「アサギロ」1巻の登場人物とあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪沖田総司が主人公

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[mokuji]

登場人物

沖田聡次郎/後の沖田総司

奥州白河藩足軽の長男として生まれたが、幼い頃に両親を亡くし、姉の夫の林太郎が婿養子として継いだ沖田家の世話になっている。9歳から江戸牛込の剣術道場、天然理心流の近藤周助に師事し、12歳になるころには大人より強いと評判が立つ。天真爛漫な性格で、深く物事を考えるのが苦手。

島崎勝太/後の近藤勇

多摩地方の百姓に人気のある剣術天然理心流の師範代。元は多摩の百姓の息子だったが、その剣の才能を認められて近藤周助の養子となる。泰然自若としていてあまり感情を表に表さないが、剣技に見せる気迫は凄まじく、沖田に「私の10倍強い」と言わしめる。

村上某

奥州白河藩の剣術指南番で神道無念流免許皆伝。足軽の身分からコツコツと努力を続けて、白河藩の剣術指南役に上りつめた努力の人。不幸にも沖田との御前試合に駆り出され、切腹をさせれれる。が、このことが後の沖田の成長に重要なカギとなっていく。

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間もマンガを無料で読めるのはこちら(^^♪

1巻のあらすじとネタバレ

幕末の江戸。

奥州白河藩の江戸屋敷では、剣術の御前試合が行われていた。

戦うは白河藩剣術指南番村上、対するはまだ12歳の沖田聡次郎。

村上は試合前に「子供相手」と自分の勝利を確信していたが、現実の沖田の太刀筋は殺気に満ちた大人顔負けのもの。

真剣勝負で挑んだが、沖田の突きをくらい敗れてしまう。

白河藩の殿様はその沖田の腕に感心し「天然理心流試衛館道場のような三流道場ではなく、北辰一刀流に入門せよ」と命じる。

が、沖田は無邪気に「試衛館は三流にあらず。

わが道場の若先生は私の10倍強い」と、殿様の命令を突っぱねる。

息をのむ一同だったが、子供の言うこととお咎めもなく場は収まった。

一方、負けた責任を取って切腹を命ぜられた村上。

彼は沖田を訪ね、自分の刀と引き換えに切腹の介錯をしてほしいと頼む。

その大役の重さを理解しているのかいないのか。

沖田は初めて自分の剣が持てることだけに関心をみせ、喜んで「やります」と即答した。

翌日。沖田は、白河藩江戸屋敷の庭に設けられた切腹の場に入っても「のどかだな」と、無邪気に思っていた。

対照的なのは村上。

江戸に物見遊山に来るように御前試合に出てきた自分を恥じ、立派に切腹するつもりでいた。

いよいよ村上が座に着いて裃を脱ぎ、沖田は刀を振り上げる。

が、沖田には刀を振り下ろすべき時と所が分からない。

ふと首の骨と骨の間が目に入り、そこと直感した途端、勝手に手が動いてしまった。

村上が腹に小刀を突き刺す瞬間、音もなく村上の頭がとんだ。

見事すぎる介錯だが、何かがおかしい。

村上の腹を調べてみれば、切り傷どころか小刀を突き刺した後もなかった。

「これでは打ち首と一緒だ!」と、沖田は罪人として牢屋に入れられてしまう。

沖田の事件を何も知らない白河藩の殿様は、後日「沖田の10倍強いという若先生を見てみたい」と言い出した。

家臣磯村彦兵衛が名代として試衛館を尋ねると、猫を懐で可愛がりながらも殺気をみなぎらせる「島崎勝太」と名乗る男と出会い、江戸屋敷に連れ帰る。

自分の強さを否定しつつも家臣達を木刀で下す島崎に、殿様は再び「北辰一刀流に鞍替えする気はないか?」と言い出した。

それに島崎は「私の剣は強いと認めたのに、天然理心流は認めないのか」と拒否。

怒った殿様は島崎に「天然何とか流がそんなにすごいのなら、木刀を振り続けてみよ」と命じ、島崎はそれに従う。

殿様は島崎が音を上げた途端首を斬るつもりだった。

誰もいない庭で木刀を振り続ける島崎に、磯村が「沖田を救いに来たのか?」と尋ねると、島崎は「聡次郎が生きていても自分にできることは何もない。自分はこうして素振りを続けるのみ」というだけ。

訳の分からない試衛館の子弟たちだったが、磯村はこの二人を助けたいと思う。

一方牢屋の中では、死んだように動かなかった沖田が、庭から聞こえる島崎の掛け声に反応してふらふら立ち上がった。

そして意識もないまま、一緒に一晩中素振りを続けるのだった。

翌朝。島崎が素振りを続けていると知った殿様は「天然何とか流は頭のおかしい剣法じゃ。以降屋敷にも白河の地に立ち寄ることも許さん」と命じる。

その言葉尻をとって磯村は「天然理心流門弟の沖田はいかがいたしますか?」と尋ね、沖田も国払いとなった。

かろうじて生きのびた沖田。

村上の愛刀を受け取り白河藩の門を出ると、そこには島崎がいた。

島崎は「国払いで行くところがないのなら、試衛館に来い」と勧める。

それに沖田は「私の剣は無力だった。ただ死ぬのを待つだけだった」と涙を流す。

島崎は「人を斬るだけがで剣はない。時に剣は人を助ける。お前を救ったのもお前の剣だ」と声をかけた。

実際、沖田の剣の強さが島崎や磯村の心を動かして「助けたい」と思わせ、島崎の剣が死にかけていた沖田を起こした。

しかしまだ幼い沖田には、島崎の言葉の意味が分からなかった。

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間もマンガを無料で読めるのはこちら(^^♪

1巻の感想

泣く子も黙るといわれた幕末の剣豪集団新選組。

その中でも一、二を争う剣の天才といわれた沖田総司を主人公とした物語、それがこの「アサギロ」です。

彼を主人公にした本、マンガは数々あります。

そのほとんどが沖田総司をどこか無邪気な性格に描いていますが、この物語の沖田総司も天真爛漫です。

それどころか師匠の近藤周助が作品中で言い切ってしまっているように「馬鹿?」と思えるような行動と言動で、義兄や姉にどつかれるどこか憎めない沖田総司になっています。

しかしいったん剣をとれば、天才の本能の赴くままに圧倒的な強さを見せます。

剣をとると大人も息をのむ強さ、そして普通の生活ではのほほんとしているギャップが、微笑ましいです。

また他の不思議な登場人物の一人は、新選組を語る上で欠くことのできない近藤勇。

この巻では、まだ「島崎勝太」、試衛館の若先生としての登場です。

こちらは総司と異なり、あまり言葉を発しない、しかしなんだか得体のしれない殺気?オーラ?の漂う男として描かれています。

この対照的な2人が、白河藩の庭で一晩中天然理心流的素振りをすることで、天然理心流の底しれないエネルギーが発散されます。

総司のような剣の才能を開花させる、また近藤勇のように物事に動じない人物を作るのが天然理心流なのか?

物語は「天然理心流」という「三流剣法」が、沢山の魅力ある人物を惹きつけながら進んでゆきます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「アサギロ」2巻のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新刊は北辰一刀流免許皆伝の山南敬助

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪