「revisions リヴィジョンズ」1巻3話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪シリウス3月号

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「revisions リヴィジョンズ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓
http://www.yellow-journal.jp/?p=

1巻3話「願望」のあらすじとネタバレ

リヴィジョンズ
トーキョーコロニー

ようこそと、アンセスター(祖先)諸君と言って状況を説明すると言います。
結果的に潜入できたと言うガイ。
隙を見て逃げ出そうと言うルウ。

ニコラスが話し出します。

300年以上前、感染爆発(パンデミック)が起こった後に、世界は壊滅。
一部の人類は機械と融合することで生き延びるのでした。

「それが我々、リヴィジョンズだ」
と言い、姿形は多少違うが同じ人間で、ここに保護したのは我々直系の血統的価値のある祖先だから、無事に元の時代に戻ってもらわないといけないと言います。

リストにない招かざる客がいると、保護の必要がない人間には、
「我々リヴィジョンズの生体パーツとして」
「材料になってもらう」
と言われ、ガイは小声でルウにあそこから廊下に出れると合図するのでした。

振り返って、さっそく加工工場にと言うと、「いない!?」と大げさに驚くのでした。

「なーんて」と笑うと、私の役に立ってもらうと言うのでした。

渋谷区警察署。
留置所に入れられた大介。

皆を護れるのは自分と言う大介に、黒岩は自惚れるなと言います。
大介の暴走のせいでガイやルウ、多くの市民が連れ去られたと言って、仲間を護る資格はないと言われてしまいます。

黒岩に頭を冷やせと言われ、心配そうに見つめるマリマリに、ガイもルウも無事と言って、
「皆は俺が守る。信じろ」
と言う大介。頷くマリマリ。
二人の様子を複雑そうに見つめる慶作。

数日後、今日も手分けして敵の拠点を探そうと言います。
何かあったら連絡するように言って、別れます。

リヴィジョンズに乗って敵の拠点を探します。
目の前に広がる街の様子に現実感がないと言うマリマリ。

本当に2388年に来て、ちょっと前まで普通に生活してたのに戦ってると言う慶作。
人類のためとはいえ、まだ受け入れきれないと言うマリマリに、自分が守ると言おうとする慶作。しかし、マリマリは、大介がついてるから大丈夫というのでした。

マリマリはいつも諦めない大介を見ていたから、こんなことになってもどこか安心していたと言います。
慶作はマリマリの言葉に何も言えなくなってしまいます。

マリマリはいつも自分ではなく大介を見ていたと思う慶作。

その時、マリマリは前方に人影を見つけ、ガイとルウだということに気付きます。
ミロに二人が見つかったと連絡して、二人を保護するように言うミロ。

二人を運びながら、マリマリは大介の言った通りだと。
大介が二人ともきっと無事だと言っていたから、本当に良かったと言って笑うマリマリに、慶介は大介には敵わないと言います。

パペット基地。

ミロたちが打ち合わせをしていると、大介が戻ってきます。
マリマリと慶介が喜びます。

黒岩は一応反省文は受け取ったからと言いつつ、大介の微妙な文章に内心悩むのでした。

大介はミロにガイとルウのことを聞くと、今はメディカルチェック中と言います、

ミロはガイたちが簡単に脱出できたことを考えると、敵の警備が手薄なのかと言われます。

ミロはこの時代では奴らが一番力を持ってるから、獅子は巣に出入りする蟻などは気にしないと言い、敵の拠点と侵入経路が分かったと言います。

これで捕まった人を解放できるというマリマリに、渋谷の帰還にも大きく近づいたと言い、皆は喜びつつ、どういうことかと聞きます。

ミロは、敵拠点へ侵入する前に、時空転送の原理の説明を始めます。

自分たちアーヴは時間の流れを1本の線で捉えている。
複雑にかがりくねっていくつもの交差がある線と言って、
これをカオス軌道と呼ぶと。

交差した点が時空のゆらぎ。
転送ポイントと言います。

時空のゆらぎは不確定ながら2つの時間が、コインの裏表のように同時に存在すると。

ミロはコインをテーブルに投げて、コインが回ると表と裏どちらが見えると聞き、マリマリが両方と言うと、
この状況が今の渋谷と言って、2017年であり、2388年でもあると言います。

リヴィジョンズは時空に干渉して、強制的に渋谷転送を実現したと言って、ここまでは分かるかと確認するミロ。

しかし、皆は分からないと言います。

時空に干渉できる量子脳を生まれつき持つエージェントをバランサーと呼んで、自分もその一人と言うミロ。

この特殊な脳のおかげで時間跳躍が可能になると言い、リヴィジョンズは過去に何人ものバランサーを捕らえて、人工量子脳を作り出したと言います。

だから、奴らも時空へ干渉が可能になったと。
渋谷を転送させるだけの能力だから大型の装置で、人工量子脳を停止させれば、この状況が終わると言うミロ。

さっそく壊しに行こうと言う大介に慶介は人質が先と言います。

ミロは、敵拠点に侵入するから失敗は許されないと言って覚悟を決めるように言うのでした。
覚悟は出来てると言う三人に、期待しているというミロ。

奴らの狙いを聞く黒岩。

リヴィジョンズ
トーキョーコロニー

指令室。

もうすぐ誕生と言います。
チハル・イスルギとムキュー・イスルギは見守ります。

機械化されていないから長くは生きられないが、2017年を観測して転送を確定させれば間に合うと言います。

ニコラスはアンセスターは確保済みだから、渋谷は貴重な細胞資源の狩り場と言います。

チハルは下層階級のニコラスに資源回収で一人残さず狩り尽くせと命令します。

人類救済という栄誉のための犠牲になると、量子脳を有し、時間跳躍が可能な救世主誕生のためだと言います。

チハルはこの新しいボディで2017年に飛ぶと聞かれ、頷くと、
過去を修正して、感染爆発を食い止めて人類を滅亡から救うと言って、自分たち姉妹が同胞たちの光になると宣言します。

そこに敵襲の知らせが入り、アーヴの新兵器に調子になってると言うのでした。

大介の顔を確認したニコラスがここまで来るとはと言うとムキューに踏まれ、排除するように命じるのでした。

ニコラスは転がりながら、作戦通りだと思います
ガイたちが脱出して、仲間を連れてきてくれたと言い、
「どう、からかってやろうかな」
と悪い笑みを浮かべるのでした。

病室から謝るガイたち。
慶作は休んでろと言って、ガイらの頑張りは無駄にしないと言います。

ルウが大介に暴走するなと言っても、うるさいと言うだけでした。

「行こう!!」
と言って、大介はミロに自分の使命をーー「運命」をと強気に考えていました。

以下のリンク先で「revisions リヴィジョンズ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1巻3話の感想

ニコラスは見た目以上に怪しいですね。
大介は危なっかしいですね。
なにかとり返しのつかないことをやらかさなけでばいいのですが。

マリマリは大介、慶介はマリマリに。
色々と複雑なところがありますね。
でも、大介はそんなことには気付いていなさそうですね。

それぞれにそれぞれの目的があって、色々と複雑な部分が出てきていますね。
真実がどこにあるのか、気になりますね。
次回も気になります。

今回は一挙2話掲載なので、第4話も続いて掲載になります。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「revisions リヴィジョンズ」1巻4話のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪シリウス3月号

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪