「二月の勝者」4巻33話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は先輩の発言に注目

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」4巻32話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読み♪最新話は子どもを受け入れる事の難しさ

[mokuji]

33話「七月の先輩」のあらすじとネタバレ

桜花ゼミナールでは、女子中学生が集合し、わいわいおしゃべりをしている。

彼女達は去年と今年の受験生であった元・桜花生であり、現・6年生と話すために黒木に呼ばれたのである。

「黒木先生が言っていた『カンフル剤』ってこのこと?」佐倉は(黒木の)鬼畜プランを想像していたため、こわくなくてよかったと内心ほっとする。

「先輩が来ているから、休み時間にお話ししようよ」と、佐倉は生徒たちに声をかけるが、まるみは消極的である。

そんなまるみの背中を押して、先輩のいる教室へ向かわせる佐倉に対して、桂は「ムリに勧めなくてもよかったかな」と釘を刺す。

そして、2年前のまるみの母との入塾面談での出来事を語り始める。

まるみはクラスのリーダーの女の子とのトラブルがあったのを機に、学校を休みがちになった。

中学受験をする一番の目的は「今の人間関係を一度ゼロにしてあげたい」という点にあったため、まるみの母は、無理せず合格をいただけそうな学校を希望していた。

「普通の公立中学に行って高校受験をするという選択肢もありますが、あくまでも中受という方針でよろしいですか?」と確認する桂に対し、まるみの母は「高校受験回避」がもう一つの目的であると告げた。

内申点が重視される高校受験は、内気で引っ込み思案なまるみには難しいと感じていたためである。

「不登校に理解のありそうな偏差値40くらいの学校に受かれば十分。無理をせず、2月までマイペースで勉強できれば嬉しい」

高校受験の現状を把握していない佐倉のために、桂が補足をする。

「中学での内申点を上げるためには、テストで90点以上、提出物も完璧にこなした上で、積極的な授業態度が求められる。戦略的かつ効率よく授業をこなし、定期テストでしっかり点を取り、部活動で活躍し、生徒会活動も精力的にこなせるリーダータイプであれば、高校受験で都立トップ校を目指せる。しかし、もし真逆であるならば……。」

「桂先生、お見事!」桂の力説を伺っていた黒木が拍手をしながら、突然現れる。

高校受験に対する不安を煽ることこそが、中学受験への強力なモチベーションに結びつくためである。

桂に高校受験に対する本音を尋ねられると、黒木は「高校受験?大っ嫌いです」と吐き捨てる。

なぜなら同じ学力の子が並んでいたら、より先生に好かれる子のほうが有利だからである。

一方、中学受験は、本番のテストで点数をクリアさえすれば合格できる。

「明解で気持ちいいですね。私は中学受験が大好きです」と言い残し、黒木はその場を後にする。

教室では、6年生が先輩たちの話を伺っている。

「中学すっごい楽しいよ!」「放課後にカフェテリアに寄れるのが最高!」充実した中学生活の様子に目を輝かせる佳苗。

「去年の今頃って、勉強していました?」と尋ねる理沙に対して、先輩は「夏休みだとまだノンキだったなあ…」との一言。

「よかった!」「それでも直前には何とかなるものなんですね!」と、ほっと肩をなで下ろす彼女たちに対して、先輩は厳しい言葉を口にする。

「そんなわけないじゃん。私…3校4回受験して……3日間『全落ち』したの」と。

「落ちる」という現実をつきつけられて、生徒たちは真っ青になった。

その話を遠くで聞いていたまるみに、一人の先輩が声をかける。私服姿の先輩に対し、まるみは「制服…着替えてきたんですか?」と尋ねる。

「うち、制服ないんだ」との返答から、まるみは自分の志望校も制服がないため、同じ学校かと推測する。

しかし、先輩は女子学院、通称「JG」の生徒であった。

「ごめんなさい。全然違った…」と頬を赤らめるが、先輩は「目指すこと自体は自由だよ」とまるみを励ます。

さらに女子学院はいじめがなく、自分と人とを比べない「みんな『自分が一番』って本気で思っている」場であると伝える。

その言葉に、まるみの心は揺さぶられた。

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

「高校受験」懐かしいですね。

桂先生の話の通り、中学時代、内申点を稼ぐために、たくさん挙手をしたり、積極的に質問に行ったり、生徒会に入ったりと、いろいろと努力(?)したことを思い出します。

黒木先生の「より先生に好かれる子が有利」というのは言い得て妙ですね。

黒木先生の頭の回転の速さと性格から、学生時代の様子を推測すると、テストで高い点が取れるにもかかわらず、先生に媚びなかったために内申点が伸びなかった生徒だったのではないかと思われます。

先生に対してズバッと正論をぶつけてしまうような、いわゆる嫌な生徒だったような気がします。

これからの話の中で、そんな過去のエピソードも出てくるのではないでしょうか。

そして、黒木先生が用意した「カンフル剤」である女子中学生たちの発言です。

のんびりと構えていたRクラスの生徒たちにとっては、大きな刺激となりそうです。

親や先生がうるさく言うよりも、同じ年代の子に言われるほうが、実感として受け止めやすく効果的ですね。

これからどのように受験生へと変わっていくのか、その様子を見守りましょう。

今回、一番影響を受けたまるみの今後も気になりますね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」4巻34話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話はまるみの志望校が判明!

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪