「二月の勝者」1巻4話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は親と子のギャップ

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」1巻3話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は黒木先生の保護者面談

[mokuji]

1巻4話のあらすじとネタバレ

「二月の事情」

塾の新学期は2月からである。

6年生の受験は2月頭に終わるため、学校よりも2ヵ月早くカリキュラムが始まる。

小学5年生の2月はもう入試まで1年を切っている状態なのである。

進学塾フェニックスでは、6年生向けの保護者説明会が行われていた。

講師より1年間のガイドラインが説明される。

真剣な眼差しの保護者達。

「12歳の春を笑顔で迎えるために、塾・保護者一丸となって受験生を支えましょう!」という講師の呼びかけに、力強く頷く。

ある家のリビングでは、黒木がおせんべいを食べながら、書類を見ている。

書類は塾の生徒の成績のようだ。

新年度に向け、黒木も作戦を練っていた。

その家の住人である老女が黒木に声をかける。

「あら、もう行くの?今日は早いわね」

「ウン、今日は新学期のこといろいろ決める日なんだ」

塾では見せることのない穏やかな表情の黒木。

老女は「今日はうちの孫がごめんなさいね」と謝罪の言葉を述べる。

黒木は「帰りにまたよるね。その時までにできていたらいいな」と応え、閉ざされた扉の先を見つめた。

桜花ゼミナール吉祥寺校では、6年生のクラス分けが発表されていた。

クラス表の前に群がる生徒たち。

ここではクラスだけでなく、席順も成績で決まる。

給湯室では橘が木村に話しかける。

橘はクラス替えの基準に不服があるらしい。

桜花ゼミナールでは、これまでは本人のやる気等も考慮して決めていた。

しかし、今回は模試で1点でも足りないとクラス落ちにするという、シビアなやり方であった。

黒木がフェニックス方式を持ちこみすぎている点が、橘は気に入らない。

そして橘は疑問を抱く。

「なぜトップの進学塾にいた講師が、わざわざ桜花ゼミナールのような中堅塾にやってきたのか?」

職員室では、黒木と佐倉が話している。

佐倉は、新学期から新6年生のRクラスの算数を担当するように命じられた。

いきなり受験学年を持たせてもらえることに、佐倉は喜びを感じる。

と同時に、その責任の重さを感じていた。

中学受験をするような子達は、きっとすごくモチベーションが高くて、精鋭のような生徒達に違いない。

佐倉は気合いを入れ直した。

ところが佐倉のイメージと違い、生徒たちはゆるい雰囲気であった。

佐倉が板書のために後ろを向くと、すぐに他の事を始めてしまう。

佐倉が前を向くと、さっとゲームや漫画を隠す。

まるで「だるまさんが転んだ」状態である。

あまりの緊張感のなさから、佐倉は小テストを実施する。

その際、一人、気になる子がいた。

一番後ろの席の加藤匠である。

窓の外を見て、ボーッとしている。

授業についていけておらず、テストも0点であった。

授業後、桂の指導のもと佐倉は背中を見せないで板書をする練習をする。

黒木は佐倉に声をかける。

「そんなに気合い入れなくていいですよ。Rクラスは『お客さん』ですから」

「お客さん?」その意味が分からず、聞き返す佐倉。

すると、黒木は先日の模試の答案のファイルを取り出し、目を通しておくよう指示を出す。

「なぜ彼らが、この塾にとって『お客さん』扱いなのか」

そこへ匠の母親がお弁当を届けにやってくる。

「ウチの子、ちゃんとやってます?ボーッとよそ見してるんじゃないかって…」と心配する母親に佐倉は0点の小テストを手渡す。

青ざめる母親だが、匠のことはよく理解していた。

匠は勉強も競争も得意ではなく、好きなことしか興味がない。

中学受験には向いていない。

そして、母親は迷っていた。

家族と夕飯も食べられない生活をさせてまで、受験勉強をさせるのもどうなのだろう…と。

佐倉が受験をさせようと思ったきっかけを尋ねると、母親はこんな話を始める。

匠には兄がいる。

その子が2月1日に、いつも通り登校するとクラスには誰もいなかった。

その時、クラスの1/3が受験で休むという現実を突き付けられたのであった。

以下のリンク先で「二月の勝者」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間もマンガを無料で読めるのはこちら(^^♪

1巻4話の感想

塾に通う子にはいろんな子がいますね。

皆が皆、モチベーションが高く精鋭ではありません。

そして「受験」に至る背景もそれぞれですね。

今回登場した匠のように、明らかに受験に向いていないと思われる子であっても、周囲が受験モードになれば親はやはり心配になります。

特に、同調性を重視する日本の場合「皆がやっている」という言葉は、魔法のような意味を持ちます。

受験をしないことで、この子の可能性を狭めてしまうのではないかという、不安な気持ちに駆り立てられますね。

だけど、当の本人は塾に通う意味が理解できてない状態です。

「子どもには『昨日、今日、明日』しかない」なんて格言もあるそうです。

目の前の好きなことしか頭にない子も多いことでしょう。

そんな子が週に3~5日、塾に通い宿題に追われることになれば、当然苦痛でしかありません。

さて、このような親と子のギャップをどのようにして埋めたらよいのでしょうか。

塾講師は親と子の橋渡し的な役目を果たすことができるのでしょうか。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「二月の勝者」1巻5話あらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新話は中学受験の必要性

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪