話はまるみの志望校が判明!

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」4巻33話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は先輩の発言に注目

[mokuji]

最新話34話「七月の憧れ」のあらすじとネタバレ

夏休みのある日、学校不登校児のまるみが、家の窓から外を覗いている。

すると、同級生たちが楽しそうにプールへ向かう姿が見える。

自分の姿が見えないように、さっとカーテンの陰に身を隠し、まるみは苦しそうにうずくまるのであった。

桜花ゼミナールでは、授業前に講師たちが自習室の利用状況について話している。

佐倉が気にしているのは、まるみの自習室の利用状況である。

まるみは自習室をほとんど利用していない。

しかも宿題も全部こなせていない。

母親の方針は「2月までマイペースで勉強させたい」とのことであるが、このままでよいのか、佐倉は気を揉んでいる。

まるみは教室に向かう途中、壁に貼りだしてある予想偏差値の一覧表を目にする。

目に飛び込んできたのは『女子学院』の文字。

しかし女子学院なんて、自分には分不相応と、思わず首を振り、その想いを否定しようとする。

そんなまるみの様子を黒木が陰から見守っていた。

Rクラスで、はりきって算数の授業を始めようとする佐倉。

しかし、生徒から「(授業が)出だしからつまらない」とのクレームを受ける。

生徒たちは黒木の授業と比較し、口々にその面白かった点を話す。

「最近、牛乳が高くなったとか愚痴っていた」「いろいろ煮込むとかさ」算数の授業を行ったにもかかわらず、料理のような内容を口にする生徒たち。

佐倉は自分が空けた穴のために、黒木に適当な授業をされたとショックを受け、悔しさを覚える。

気を取り直して、計算の小テストを始める。

そのとき、Rクラスの雰囲気が明らかに変わったことを佐倉は肌で感じるのであった。

「何があった…?黒木先生の授業?それとも…」

休憩時間、お昼を食べながら、佐倉は何が変化の要因なのかを探っていた。

すると生徒の口から意外な発言が飛び出す。

「だって、ほんとに『おちる』ことってあるんでしょ?」そのとき、佐倉は「はっ」とさせられる。

そう、この子たちはまだ子供なのだ。

受験自体が人生初の経験なのだ。

親も講師も「おちる」とは言いづらく、それを生徒たちに伝えてこなかったため、そのことを想像できていなかった。

OB・OGの口から、その言いづらいことを言わせること、それが黒木の「カンフル剤」だったのだと。

さらに、子どもたちから、黒木の授業が役に立ったとの発言がある。

佐倉が何を教わったのか尋ねてみると、「平方数の語呂合わせ」や「少数と分数の換算表」であった。

この辺は4,5年生の頃に当然、頭に入っていると思っていたが、Rクラスの子たちは全く身についていなかった。

自分は4ヵ月も生徒を見ているにもかかわらず、その弱点に気づくことができなかったのに。

黒木はRクラスを初めて教えて気づいたのだ。

落ち込む佐倉に対して、桂は「そこは、ある程度、しょうがないよ~」と励ます。

そして、桂は「集団塾の限界」を口にする。

習熟度の個人差があるのは当たり前であり、全員にきめ細かく指導するなんて、絵にかいた餅であると。

「ついてこれない子は一体どうやって挽回すればよいのですか」そんな佐倉の質問に対して、桂は上を指さす。

上の階にあるのは、同系列の個別指導塾「ノビール」であった。

そこではノビールの校長と黒木が、ほくそ笑みながら、談合を行っていた。

「同じ『桜花グループ』としてうまくやっていきましょう」

下階に戻った黒木の目に飛び込んできたのは、自分の成績表と壁に貼りだされた偏差値表を食い入るように見つめているまるみの姿であった。

黒木に声をかけられ、慌てるまるみであったが、周囲に人がいないことを確認すると、意を決し、黒木に相談をもちかける。

「…その、じょ、じょ…『女子学院』を目指したいんですけど…」声に出してみたものの、すぐにその発言を取り消そうとするまるみ。

そんなまるみに対して、黒木は力強く断言するのであった。「JG…!目指しましょう…!!」

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間無料でマンガをガッツリ読めるのはこちら(^^♪

感想

今回、学校不登校児である、まるみの志望校が『女子学院』であることが判明しました。

いや~、びっくりしました。思い切ったところを狙ってきましたね。

現在のまるみの偏差値は50、一方で『女子学院』の偏差値は70です。

6年生の夏からの追い込みで偏差値20の差は埋まるものなのでしょうか。

常識的に考えると不可能な気がしますが……。

以前、黒木自身もこう言っていました。

「(偏差値)55の生徒を60に上げるのは、本当に、本当に難しい」「55から60の間は言うなれば、断絶した崖道」と。

その黒木が「目指しましょう」と力強く断定したからには、何かとっておきの秘策があるのではないでしょうか。

ちょっと想像できませんが……。

ひょっとして、「ジャイアントキリング」を成しえそうな生徒がまるみなのかもしれませんね。

一方で、悪いほうに推測すると、黒木は単に個別指導塾へ勧誘するよい口実になると考えているだけであり、まるみが個別指導塾へ入塾した後は妥当な志望校に落ち着くよう、うまく丸め込んで諦めさせる可能性もあるかもしれませんね。

いずれにしても、今後の展開にますます目が離せなくなりました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」4巻35話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話はやり手の黒木先生

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪