「ぼくたちは勉強ができない」104話の感想とネタバレ!最新話は文乃の意味深な一言

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「ぼくたちは勉強ができない」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「ぼくたちは勉強ができない」103話のあらすじとネタバレと感想!最新話は発明品の試作品

[mokuji]




104話のあらすじとネタバレ

「薄紅の粧しは時にかつての〔X〕を喚び起こす」

古橋家では父親の零侍が文乃に誕生日プレゼントであるリップクリームを渡していた。

母親の静流が好きなブランドもので今年も渡せないんじゃないかと思っていたと言う零侍。

文乃は零侍がプレゼントを渡してくれたことに驚きながらもお礼を言うが紙袋に「キスしたくなる唇をあなたに…」と書かれている箇所に目がいく。

何分かの間をおいてからまだ早いからなという零侍に何を言っているのと突っ込む文乃。

そして翌日、文乃はあすみと共に図書館で勉強をしていた。

珍しい組み合わせだなと文乃に話しかけたあすみだったが文乃がリップクリームを塗っている事に気づく。

そして見事に何のリップクリームかを当てたので文乃を驚かせる。

実は父はと照れ気味に言う文乃にあすみは成幸を誘惑するのかと悪戯っぽく言うと文乃は全力で否定した。

(もうっ お父さんも先輩も…そもそもわたしファーストキスだってまだ…)

と思っていたが文化祭のステージでニャンポレオンZの着ぐるみにキスをしたのを思い出す。

だがあれはファーストキスじゃないと、ノーカンだと自分に言い聞かせるとニャンポレオンZの絵本を持ってやって来た子供を見て驚く。

ニャンポレオンZを知ってるのかと聞くあすみにまあと答えるが内心ではタイムリー過ぎると思っていた。

「ああ そういやさ 文化祭ん時は…後輩があの着ぐるみ着て回ってて ケッサクだっあたよな」

とあすみが言うと文乃は固まってしまう。

そこへバイトが長引いて遅くなった成幸がやって来て、入れ替わるようにあすみはバイトに行く準備をし始める。

成幸はみっちり頑張ろうなと文乃に言うと。

「左様でござるな!」

と返してきたため、2人は固まってしまう。




それからあすみが帰ってから文乃はさっきのあすみの言葉を忘れようとするかのように勉強に集中していた。

成幸がさっき口調が変だったけど、気のせいだったのかと思いながら文乃に計算ミスしているよと指摘した。

そしたら文乃はかたじけねえと大声で言って驚く姿を見た成幸は変だコイツと内心思った。

そして文乃は逃げるように女子トイレに行き、顔を洗うが胸の心音は止まらなかった。

(ちがう あんなの布越しの今まで忘れてた位とるに足らないただの事故 でも成幸くんだった)

と思いながら自分のファーストキスを上げたのは成幸だったんだと呟いていた。

一方で成幸は文乃のリップクリームを見つけると久々の女心練習問題だと思ったと同時に文乃が戻って来る。

すかさず褒めようとした成幸だったがさっき顔を洗ったため、リップクリームは洗い流されていたのでひっかけ問題だと思い、言うのをやめる。

そしてお互い勉強を再開させるも気になる文乃は成幸に分かっていたはずだよねと、どうして言ってくれなかったのと聞く。

リップクリームに気付かなかったので怒っていると思った成幸は言うタイミングを逃していたと言いつつ、すごくよかったと褒めた。

キスがよかったと勘違いした文乃は胸が苦しいのを感じていた。

その様子を見た成幸は苦々しい顔をさせる程嫌な思いをさせたのかと勘違いしていた。

文乃は何だかいつまでも変な事にこだわって変だよねと言うが成幸は誤魔化そうとしていたと謝ると。

「もう一度ちゃんとやり直させてくれないか!?」

と言うと文乃は内心かなり驚いていており、顔を赤らめていた。

恥ずかしいから目をつぶってくれないかと続けて言う成幸に駄目だよと思いながら目を閉じる文乃。

そして成幸はリップクリームを塗るのだった。

何のことだか分からない文乃に成幸は凄く似合ってるぞと褒めた。

「あっなるほど…!!そういうこと!!わたしちょっと勘違いしてたみたい!あ ありがと!」

赤面しながらお礼を言う文乃だったが勘違いと聞こえた成幸は勘違いについて問うと文乃は文化祭の事を言うのだった。

そして公園で2人は謝って土下座をし、やがて笑い合う。

リップに気付いて褒めてくれるなんて嘘でも嬉しかったよと言う文乃に成幸は嘘じゃないと弁明した。

「うん わたしもね…よかった」

と笑顔で言う成幸は顔を赤らめながらよかったってどっちの話と問うと文乃は知らないと返すのだった。

「ぼくたちは勉強ができない」の最新話は<週刊少年ジャンプ>で掲載中(^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
<週刊少年ジャンプ>を無料で読む

104話の感想

取りあえずキスの事は解決できてよかったなと思いましたね。

でも最後に文乃が言ったよかったとはキスなのか、リップクリームを褒めた方なのかどっちなのかという疑問が残りましたね。

物語には多分関係ないとは思いますが、この疑問は成幸では一生かかっても解けなそうな問題のような気がしました。




↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「ぼくたちは勉強ができない」105話の感想とネタバレ!最新話はうるかの一言に報われる

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪