「きのう何食べた?」1巻ネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪2019年4月ドラマ化決定!

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「きのう何食べた?」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1巻のネタバレ

弁護士・筧史朗(1巻当時43歳)、イケメンで長身、メタボとは無縁のストイックな雰囲気の男性です。
銀座にある小さな弁護士事務所のエースとして長年堅実な仕事をしてきた、という彼には絶対に譲れないライフスタイルがありました。

夕方は定時退社、駅前のスーパーに立ち寄って食材を吟味し、底値でゲット。
そして流れるような段取りで素晴らしい晩御飯を作って食べること。

買い物中から彼の脳内がダダもれになっており、ファミリータイプの三ツ口コンロのある台所でその素晴らしい「ふつうの晩御飯」を作る流れは、下手なレシピ本よりもずっと詳細で、美味しそうなのです。

彼がこだわりの食卓の準備を終えたころ、その部屋のもう一人の住人が帰ってきます。
二歳年下の美容師・矢吹ケンジです。

二人は恋人同士…彼らはゲイだったのです___というとちょっと衝撃的に思われますが、実に淡々と彼らの日常は過ぎていきます。

堅実すぎるほどシビアな史朗は1円単位までシビアに家計を管理し、ハーゲンダッツの新作をコンビニで買ってきたケンジを「ハーゲンダッツは駅前のスーパーで金曜になれば二割引きになるのに!」と言い、それは家計から出さない、小遣いから出せ!と叱責するのです。

弁護士は高給取りでは?というケンジの突っ込みに史朗は「子供のいないゲイには将来の備えが大事!」とばっさり言いますが、BLにありがちなドリームやファンタジー抜きで、40代の夫婦や同棲している男女よりもずっとまっとうに働き、互いに向かい合っている、そんな二人の姿が一話目からみてとれます。

しかし、かれらにとってはやはり「ゲイ」であることは人生のハードルを上げる要素になっていることは間違いなく…。

史朗は家庭内で自分がゲイとバレた時に母親が新興宗教に走って多額のお金を巻き上げられたり、今なお彼女が自分に対してベクトルの間違った働きかけを繰り返すことに辟易しているのです。

そんな史朗は弁護士としてはとても有能で、ただし6時きっかりに帰宅するためにフットワークも軽く沢山の仕事をこなしているのですが。

彼にとっては仕事仲間でもなく、家族でもなく、ゲイであるというその為人を承知のうえでフラットに関わってくれる料理仲間の女性・佳代子さんがいたり。

逆にゲイであるゆえに自分のポジションを確立している美容師のケンジの仕事ぶりが描かれていて、そんな二人の日常は波乱を含みながらも穏やかに過ぎていくのです。

そんな彼らの生活の要はやはり「ごはん」です。

佳代子さんいわく、イライラすることがあっても、料理してると無心になって、いつの間にかリセットされる、というのです。

史朗も、仕事やその日の様々なことを晩御飯を作っている間に整理して穏やかな気持ちになっているのかもしれません。

そこで作り出される食卓の豊かなこと。

決して高級な素材を揃えてお金をかけているというわけではありませんが、ちょっとの手間をかけたり、旬の食材を揃えてみたり…当たり前にできるだろうことをしているだけで、これほど美味しそうなご飯がテーブルに並ぶのだというのは、いつも羨ましいほどです。

今回のレシピ:
・たけのことがんもとこんにゃくの煮物
・栗ご飯
・いわしの梅煮
・鮭とごぼうの炊き込みご飯
 等々

以下のリンク先で「きのう何食べた?」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1巻の感想

連載開始が2007年、その当時はLGBTという言葉すら広まっておらず、“ゲイ”という言葉の持つ意味も重かったり、深かったり、イロモノとして扱われることが多い時代だったように思います。

よしながふみさんは、以前からファンタジーとしてのBLに対しても造詣が深かった作家さんでしたが、まさかこういう切り口でゲイカップルの日常を描くようになるとは、予想をはるかに超えていて、しかし、その作品の一つのテーマとしての『料理』の描写が素晴らしく、するすると引き込まれていきました。

そして今なお褪せることは無く、ずっと追いかけ続けているのです。

よしながさんは、自他ともに認める美食探究者です。

それ以前にも、そうした切り口で書かれたエッセイや、以前の作品のなかで描かれてきた美味しいものたち、さらっとレシピが載っていたものもありましたが。

作品の中の主軸の一つとして、日常の(主に)晩御飯のレシピとその流麗な作業の段取り、美味しそうな出来上がりと食べる様子の表情などは、まさに究極の“よしながふみの世界”なのです。

そしてさらに驚いたことに。

この作品、実写ドラマ化されるという情報が年明けに解禁になりました。

脚本家の安達奈緒子さんは最近だと「コードブルー緊急救命 3rd season」や「透明なゆりかご」を書いている充実したお仕事ぶりの作家さん。

主演が西島秀俊さん(シロさん)と内野聖陽さん(ケンジ)と、ビジュアルやキャラづくりも申し分ないキャスティングとなっています。

何よりもよしながふみさんがこうしたメディアミックスの展開に抵抗を持たず、信頼できるスタッフに任せて素晴らしいものができるという実績の持ち主なので、ファンとしてもとても楽しみです。

スタートは4月、テレビ東京系土曜深夜枠「ドラマ24」です。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「きのう何食べた?」2巻ネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新刊は史朗の父親のガン騒動

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪