「アサギロ」最新刊3巻のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪「鬼の副長」土方歳三登場!

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「アサギロ」2巻のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪最新刊は北辰一刀流免許皆伝の山南敬助

2巻のあらすじ

沖田が白河藩から追い出されて3年が過ぎた。。

が、相変わらず貧乏道場である試衛館に居候し、さえない日々を送っている沖田。

そして何やら様々な本を読み散らかし、剣への情熱が消えたかのような島崎。

暇を持て余した沖田は、北辰一刀流玄武館に他流試合を申し込みに行くがあっさり断られてしまう。

しかしそこで会った一人の男に目を付けられる。

山南敬助と名乗るこの男は、自分の方から試衛館に道場破りに訪れ、試衛館を乗っ取ることに成功する。

山南の本当の目的は「竹刀剣術が実践でどこまで通用するか」を知ることであり、彼はそのために天然理心流の筆頭に立つ島崎との対決を望んでいた。

念願かなって「近藤勇」と名前を改めてた島崎と竹刀での試合をすることになる山南。

近藤の「竹刀を真剣のように扱う気迫」に常に実践を想定する天然理心流の本質を垣間た。

天然理心流に惹かれた山南は、試衛館を近藤に返し、自ら天然理心流の門弟になるのだった。

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間もマンガを無料で読めるのはこちら(^^♪

3巻のネタバレ

山南を新しく門弟に迎えた近藤は、沖田、山南と共に武州多摩に出稽古に出かけた。

道すがら、着流しの百姓とも武士とも見えない男に出会う。

その男に近藤は親し気に「歳」と呼びかけ、稽古場に顔を出すように勧めた。

が、歳と呼ばれたその男は「剣術ごっこに付き合うほど暇じゃない」と突っぱね、沖田を無視し山南にガンを飛ばして去っていった。

「何者か?」と尋ねる山南に、近藤は「薬売りで、我流だが面白い剣を使う男」と評した。

出稽古先では、門弟たちを叩きのめすばかりの沖田の教え方は不評だった。

「出稽古って面白くない」と沖田が散歩にでかけると、歳が茶屋の店先に座っているのが見えた。

気安く声をかけ、迷惑そうな歳に構わず「よければ私と立ち会わないか?」と好き勝手にしゃべりまくる沖田。

そんな沖田の話を止めようと、歳は「この辺りのお前の評価は【切腹の介錯で待ちきれずに首をはねた沖田馬鹿次郎】だ」と言い捨てて立ち去った。

その呼び名に納得できない沖田は、慌てて歳の後を追う。

あきれ気味の歳をよそに、まだ「あなた本当に薬屋さん?歌舞伎役者に見える」などと話しを続ける沖田。

村娘が歳を見て赤面するのを「自分にホレた」と勘違いするに至っては、歳は「こいつは馬鹿のうえにめでたい」と確信した。

が、沖田の方は歳にタダならないものを感じて「多摩で剣術が強いというなら、潰しておくか」という物騒なことを考えていた。

翌日。

薬の行商に出た歳は、沖田の刀に似た長剣を抱える人相の悪い集団とすれ違う。

その一人が「刀を放り出してどじょうすくいとはメデタイ侍だ」というのを聞き、歳は沖田の刀と知る。

歳は「面倒くさい」と思いつつ一団に追いつき、刀を力尽くで取り戻した。

が、現場に残した薬箱から「土方歳三」と見破られ、盗賊の親玉を含む集団から追いかけられる羽目に。

ついに親玉と斬り合いになり、歳が懇親の力で沖田の刀を振ると、親玉の剣が折れて顔面に傷がついた。

歳はその一瞬をつき、川に飛び込んで逃げた。

一方、何も知らない沖田は刀がなくなり大慌て。

見つからずに道場に戻り「刀をなくしてしまった。金が出来たらまた買えばいい」と強がりをいう。

すると近藤が烈火の勢いで「あれがどのような刀なのか、お前が一番わかっているのではないのか?」と、沖田の顔面を殴った。

そして地面に這いつくばる沖田に「あの刀を持って帰らない限り試衛館の門はくぐらせない」と捨てぜりふを残して、山南と共に江戸に去ってしまった。

近藤の言葉の意味が呑み込めない沖田は、不貞腐れながら一人で江戸に向かった。

数日後。

山南は毎日沖田の帰りを待っていた。

が、最初に現れたのはボロボロになった歳。

「あのバカ野郎はいるか?」とだけ言う歳に、山南が「沖田君ならまだ帰ってきていない」と答えると、歳はむしろに包んだ棒のようなものを土間にたたきつけ「これを届ければ用はない」と立ち上がった。

そこへ近藤が現れ、むしろの中身を沖田の剣と見破る。

近藤は刀を取り返すのに自分の命を張った歳を「土方歳三は己の義を貫き通す本物の侍」と称し、土下座して感謝を述べた。

しかし照れた歳は、近藤が止めるのも聞かずに去る。

沖田はといえば、江戸に帰り着くと刀屋を訪れ、自分の刀の鍔に似たものを探しだそうとしていた。

しかし買おうとするにも金がない。

困った沖田は姉に頼み、父が残した竹光を腰に差すことにした。

そしてノコノコと試衛館に現れ、山南たちに「刀を見つけた」と苦しいウソをつく。

一方試衛館を去った歳三は、なじみの女が開いている三味線屋の二階に寝泊まりして体の回復を待っていた。

ようやく薬の行商を開始したが、その薬箱の紋を見て歳三の場所を知った盗賊が、歳三の留守中に店を襲った!

何も知らない歳三が行商から帰って三味線屋で見たものは、荒らされた店内に座る盗賊の一人。

その男は「女を返してほしければ、一人で錦屋という店に来い」と告げるのだった。

以下のリンク先で「アサギロ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
31日間もマンガを無料で読めるのはこちら(^^♪

3巻の感想

お待たせしました!

いよいよ「鬼の副長」土方歳三の登場です。

3巻は全体的に「土方歳三祭り」となっています。

新選組前夜の土方さんは、「自分が何をしたいのか」が定まらず斜に構えています。

が、ぶっきら棒な物言いながらも、沖田の刀が盗まれたこと知り、命がけで取り返したりする「熱い男」でもあります。

まさしく近藤が作中で断言するように「義を貫き通す本物の侍」という評価がふさわしい描かれ方になっています。

もっとも本人は「歌舞伎役者」のような麗しい顔を崩して呆れていますが。

対する総司は、今回土方さんが言うように更に「馬鹿の上にメデタク」なっています。

村上の非業の死と自分の命をかけて手に入れた大事な刀をあっさり盗人に盗まれた上、刀が戻っているのも知らずに竹光でその場をやり過ごそうとして、皆の失笑を買っています。

この「オメデタさ」が「アサギロ版沖田総司」の魅力でもあるのですが。

土方さんと総司のどこか噛み合わない会話がユーモラスで、総司の「天然」なところにあきれ返っている土方さんとそれに全く気が付いていない総司という力関係が、後の新選組での彼らの関係への伏線となっています。

「自分の女を盗賊たちに奪われる」という絶体絶命の場面で終わってしまった3巻。

次回も「土方歳三祭り」が期待できそうです。

巻末には、近藤さんと土方さんの本物の写真をいじって作られた読み切りのおまけがついていますよ。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「アサギロ」最新刊4巻のあらすじとネタバレと感想!無料で試し読み♪新選組、永倉新八登場!

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪