天堂家物語 最新話27話のネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料天堂家物語が読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)で天堂家物語を無料で読む

天堂家物語 最新話27話のネタバレ

「顔を上げて下さい」
「じっちゃんが、私の名前を考えてくれていたんです。新しい名で、新しい人生を生きるようにと…」
「そうでしたか」
「じっちゃんの望みを叶えたいです。でも、きっとここに戻る前から、私の気持ちは決まっていたのだと思います。
私も立花さんにお願いしたいことがあります」

水が入った洗面器、刀、血の付いた布に囲まれ、立花の右手は震えていました。
(何と容赦の無い子だろう。まるで貴人さんみたいだな。
俺は一体何をしている。何故止めない。
この身を苛む取り返しのつかない過ちが歪みを欲しているのだろうか…)

「修一郎さん」と若い雅人。
「雅人様、どうかこれからは私のことは”立花”と」
「嫌だ。一度も会いに来なかった父よりも俺にとってはあなたこそが…、母も口にはしませんがきっと俺と同じ気持ちだと思います。
修一郎さんお願いします。天堂家を捨てて、俺達と本当の家族になって下さい」
椿が咲く頃、立花に頭を下げた雅人。
立花はそんな雅人を思い出し、拳で畳を殴り、うつ伏せます。

雅人の部屋がトントンとノックされます。
「雅人様、私です」
「出ていくなら黙って出ていけ」
「部屋に入ってもいいですか?」
「勝手にしろ」
苛つく雅人の前に現れたらんは左頬に長い一筋の傷を負っていました。
「な…ッ。その傷はどうした」
動揺する雅人。
「立花さんに傷跡が残るように切ってもらいました。”鳳城蘭様が天堂家に来た日、暴漢に襲われてついた傷”です。
私は鳳城蘭になります。道具で構いません。私を雅人様の目的のために使って下さい」

雅人を見つめるらん。
(ああ、やっぱり美しいなあ。初めて会ったあの日から綺麗で、恐ろしくて、残酷で、惹かれてしまう。)
(じっちゃんがくれた名前を受け取れなくてごめんなさい)
(私はこの世の他の誰よりも雅人様を救いたい。そのためにこの命を使おう)

「ーーくっ、クッ、クッ。成る程、お前はそういう性分だったな…。いいだろう、その命、俺のために使え。最高の死に場所をくれてやる。花嫁殿」
らんの手を取る雅人。

とある喫茶店では梶原と呼ばれる新聞記者が天堂家の件で日下部榮という男に声をかけられていました。
「”生きては出られぬ”なんて酷い噂でしょう。ほとほと嫌気が差しまして使用人を辞めたいと思っているんです。そんな時に天堂家の情報を買ってくれる人がいると聞きまして」
日下部と名乗る男は眼鏡の奥、死んだような目をしていました。

梶原はいくつかの噂話の裏が取れたと手応えを感じます。
(おそらく不自然な数の使用人が病死や行方不明になっている。名家の門の奥に潜む殺人鬼をこの俺が白日の下に晒してやる。)
そんな梶原を肩を叩く長い髪の男が笑っていました。殺し屋の鴉です。

鴉が床に紙束を投げ出します。
「記者の男が持っていた書付はそれで全部。家にある分も本人も処分したよ」
「ご苦労様です」
答えたのは日下部です。

鴉はソファに横になり、仕事したくない、死にたいと言います。
「いやァ榮ちゃん、好きな娘刺しちゃった俺の身にもなってよ。あんな頭のおかしい可愛い娘、もう会えねえだろうなァ」
「見返りを求める愛など不純だと思いませんか。真実の愛を知るならば、相手の生死など大した問題ではないはずです」
日下部は静かな目をしています。

部屋にはもう一人、男がいました。
「どうしても天堂雅人がもがき苦しむ様を見たい、ということでしょうか、隼人様」
「………」
隼人と呼ばれた男は肩にかかるくらいの髪をした男性でした。

天堂家物語の最新刊を無料で読む方法

今回は天堂家物語を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。
U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録だけで、31日間も完全無料でマンガが読むことができます。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で天堂家物語を無料で読む
無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

天堂家物語 最新話27話の感想

雅人の過去と目的が明らかになりました。

頭を下げる立花に、らんは願いがあると申し出ます。

らんの願いに手が震える立花。

何故止められないのかと自問します。

若い雅人は立花に世話役以上の感情を持っていました。

その思いに応えなかった自責の念が立花にはあるのでしょう。

雅人の元に行ったらんの頬には大きな傷がありました。

“鳳城蘭”が受けた傷をその身に宿したらん。

じっちゃんの願いよりも雅人を救いたいと願ったらん。

雅人に命をかけようと決意します。

そんならんの手を取る雅人。

一方、天堂家を調べていた梶原という記者が日下部榮という男に会います。

その帰り、殺し屋の鴉に声をかけられます。

鴉と日下部はグルで梶原が掴んだ情報を本人ごと抹消したようです。

狂気を宿す日下部。その日下部の先には、雅人の苦しむ様を見たいという隼人という男の存在がありました。

数々の狂気の果てにはどんな結末が待っているのでしょうか。

次号9月号(7月24日発売)に特別篇掲載、11月号(9月24日発売)より連載再開です。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
http://www.yellow-journal.jp/?p=

ここまで読んでくれた方だけのスペシャルな特典!

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。