二月の勝者 4巻29話のネタバレと感想 無料試し読みはコチラ 最新話は偏差値重視の順の父親

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料絵つきで二月の勝者が読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)で二月の勝者を無料で読む

二月の勝者 4巻29話のネタバレ

「七月の挑発」
成績がトップクラスである順の母が来校する。

順の母は「うちの子は他の子と一緒に基礎固めをやる必要はない。難問中心の演習を増やしたほうがよいと思っている。あの子のペースに合ったやり方で進めていきたい。」という内容の話を、とりとめなく30分以上して帰って行く。

長時間の対応に橘はぐったりしている。

そこへやってきた黒木が、橘がどのように対応したかについて尋ねる。

橘は「今だから基礎」の重要性を母親に説明したと答える。

その橘の対処法について、黒木は「余計なことをしましたね」と一刀両断する。

「今後、島津さんの保護者については、ただ話を聞くだけに徹して、気分よくお帰りいただいてください」と忠告する。

はらわたが煮えくり返る思いの橘であったが、大きく一つ息をつき、気持ちを静めた。

「ふん、今は我慢のしどきだ。『あの話』の裏をとったら、反撃だ…」どうやら橘は黒木の秘密を握っているようである。

教室では、海斗が机に顔を埋めて泣いている。海斗に寄り添う佐倉。

「先生…僕…間違ってないよね…?」と問いかける海斗に対し、佐倉は「うん、間違ってない」と励ます。

「そろそろ、授業戻ります。遅れたら損だ。」と立ち上がる海斗を見て、佐倉は胸をなでおろす。

「思っているより子どもは強い」しかし、彼らはまだ12歳の子どもであるということを、後に佐倉は痛感することになる。

その夜、順の家では、順の父親が母親を叱り飛ばしている。

「ちゃんと塾に言いにいったのか?塾の宿題がこんなにあったら、俺の出した難問の課題ができないだろ。ちゃんと説得してこいよ」と。

そんな父親の声を聞きながら、順はベッドの中でぶつぶつと日本の元号を唱えるのであった。

まるで現実から逃避するかのように。

翌日の自習時間、海斗が問題を解いているところへ順がやってくる。

順は「今頃、そんな問題に時間かかってんの?絶望的にゴミじゃね」と、海斗のことを馬鹿にする。

そこへ、黒木が現れる。

黒木はΩの生徒用に別の教室を用意していた。

それは「特別な待遇」であると、順に伝える。

Ωの生徒として優遇され、嬉しそうに隣の教室へと移動する順。

そして、海斗に対しては「今後、島津さんと、一切、揉め事を起こさぬよう…!」と厳しく忠告するのであった。

その日の晩、順が塾の宿題をしている。

その横で母親がやきもきしている。

宿題に加えて、父親が帰宅する前に、父親が用意した難問の課題にも取り組まなければならないからである。

そこに父親が帰宅する。

いつもの時間よりも早い。

手には新しい問題集が握られていた。

実際に入試で出題された問題から良問をえりすぐった問題集だと言う。

早速、15分で10問を解くことになった。

実際に解いてみると、思ったよりも手強い。

「あれ、これ難問校の問題かな?」と焦る順。

父親は終了とともに、問題集を取り上げる。

「どれ、見せてみろ」問題集を見た瞬間、父親の顔色が変わる。

そして、順の方をちらりとも見ないで「風呂に入れ」と指示を出し、順を部屋から追い出す。

順が席を外した瞬間、父親は問題集を母親に向かって投げつける。

「どうなってるんだよ、これ!?」問題集が壁に当たり、思わず母親は叫び声を上げる。

先程、順に出した問題は「偏差値50」の学校の入試問題であった。

それが3分の1も解けていなかったのである。

父親の怒りは頂点に達した。

「偏差値50の学校なんて、学校じゃないぞ」「今頃…こんな問題に時間がかかっているようじゃ、絶望的にゴミだ」恐怖におののく母親。

扉越しにその言葉を聞き、動揺を隠せない順。

父親は最後にこう言い捨てた。

「母親であるお前のせいだぞ」

二月の勝者 の最新話・最新刊を無料で読む方法

今回は二月の勝者を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)で最新の漫画を無料で読む
無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

二月の勝者 4巻29話の感想

「偏差値50の学校なんて、学校じゃない」とは、すごい意見ですね。

偏差値重視でいると、こういう見方になるものなのでしょうか。

自分の子どもに向かって「絶望的にゴミ」と言い捨てるところにも胸が痛みます。

何かができれば存在価値があり、何かができなければ存在価値がない……という考え方は、いつかどこかで大きな挫折を生むような気がします。

その挫折はどこで顕在化するのでしょうか。

そのとき順の両親はどのように順と向き合うのでしょうか。

黒木の成績の良い子を優遇する対応も気になります。

普通の講師であれば、馬鹿している子のほうを注意するものですが、黒木は馬鹿にされている子のほうを注意します。

ただプライドの高い順のこと、もし注意をされたら、心を閉ざしてしまう可能性があります。

順の心の闇を見透かし、その自尊心を傷つけないようにする対応が、Ω用の別室を用意して、海斗との距離をとるという作戦だったのはないでしょうか。

ただ、これだと海斗は何も救われていない……次回以降、黒木が海斗にも配慮するような場面があることを期待しています。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」4巻30話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は順が塾に来ていない

漫画が無料で読めるサイトを知りたくないですか?おすすめはコチラ↓

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。

U-NEXTは漫画だけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
 

31日間無料トライアルの特典
  1. 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
  2. 600円分のポイントプレゼント!
    DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!
  3. 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪