「二月の勝者」3巻19話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は偏差値30台の生徒達

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻18話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は偏差値を50に上げる方法

19話「四月の成果」のあらすじとネタバレ

「偏差値30台の4人は後半半分の問題はやらない」という黒木の提案に対して、佐倉は反論する。

「それって…バカにしてるんですか?」

「できる問題を選んでやることと何がちがうんですか?」

しかし、黒木は佐倉のこの問いを聞き流す。

「とにかくこの方法でやらせます」

「ただでさえ2割強しか取れない点数。はなから半分盛大にドブに捨てさせてやってください」と断言する。

渋る佐倉だが、黒木は「何か他に案があるんですか?」と詰め寄る。

さらに、黒木は4人に模試のやり方を直接指導すると言い出す。

佐倉は怒りを抑えながら、黒木に「今みたいな言い方をあの子達にして、子どもたちを傷つけたりしないでもらえますか?」と訴える。

黒木は意味ありげに含み笑いをし、その場を去る。

後に残された佐倉は深呼吸をし、精神統一を図る。

二日後、Rクラスの授業が始まる。

例の偏差値30台の4人は、授業前に黒木と話すが、特に変わった様子は見られない。

授業では、再び模試の過去問に取り組む。

佐倉は、4人は一昨日やった時よりも落ち着いていることに気づく。

テストが終了すると、すぐに採点を行う。

「ああ…そうか!そういうことか…!!」何かを悟る佐倉。

結果は4人中3人が10点以上アップし、偏差値が5ポイントも上がっていた。

スタッフルームへ戻ってきた黒木は、結果を聞き、その理由を佐倉に尋ねる。

帝都模試は後半の問題のほうが難しいが、配点は前半・後半どちらも一問5点。

ということは、基本の計算問題を確実に取ったほうが得点アップにつながる。

後半の難問を捨てることで、一問あたりにかけられる時間が増え、結果として点数が上がったのではないかと、佐倉は分析する。

その佐倉の答えに、黒木はさらに突っ込みを入れる。

「それなら『できる問題を選んでやる』方式だっていいわけですよね?」返答に困る佐倉。

「『できない子の見方』みたいな顔して、本当はわかってないのでは?佐倉先生」黒木は淡々と言葉を続ける。

「『焦り』ですよ」帝都模試は30問もあり、ここからできる問題を仕分けることは、それだけで偏差値の低い生徒にとって、焦りのもとになる。

焦るからケアレスミスが起きる。だから最初から「半分しかやらなくていい」ということにして、その焦りを取り除き、結果として、点数が上がったのである。

とはいえ、この方法は本番の入試ではもちろん使えない。

同じような配点の仕方ではないかもしれないし、最初が一番簡単で、最後が一番難しいとも限らないからである。

しかし、あえてここで「こんなやり方」を黒木はさせた。

それは生徒たちが、基本をおろそかにしないことの重大さが体感できるからである。

難問が解けなくても、自分の力で解ける問題をしっかり解けば、確実に点数が上がる。

「自分の実力で点数と偏差値を上げることができた」という体験はどんな喜びにも代えがたい。

「どんなご褒美よりもこれにかなう喜びと原動力はないんですよ」その黒木の言葉に佐倉の口元がほころぶ。

黒木は佐倉に次の宿題を出す。

一人だけ点数が下がった石田王羅。

彼はなぜ点数が下がったのか、その原因を探し、成績アップのために何をすればいいのかを考えるよう、指示を出す。

「宿題が多いですね。よろしくお願いします」

季節は5月になり、4月の帝都模試が終わる。

スタッフルームにいる佐倉をRクラスの生徒の一人である紫が訪ねてくる。

学校の宿題で質問があるらしい。

紫は「将来の夢」というテーマで作文を課されていた。

小1の頃は「花屋さん」と書いたら、母親は喜んだ。

しかし、小4の二分の一成人式でも「花屋さん」と言ったら、今度は「それじゃ、困るわねえ」と言われたらしい。

「どうして『花屋さん』だと困るのか教えてよ」

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

3巻19話の感想

黒木先生の方式で、偏差値30台の生徒たち、4人中3人が10点以上も成績がアップすることに成功しましたね。

「基本問題を大切にする」ということは、口で言うことは簡単でも、実際にそれを子どもに理解させることは、とても難しいことです。

特に「できない子達」には……。

「過去問を授業一時間丸々使って解かせる」「問題の半分を捨てる」という方法そのものについては、賛否両論あるかと思いますが、「基本問題をおろそかにしないことで、点数と偏差値が上がったという成功経験をさせる」という目のつけどころは、さすが黒木先生だなあと思います。

さて、話は「模試」から「将来の夢」へと変わっていきます。

紫のこの質問、皆さんはどのように答えますか?

「花屋さん」という仕事について、少し調べてみました。

華やかで軽作業のイメージがありましたが、実際は水の入ったバケツや重い鉢を運ばなければならないので、かなりの重労働のようです。

また、接客業ですので、ストレスもかかりそうです。

低学年では「憧れ」で許されていたことが、高学年になると「現実」が問われ始めるからでしょうか。

とはいえ、小学生なら高学年でも「憧れ」を語っていいような気がしますが、中学受験をする子は早熟な子が多いので、ただ「花屋さん」というだけでは、幼く感じられるかもしれませんね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」3巻20話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は黒木先生からの宿題

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪