「獄丁ヒグマ」14話のネタバレと感想!無料で試し読みはコチラ!最新話はヒグマが今の性格になった理由

※ここから先はネタバレも含みますので、まずは前話を読まれることをオススメします!無料で読みたいならコチラ ↓ ↓ ↓

なんと30日間も無料でマンガやアニメや音楽までが楽しめる(^^♪ 以下のリンクをクリックして「週刊少年ジャンプ17号」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

※入会から30日間は課金が発生しません。退会はいつでも可能です。

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「獄丁ヒグマ」13話のネタバレと感想!無料で試し読みはコチラ!最新話はヒグマを圧倒する赤銅

[mokuji]




「獄丁ヒグマ」14話のあらすじとネタバレ

「決意の記録 その1」

今から6年前、9歳のヒグマは大声で泣きながら親父の嘘つきと言う。

父親のアズマはゲームの一つや二つで騒ぐなと叱る。

買ってくれると約束したのにと言うヒグマにアズマは3000円以内でと言ったのにゲームの値段が6000円なのでゲーム如きに6000円も出せるかと言う。

これがやりたいんだもんと駄々をこねるヒグマを見かねた叔母のハルマはサクッと買ってやれよと言う。

ヒグマは嬉しそうに足に抱き着くがハルマは足を振って引き剥がそうとしていた。

アズマはごねれば何でも手に入ると思われたら困ると言うと子供の前でタバコを吸うなと叱る。

ハルマもたばこに火をつけてないし、何かにつけて説教するなと激怒した。

そして喧嘩になって、店員達は五月蠅いなと思っていた。

やがて喧嘩が終わると妥協案としてアズマが自分の仕事に同行したら買ってやると言うがヒグマはじゃあいいと拒否した。

どうしても行かせるためにゲームを買おうとするがヒグマは嫌だとアズマの足にしがみついて止める。

そしてアズマとハルマは神社に来ていて、ヒグマの事を話していた。

ヒグマは獄卒人の仕事を嫌っていて、その根本が初めて仕事を見学させた日から荒事を嫌うようになったアズマは言う。

それからヒグマは上級生との喧嘩では無抵抗のまま殴られ、テレビも残酷なニュースやスポーツを見るのが嫌だから見無くなり始め、勝負事は真剣であれば嫌厭するようになった。

ただゲームはお遊びだから問題ないとの事。

繊細でお前に似ないなと笑いながら言うハルマ。

「…もっと図太い子だと思っていたんだ」

とアズマは言う。

理由はいつも霧の“間(ハザマ)”で阿傍にどつけれてもケロッとしていたからだ。

因みにアズマとハルマはどつかれてグレたらしい。

「あの子は根本的に獄卒人には向かん」

とアズマは言うがハルマはそういうわけにはいかないと言う。




400年前に篝手一族の先祖は“翁”と呼ばれる亡者の脱走を幇助し、それによって“翁”は“天女(アマノメ)の呪”によって夥しい数の亡者が解放されて現世を脅かしているのだ。

そのため、獄卒人の仕事はその尻拭いであり、使命であり、罪であるとハルマは言う。

「逃げ出せば死後は地獄行きだ」

とハルマは言うとアズマに心を鬼にしてヒグマを獄卒人にするように厳命するのだった。

そしてヒグマは10歳になるので赤銅の事について触れるハルマだがアズマは負けないと言う。

やがて2人は仕事の時間になったので服装を変える。

(……“地獄行き”…現世で亡者を追う手駒を逃がさないための閻魔大王による冷徹な枷)

とハルマは思っているとアズマから境内でタバコを吸うなと注意するのだった。

「やりすぎだと思うんだ!」

とヒグマは閻魔大王に言うと閻魔大王は何故と聞いてくる。

ヒグマ曰く亡者が幾ら悪い事をしたからと言って可哀そうだと、アズマも斬られて血を流していて痛そうだと、初めてアズマの仕事を見た際に亡者は地獄は嫌だと泣いていたからだとの事。

そして閻魔大王に悪い事をした人はどうしても地獄に堕とさないと駄目と、亡者の事は許してあげたら駄目なのと聞くヒグマ。

「まぁまず命寿の問題があるわけだが…お前が言いたいのはそう言う事ではなさそうだな」

と閻魔大王は言うとヒグマは亡者は悪人だけど世の中の皆が許してあげればいいと言う。

そうすれば誰も喧嘩せず、世界は平和になり、あれは駄目とか許さんとかとピリピリしているよりもいいとヒグマは考えていた。

話を聞いていた閻魔大王は成程なと相槌を打ちつつ、亡者達に大切な人を傷つけられたらどうすると聞く。

これに対してヒグマは我慢すると言い、相手を懲らしめるよりどうすれば許してやれるか考えた方がいいと言う。

ヒグマは悪いことをする奴が悪いけどアズマ達が亡者達を痛めつけるのを見るのも嫌だからいい奴も悪い奴も仲良くする方法を探すのが一番いいと考えていた。

話を聞いていた阿傍はくだらんと一蹴した。

間違ってるかなと不安な表情をしながら閻魔大王に聞くヒグマ。

閻魔大王はそれがヒグマの理想ならそれでいいと、正しいか間違いかだけが世の尺度の全てじゃないから理想は心の底にとっておけと言う。

「忘れてしまわぬように 変わってしまわぬようにな」

と閻魔大王は言うとヒグマは笑みを浮かべながら返事をした。

その夜、ヒグマはアズマに声をかける。

アズマは何だ言いつつ、どうして親父呼びにいたんだと聞くとヒグマはハルマが今のうちに呼び方を変えれば思春期のなって困らないって言っていたからと言う。

ヒグマは閻魔大王は悪人を地獄に堕としている人だと、獄卒人の仕事をさせているのも閻魔大王だよねと聞くとアズマは全て肯定した。

ヒグマはあんなに優しそうな閻魔大王が悪人を地獄に堕とす等をさせているのかなと思っていた。

そんなヒグマにアズマはあれは閻魔大王ではなく現世と幽世の間に跨り、罪に汚れた魂を分けて浄化するために地獄へ堕とす巨大なシステムだと言う。

そして人の姿をした閻魔大王は自分達と意思疎通をするためにその末端に宿らせたとある人間の人格の記録に過ぎないと言うアズマ。

「心はあっても意志は無い あれが下す結論は決して変質しない」

と言うとアズマはヒグマに友達だと思うなと言う。

続けて例え自分達があの世に行ったとしても閻魔大王の笑みは崩れないし、涙も流してくれないとヒグマに言うのだった。

その夜、目を覚ましたハルマは外に出ると亡者であるくゆり烟月と会っていた。

烟月はハルマが協力してくれれば閻魔大王を破壊する算段がつくと言い、ハルマ達は自由の身だと言うのだった。

獄丁ヒグマ」の最新話は<週刊少年ジャンプ>で掲載中(^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
<週刊少年ジャンプ>を無料で読む

「獄丁ヒグマ」14話の感想

ヒグマが今の性格になったのはアズマの仕事を見学しに行ったのがきっかけだったんですね。

でも今は獄卒人の仕事をしていますから赤銅にアズマとハルマを始末されたのがきっかけでしょうか、それとも別の理由だからでしょうか。

まだ過去編のその1なのでこれから明らかになると思います。




↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「獄丁ヒグマ」15話のネタバレと感想!無料で試し読みはコチラ!最新話は自由になりたいと願うハルマ

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪