「二月の勝者」2巻12話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は黒木先生が花恋を救う

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」2巻11話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は負けず嫌いの花恋

2巻12話「三月の邂逅」のあらすじとネタバレ

繁華街にふらふらと足を踏み入れた花恋。

そんな花恋に声をかけたのは、普段着姿の黒木であった。

「こんな時間にこんなところにいちゃ。悪い大人に何されるか分からないよ」

「黒木先生!?」

黒木はフェニックスのよさを話しながら、花恋に甘酒をおごる。

花恋は「わたしもコーヒーのほうがよかった」とすねる。

黒木は甘酒の効能を説明しとりあえず飲むように勧める。

そして、花恋の顔色がすごく悪い点を指摘する。

花恋は「別に。何ともないもん」と強がるが、黒木は「今から飛ばしていると、2月までもたないぜ」と声をかける。

そんな黒木の言葉に対して、怒り出す花恋。

「わたしが自分でやりたいって言っているのに、邪魔しないで」

「みんなと同じこと、言わないで!」

すると、黒木は「ああ、ほんとに。そうだよね」と花恋の気持ちを受け止めつつ、こんな話を始める。

なんで「勉強ができる」って特技は、「リレーの選手になれた」とか「合唱コンクールでピアノ弾いた」とかと同じ感じで褒めてもらえないんだろうね?

「クラスで一番足が早い」子を「みんな」が褒めるテンションで、「クラスで一番頭のいい」子も褒めてくれればいいのに。

「私を見て」「私を褒めて」って思うよね。

自分の心を見透かしたような黒木の言葉に驚く花恋。

そして、学校での苦い思い出が蘇る。

「また塾で先に習った方法ね」「何あの、頭いいアピール」「こないだもテストで満点って自慢していた」「そんな話、どうでもいいよ」…別にアピールしているわけじゃない。

満点とったんだからいいじゃない…どうでもよくないよ、私の言い分も聞いてよ。

思わず、花恋の目から涙が溢れる。

黒木はティッシュを箱ごと手渡す。

「先生、ティッシュ、箱ごと持ち歩いてんの?」

真顔で「花粉症だから」と答える黒木に花恋は思わず吹き出す。

「だからって、箱ごとって、ダッサ!!」

「親切にしてくれるやつに『ダサい』って、それでこそ女王様だな」

「は?なにそれ。『女王』!?」

花恋は真っ赤になりながら否定するが、黒木は真剣な眼差しで言葉を続ける。

花恋は女王様でしょ。少なくても俺にとっては。

そして桜花にとっても。

花恋はトップが似合っている。

『その他大勢』になんてなってほしくない。

もし今『その他大勢』になっているとしたら、そこは花恋にあっていない。

花恋は女王になれるところでしか輝けない。

最後に、黒木はこう締めくくった。

「Ωの二番目の席、まだ空けてあるよ。待ってる」

一週間後、桜花ゼミナールには元気な花恋の姿があった。

勉強ができることが当たり前に褒められる世界。

「できる」ことを本音で話しても、平気な場所。

居心地サイコー。

塾(ここ)が大好き。

Ωクラスの気の合う友人に囲まれて、花恋は笑顔で微笑んでいた。

出勤前、井の頭公園で池を眺めながら、コーヒーを飲む黒木。

そこへイケメンのフェニックス講師、灰谷が現れる。

どうやらかつての黒木の同僚らしい。

しかし、灰谷の言葉一つ一つには棘がある。

「まんまと生徒取り返されちゃって。今回はどんな手を使ったんですか?」

「生徒に値札つけて損得勘定している感じですか?」

「一体、いくら積まれたら、生徒たちを放って、移籍なんかできるんですか?」

かつてのフェニックスNo1講師である黒木。

現在のフェニックスNo1講師である灰谷。

二人の過去にどんな因縁が隠されているのだろうか……。

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2巻12話の感想

花恋は負けん気の強さの背景には、学校での辛い経験があったのですね。

黒木先生はその心を見抜いた上で的確な声かけを行い、居場所を用意することで彼女を救いました。

「優秀な生徒をフェニックスから取り返すため」という利己的な考え方では、花恋の心を見透かすような言葉の数々はなかなか出てこないと思います。

黒木先生は生徒を「金脈扱い」するような暴言が目立ちますが、それはあくまでも仮面であってその裏側には子どもに対する愛情や優しさが潜んでいるような気がします。

では、なぜ黒木先生はこのような仮面をあえて被るのでしょう。

黒木先生の性格といってしまえばそれまでですが、「塾講師」という職業の特性がそうさせているのではないかと思います。

塾は「営利企業」であるため、生徒が来てお金を落としてくれなければ成立しない場所です。

当然ながら「集客」や「販売」といった要素が必要になり、管理職である黒木先生は部下である講師達にそのマインドを示さなければなりません。

「慈善事業ではない」「結果を出すプロに徹しなければならない」という仕事に対する厳しい姿勢が、仮面となって現れているのではないでしょうか。

一体どのような過去を経て、今の黒木先生は誕生したのでしょう。

その鍵を握るのがかつての同僚である、フェニックスの灰谷先生のようですね。

二人の因縁が語られる日をドキドキしながら待ちましょう。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」2巻13話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話はのしかかる高額講習代金

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪