「断罪のドラグネット」1巻4話あらすじとネタバレと感想!先輩刑事が言っていた「あいつ」とは

[mokuji]

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓
http://www.yellow-journal.jp/?p=




1巻4話のあらすじとネタバレ

切断された人間の頭部を薔薇などで装飾しながら謎の人物が言います。

「不完全なものがこれで完全になった」

場面が変わり、通学帰りの颯太に車から真嶋が声をかけます。

「草加病院に行くところだ、送ってやるよ」

たわいのない話をしながら、草加病院に向かいます。
通学のために、新しい自転車を購入してやるという提案が真嶋から出ました。

「真嶋さんに買ってもらうのは変です」
「高校の編入手続きなど、色々と親切にしてくださるのは嬉しいですけど、その…僕は真嶋さんの弟さんじゃないから」

「わかっている」
「お前を弟の身代わりにするつもりはないさ」

しばらくして草加病院に到着し、ルスランの元に向かいます。

「邪魔するぞ」

「しないで」

扉を開けた先にバラバラの白骨と睨めっこしてる
ルスランがいました。

「ただいま帰…って、ずるい!」
「僕が帰ったら、一緒にやりましょうって言ったのに先にはじめちゃったんですか、人骨パズル」

颯太から人骨パズルという言葉を聞いて真嶋は驚き、ギョッとします。

「暇だったから、思ったより楽しい」

「人骨パズルっておまえら…」
「それは先週、俺が持ち込んだ甲山で発見された白骨か?」

「そうですよ」
「学校から帰ったら、部屋のど真ん中に骨の山があって、ビックリしました!!」

「登山者が頭蓋骨を発見してな」
「俺達では人骨と獣骨の区別がつかないからな」

「その骨の山を…」

「僕が分けました」

人骨と獣骨の骨を颯太が分けたと知り、真嶋は驚き、そんなことが出来る理由を問いただします。

「獣医を目指していたので、色んな動物のことを勉強しました」
「僕が小さい頃はペットが飼えるのは、お金持ちだけだったから、稼げるとかなと思って」

「なるほど、動物相手なら金払いのいい客ばかりを掴めるというわけか」
(目の付け所が鋭いというか、恐ろしいガキだな)

驚きを隠せない中で、いつまでもここにいる颯太に茶持ってくるようにと退出を促します。




颯太が退出したあとは以前に関わった捜査の報告が行われました。

「この前のバラバラ事件だか、被害者の身元が判明し、被疑者逮捕にこぎ着けた」
「一応、礼を言っておこうと思ってな」

長々と続く報告にルスランは全く興味を示しません。

「もうちょっと興味を示せよ!」

「最初から美しい死体にしか興味ないと言っている」

その言葉を聞き、真嶋はため息を吐きました。
今回、白骨はルスランが骨の判別も出来るのか知るためだったと真嶋に言います。

「うそ」

「何故、断言する」

「顔」
「嘘をつく時、お前は顔の右側だけ歪む」

驚いて顔の右側を抑えながら、言い訳をします。

「身元や死因が特定できるなら、してやりたいと思った」

「.…お節介」

その後、ルスランが骨を検証して、身元と死因を推測していきます。

「身長170センチ前後のアジア人男性で、年齢は30〜40歳」
「おそらく事故死で、死因は脳挫傷」
「山中で転んだのかもしれない、その時に不幸にも鼻の穴に木の枝が突き刺さり、それて前頭葉が破壊され、動けなくなり、そのまま、衰弱して死に至った」

ルスランの推測を聞き、真嶋は酷い死に方だと思ったようです。
ある程度話しが終わった頃に颯太がお茶を持って現れます。
颯太は事件に興味深々ですが、真嶋はいい顔せず、窘めます。

「いいじゃない」
「誰だっていつかは死体になる」
「自分の未来の姿に、興味を示して何が悪いの?」
「ソータの人生はソータが選ぶ、これまでの道は選べなくても、ここからはソータが自分で決めて、自分で選ぶ」
「そうでしょ、ソータ」

真嶋は無責任な保護者だと怒鳴りますが、颯太はその言葉が胸に沁みたようです。

真嶋は警察署に戻り、先輩刑事に事件の顛末を語っている時に電話が鳴ります。

「殺人事件ですか?」

「おう…東灘区の山手のほうの廃屋なんやが」
「えらい奇天烈な現場らしいわ、もしかしたら…あいつが帰ってきよったんかもしれん…」

その死体が、薔薇などで装飾されたものでした。




1巻4話の感想

装飾された頭部だけの遺体についてはまだまだ話しが進んでいません。これから事件の内容が、語られると思うと楽しみです。

まだ挿入部分なので、謎がいっぱいです。

先輩刑事が言っていた「あいつ」とはどんな人物なのでしょうか。

「不完全なものがこれで完全になった」という意味深な言葉も気になります。

これは次回以降が、とても楽しみですー!

颯太の白骨パズル発言にはビックリしました。

普通言わない言葉ですよね…。

だんだん、ルスランに馴染んできている気がします。

ルスランと颯太に振り回される常識人な真嶋を少し不憫に思います。

ルスランの「ソータの人生は、ソータが選ぶ」という発言にはじーんと来るものがありました。

保護者としては問題だらけなルスランですが、好き勝手するばかりではなく、颯太のことも考えているのだなとわかる場面でした。

ルスランのお目当ての「美しい死体」が次回から登場するようなので、ルスランの反応がすごく気になります。

ルスランの母親を美しい死体に仕上げだ犯人の仕業なのでしょうか。

そのことも気になります。




★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪