「二月の勝者」3巻21話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は黒木先生の断定発言

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻20話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は黒木先生からの宿題

[mokuji]

21話「五月の回顧」のあらすじとネタバレ

社会科講師である木村が、幼き日の自分を回想している。

『こちら早稲田鶴巻町交番』という漫画を読みながら「お巡りさん、なんか楽しそう!!」と目を輝かせている木村少年。

母親に「将来は交番のお巡りさんになりたい」と語る。

すると、母親は「あら、そう。じゃあ、そのためにも中学受験しなきゃね」と、笑顔で応える。

つまり、木村は夢をダシに中学受験をさせられたわけである。

しかし、木村は中学受験をしてよかったと思っており、結果オーライであったと語る。

佐倉の質問に対し、算数・理科講師である橘は、小学校のときは夢なんて考えたことがなかったと答える。

野球をやっていたので、「甲子園」や「プロ野球」といったことは言っていたらしい。

この塾講師の仕事も、バイトをやっていたら、面白くなり、そのまま続けている。

子どもは面白く、毎日、やりがいを感じているので、橘も結果オーライであるとのこと。

桂の夢は「社長」であった。

思わず「社長!」と叫ぶ佐倉。

桂が中学受験をして入った女子校でも、キャリア教育が重視されていた。

その考え方は今でも変わってないらしい。

この先も社長目指すのかという問いに対して、桂は「まあね」と意味深に笑った。

そんな「夢」の話題で盛り上がるなか、「また『夢』などというくだらない話をしているんですか」と黒木が水を差す。

「…夢を持つことは大事だと思いますけど」と、むっとしながら反論する佐倉。

黒木は「それは否定しませんよ」と一旦は肯定するも、すぐに反撃に転じる。

「まさか、小学生の夢なんかを、志望校選びの理由付けにしてはいないですよね?」

「子どもは裏切ります。言うことを真に受けてはいけません」

仕事帰り、ファミレス『ガヌト』に立ち寄る桂と佐倉。

黒木とのやりとりを思い出し、佐倉はげんなりしている。

「…子どもを信用しないような人が、どうして子どもを教える仕事をしてるんですかね」

「それこそ、黒木先生は、夢を持って仕事をしているんでしょうか……?」

そんな佐倉の疑問に対して、桂は黒木の肩を持つ。

「まあ、私は黒木先生の言いたいこともわからんでもないけど」

どの辺りが分かるところなのか、教えてほしいと詰め寄る佐倉。

その瞬間、隣の席の男性がバサバサと書類を落とす。

「大丈夫ですか」佐倉は慌てて立ち上がり、書類を拾うのを手伝う。

「ありがとうございます」佐倉が顔を覗き込むと、男性は眼鏡をかけた爽やかなイケメンであった。

そして、そのイケメンが落とした書類は、今年2月の入試問題であった。

小声で佐倉を呼び戻す桂。

「今の人、フェニックスの講師だよ!」

イケメン講師は一心不乱に問題に取り組んでいた。

彼はここでよく過去問を解いているらしい。

仕事の帰りにも過去問の研究をするその熱心な姿に佐倉は感心する。

次の日、佐倉は休暇を取った。

山梨にいる祖母の調子があまりよくないので、見舞いに行くためである。

甲府駅でいとこの修治と待ち合わせる。

道すがら、仕事の話をする二人。

「塾に勤めているんだよね」

「学校の先生にはならないって大見栄切ったのに、結局、教える仕事だしさ」

「受験塾ってこっちじゃ『何ソレ』ってカンジでしょ?」

しかし、窓の外を見ると、甲府の街中も塾が立ち並んでいた。

「こっちも塾だらけじゃんね」

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

皆さんは幼き日、どのような夢を抱いていたでしょうか?

そして、今、その夢の通りの仕事をしているでしょうか?

自身の小学生の頃を振り返ってみると、全く一貫性のない職業を口にしていました。

『ドリトル先生航海記』を読んで「獣医」になると言ってみたり、担任の先生に憧れて「教師」になると言ってみたり、お菓子をたらふく食べたくて「パティシエ」と言ってみたり……。

そのときの思いつきで、夢はころころと変わりました。

そして現在、これらの職業とは全く関係のない仕事をしています。

黒木先生の「子どもの言うことを真に受けてはいけない」という言葉の意味を痛感しますね。

とはいえ、遊びたい盛りの子どもたちが、勉強漬けの日々を送るのですから、それなりのモチベーションは必要になります。

その動機づけの一つとして「夢」や「好きなこと」に考慮するというのは、悪くない戦略だと思いますが、どうでしょうか?

それにしても、黒木先生の「子どもは裏切ります」と断定した発言が気になります。

黒木先生は、恐らくこれまでに「子どもに裏切られた」苦い経験があるのでしょう。

と同時に、裏切られながらも、塾講師を続けることで、何らかの活路を求めているような気がします……。

黒木先生の過去、そして夢が語られる日を楽しみに待ちたいと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻22話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は佐倉の幼い頃の夢

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪