「二月の勝者」2巻8話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は2020年大学受験改革

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」1巻7話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は退塾阻止

[mokuji]

2巻8話「三月の転機」のあらすじとネタバレ

高級タワーマンション。

リビングでは、前田花恋の母親が新聞を読んでいる。

「おはよう。ママ」あくびをしながら、花恋が起きてくる。

昨晩も遅くまで勉強をしていたらしい。

母親は桜花ゼミナールのチラシを見つける。

「名門校に何人も受かっているじゃない。実績申し分ないわね」

それに対して、花恋が指摘する。

「こことこことここ…今のぜーんぶ、一人の実績だよ」

「ついでに言うと、この辺の合格者はテスト受けにきただけの外部生だし」

「えっ、そうなの」驚く母親。

花恋は「ママ~情弱」と容赦ない。

「すごい子がいるものなのね~」と感心する母親に、花恋はこう宣言する。

「まあ、来年はわたしがそれをやるんだけどね」

桜花ゼミナールでは、6年生の保護者会が開かれた。

桜花ゼミナールの校長である黒木は保護者の前で「大学受験改革」についての話を始める。

なぜ、今、大学受験の話を始めるのか。

「今、中学受験をしなくても大学受験で頑張ればいい」と思い、塾を続けるかどうか迷っている保護者に対して、黒木は釘を刺す。

「2020年、大学受験が大きく変わります」

そして、これまでのセンター試験にはなかった記述式テストが国語・数学に導入されること、英語はこれまでの「読む」「書く」に加えて、「聞く」「話す」の4技能評価になることを挙げる。

現在、小学校6年生の子どもたちは、この「新テスト」導入後の世代となる。

ここで、黒木は記述式のモデル問題を公開する。

それは、従来のマークシートテストより「思考力」や「記述力」が問われる内容であった。

保護者たちは必死に問題を解こうとするも、センター試験とは大幅に違う内容に戸惑う。

「果たして、高校3年間でこんなテストの対策がしきれるのか」そんな疑問が頭をよぎる。

その答えとして、黒木は、現在、公立高校に通う2年生のコメントを紹介する。

「今の学校の授業だけでは、この問題は解けない」ざわめく保護者たち。

さらに黒木はその不安を煽る。

「文科省の指示により、難関私立大学の合格者数大幅削減!早稲田・明治・青学に至っては、各校なんと2000人超の削減!」

最後に黒木はこう締めくくる。

「怒涛のごとく押し寄せるこの改革の波に、みなさんのお子さんは立ち向かえそうですか?」

「私立中学は6年一貫教育で、この変革の準備をします」

「さあ、みなさん、お子さんの頑張り時は『今』です!」青ざめる保護者たち。

黒木の話を聞き、佐倉は今の子どもたちを取り巻く環境のシビアさを実感する。

「親御さんや子ども達の身になって考えると、かなり不安な気持ちになりますね…」

その感想を聞き、桂がこうフォローする。

「でもあれくらいは言っておかないと、年度始めのこの時期って毎年、退塾する子が多いから」

「それと『転塾』に注意かな」

難関校を狙う子ばかりが集まる進学塾『フェニックス』。

あの前田花恋が母親とともに面談を受けていた。

どうやら入塾を検討しているらしい。

「花恋さんなら、入塾したら『S(サミット)クラス』に入れます」

Sクラスはフェニックスのトップクラスである。

「我々は大歓迎です。一緒に頑張りましょう」

フェニックスのトップ講師の言葉に、花恋は大喜びである。

そして、Sクラスの授業を参観するために、講師とともに教室へ向かう。

そのとき、花恋はあることに気づく。

Sクラスは最上位のクラスであるにも関わらず、一階入り口のすぐの教室であった。

不思議に思う花恋と母親。

講師は笑顔でその疑問に答える。

「当塾は災害時の避難経路までも、成績の良い順に優遇してございます」

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2巻8話の感想

今回の話では、2020年の『大学受験改革』が大きく取り上げられましたね。

国語・数学では記述式問題が導入され、英語では4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価されるそうです。

正直、自分のときでなくてよかったとほっとする一方で、自分の子どもはこの変化に対応できるのだろうか、心配になりました。

モデルとして呈示された記述式問題はとても難しそうですね。

さて、「思考力」や「記述力」を伸ばすような指導ができる教員が、一体どれくらいいるのでしょうか?

例えば、英語で「話す」「書く」の技能を伸ばすのであれば、誤りを指摘する減点方式ではなく、よい表現を認め、より促すような加点方式の指導をしないと、「表現する」ことそのものが苦痛になります。

受験の内容を変える前に、教員の意識や指導法をもっと変えていかないと、「授業」と「試験」のギャップに苦しむのは子どもたちです。

今回の「改革」が単なる「混乱」にならないことを、切に祈りたいものです。

それにしても、情報を押さえた上で、不安を上手に煽り、中学受験へと誘導していく黒木先生は商売上手ですね。

これで「中学受験そのものを辞める」生徒を減らすことはできそうです。

では、花恋のように「転塾」を考える生徒に対しては、どのように対応していくのでしょうか…。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」2巻9話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は黒木先生の親の心を見抜く力

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪