「二月の勝者」3巻25話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は佐倉先生の成長

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻24話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は桜花ゼミナール社長登場

[mokuji]

25話「六月の成長」のあらすじとネタバレ

六月中旬。

保護者面談期間がスタートする。

佐倉は保護者から頂いた志望校アンケートと塾からのお薦めの学校リストを生徒別にまとめた。

それを先輩である桂に見てもらっている。

英語教育を重視している佳苗には、帰国生が多く、交換留学制度やイングリッシュキャンプが充実している学校を推し、「有名女子校手あたり次第」といった方針の理依紗には、本人の性格を配慮して、ミッション系ブランド女子校でも「プロテスタント」系の学校をリストアップしていた。

生徒一人ひとりのことを考えた選択ができている佐倉の成長を目の当たりにし、桂は伊東章太郎の両親との面談のリードを佐倉に任せることにした。

佐倉は章太郎の両親に、併願校として「東英大付属白金」「日照大付属杉並」の2校を勧めた。

それはどちらも系属する大学に「医学部」「薬学部」の推薦枠があるからである。

また、東英大付属は系列大学に「海洋学部」がある。

佐倉は章太郎の水族館好きを把握していた。

それは、両親の医療系進学の希望と本人の受験に対するモチベーションづくりの両方を満たす提案であった。

もし、章太郎が併願校のほうを気に入ってしまったらどうするかという両親の質問に対して、言葉を詰まらせる佐倉であったが、そこは先輩である桂がすかさずフォローを入れた。

面談後の廊下で、桂が佐倉の労をねぎらう。

「よかったよ。よく調べたね。特に海洋学部!」「帰りにケーキ食べに行こっか」はしゃぐ佐倉に対して、黒木が背後から冷や水を浴びせる。

「身の丈レベルの併願校を薦めるのもよいですが、今よりも偏差値10以上高い第一志望校設定の件は忘れないでください」

「…はい、もちろんです」

黒木の顔を見て、佐倉は灰谷が言っていた「ド近眼」という情報を思い出す。

その言葉が本当かどうか確かめるため、少し離れた距離で変顔をしてみた。

これなら見えないはずと。

しかし、黒木は「ケーキと間違えて芋虫でも食べたような顔ですね」とコメントし、スタスタとその場を去る。

「見えてんじゃん!」

六月下旬。

テストの集計が終わる。

その結果をもとに、新たなクラスや席順が決まる。

今回は、AクラスとRクラスでそれぞれ2名ずつ生徒の入れ替わりがあった。

サッカー少年である三浦佑星、鉄道大好きである加藤匠は、それぞれRクラスからAクラスへと上がった。

一方で、大内礼央、福島圭の2名はRクラスへと落ちた。

クラス分けと席順が示された表の前で、喜ぶ者もいれば、落ち込む者もいる……様々な感情が交錯した。

「慣れているとはいえ、クラス落ちした子を見るのはなかなか辛いよな」と橘がつぶやく。

特に、今回AからR落ちした圭はたった1点の差だったとのこと。

ここまで細かくクラス分けをする必要があるのか、不思議に思う佐倉に対して、黒木が「大アリですよ」と回答する。

一点刻みのシビアなクラス替えに変えてから、保護者からのクレーム電話が激減していた。

例年、クラス替えの直後はクレームの電話ラッシュで仕事にならなかったのに。

黒木は言葉を続ける。

「親御さんは表向き『努力』や『頑張り』を評価して欲しいと言うくせに、いざ明確な『数字』を出すと黙ります。

よって、目に見えないもので評価することは今後一切やめて頂きたい」さらに黒木は、クラス落ちした生徒を心配している場合ではないと冷たく言い捨てる。

「いよいよ夏期講習、受験の『天王山』です。

過酷な登山についてこられない者は生徒も講師も置いていきますよ」

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

今回の話では、佐倉先生の講師としての成長が垣間見えましたね。

一人ひとりの個性や興味・関心を把握するとともに、両親の希望にも沿った提案ができるようになっていました。

優秀な講師には『5者の能力』があると言われています。

五者とは「学者」「役者」「芸者」「易者」「医者」を指すそうです。

今回のような面談では、「医者」と「易者」の力が必要になりますね。

それは「相手を的確に分析する力」と「適切な未来への提言ができる力」と言い換えることができます。

今後、「学者」のように膨大な知識を得て、「芸者」のように生徒を惹きつける授業ができて、「役者」のように時と場合に応じて自らを演じ分けられる、そんなスーパー講師へと、佐倉先生は成長していくことができるのでしょうか。

さて、今回、講師だけでなく、生徒の成長も実感することができましたね。

これまでの話でクローズアップされたことのある三浦佑星と加藤匠の二人の成績が上がりました。

Aクラス昇格、やりましたね!

バックグランドをよく知っている子は、我が子のように応援したくなります。

これから順に、生徒一人ひとりが取り上げられ、その背景が見えてくると思うので、さらにドキドキ、ハラハラしそうですね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻26話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は黒木と橘のバトル

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪