なまいきざかり 最新刊10巻のネタバレと感想 無料試し読みはコチラ 花見でビンタされた諏訪

※ここから先はネタバレも含みますので、前巻を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で絵つきなまいきざかりが読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)でなまいきざかりを無料で読む

なまいきざかり 最新刊10巻のネタバレ

由希はコンビニでアルバイトをする事にした。

成瀬に押し倒されてからお隣さんの宇佐美も気まずそうにしており、遊びに来た成瀬に関しては気にもしておらず、リビングに入ろうとするが阻止される。

部活に行こうとする成瀬に由希は明日からバイトだからと伝える。

明日、コンビニに来て準備をしているとき、昨日の事を思い出していた。

成瀬にはバイトの事を伝えたが特に何も聞かれなかったので少し不気味に思っていた。

準備を終えた由希は店長に自身の教育係になる諏訪を紹介される。

諏訪の指導を受ける由希だが彼が花見の時に女性にビンタされていた人だと気づき、諏訪も由希に見られていたことに気づいていた。

その様子を帰宅途中の袴田が見ていた。

バイトが終わって家に帰ってきた由希に成瀬から電話がかかってきて、成瀬はバイトの事に関しては気にしてないと伝えて切った。

翌日、袴田は普通に挨拶できないので雑誌を読んでいると由希に気づかれてお茶を買いに来たと言ってペットボトルをカウンターに置く。

そしたら成瀬もペットボトルを置いてきたので睨みあう。

更に諏訪もやって来て袴田を指差して由希の彼氏と聞くのに対して成瀬は自分だと言うのだった。

2人が帰った後、諏訪は由希にもし何かあったら俺からも謝ると言う。

バイトが終わった由希は待っていた成瀬と一緒に帰るも怒っているんじゃないかと不安に思っていた。

対して成瀬は気にしてないが諏訪にはバイト以外で会うなと言うと由希にキスするのだった。

ある日、大学の講義が終わった由希の元にバスケットボールサークルの人達がやって来て臨時マネージャーをしてくれと頼んできた。

理由は雨宮から話を聞いたからのと、マネージャーがいないと運営が出来ないからであった。

由希は引き受けるがそのサークルには諏訪がいた。

隆北バスケ部は成瀬を中心に新一年生を交えて練習をしていた。

由希は臨時マネージャーとして辣腕を振るっており、諏訪とサークルで出会ったのは不可抗力だと思っていた。

由希の仕事ぶりは諏訪も関心していた。

そして成瀬に頑張ってと言っておいてと由希に伝えて去ると、由希はどうしてビンタされたんだと思っていた。

それから買い出しをする由希は隆北バスケ部の面々に会い、成瀬に何の買い出しを言われたので事の次第を伝えるがはっとして逃げるように去った。

あとで成瀬にそれとなく連絡しようと思った矢先、成瀬がやって来て根掘り葉掘り聞かれて最終的にサークルの試合を見に行くと言うのだった。

家に戻ってきた由希は諏訪の事、成瀬の事、家事やバイトの事等を考えていると何時の間にか寝てしまっていた。

慌てて起きてバイトに行くが買い物に来た袴田に元気がないと言われてしまう。

しかし、由希は引き受けたからにはしっかりやると心に決めてマネージャー、家事、勉強、バイトに精を出す。

試合も無事終わって備品を返しに行こうとするが目眩を起こして倒れそうなところを諏訪が支える。

しかし、試合を見ていた成瀬が諏訪から由希を取ると自分の仕事だからと言って彼女を抱えて去るのだった。

由希は目を覚ますと自宅のベッドにおり、目の前では成瀬がお粥を作っていた。

成瀬曰く由希は過労と寝不足と風邪で倒れたとの事。

お粥が出来たので成瀬はあ~んで食べさせようとすると同時に諏訪の事を言う。

それを誤魔化すように由希はお粥を食べる。

成瀬は本当はムカついているけど、いちいち餓鬼みたいな事を言って由希に嫌われるのが嫌だと言う。

そんな成瀬に由希はそう簡単に嫌うわけないでしょと言ってお粥を食べると帰りなよと言ってベッドで眠る。

しかし、成瀬もベッドに入ると由希はもう少しいてほしいと言っちゃうからリビングに入れたくなかったと思いながら寝るのだった。

それから由希の風邪は全快し、大学に行くと諏訪に会う。

この前の成瀬の行動から諏訪はいい彼氏だと言い、由希は風邪を引いていた時は邪険にしていたので最低だと思っていた。

隆北バスケ部の関東大会の予選が3日に迫っていたので由希は差し入れを持ってやって来た。

成瀬の練習姿を見てキュンとしたり、姫野の奮闘ぶりを見てほいほい入っていけないと思い、差し入れはコーチか三好先生に渡そうとするも成瀬に見つかる。

止む無く成瀬に差し入れとなる一口おにぎりを渡して去るのだった。

そして由希はバイトをしていたが金曜日人手が足りず、しかも自分が風邪を引いて休んだ際に代わりに頑張ってくれた南が来れないので止む無く彼女の分を引き受けることにした。

その事を雨宮に伝えると1つだけ頼みを言う。

その頃、予選に臨む隆北バスケ部は成瀬と一年生以外の部員と姫野は緊張していた。

そしてOB達が観客席に集まっており、雨宮は由希の手作り応援幕を取り出した。

その由希はバイトをしていたが諏訪の気遣いで関東大会に観戦しに行けるようになった。

一方、試合は前半終わって57対55で負けていた。

理由は練習通りにプレー出来ていなかったからであった。

そんな中、成瀬は由希の応援幕を見つけると部員達にいつも通りやろうと、自分達が毎日している5人で勝つ練習なんだからその5人が揃っている今、勝つ理由しかないと言う。

そして由希が会場に駆けつけると成瀬がシュートを決めて102対97で隆北バスケ部が勝利していた。

その様子を見て由希は頑張る成瀬のために何が出来るか考えようと思うのだった。

その後、隆北バスケ部は無事に関東大会本戦に進出した。

しかし、成瀬は相も変わらず由希を押し倒していた。

一応由希は成瀬に自分に何か出来る事は無いかと言うも成瀬ははぐらかすかのようにまともな答えは出なかった。

予選3位通過だから浮かれてるんじゃないのと由希に言われた成瀬だが浮かれてなかった。

理由は1位通過が三寿々高校だからだった。

袴田は組み合わせ表を見ながら誰にも負けないと思うのであった。

由希は学食で成瀬のために何が出来るかを考えていると宇佐美と会い、一緒に食事する事になった。

話していると諏訪がやって来て由希と軽い挨拶をして去った。

宇佐美は由希が諏訪と知り合いなのを利用して自分を諏訪に紹介してほしいと頼む。

頼まれた由希は花見の時の事を思い出してその事を諏訪に聞くと諏訪は彼氏がいる子ばかり好きになると言って由希に迫るが冗談だよと笑顔で言うのだった。

そして成瀬はバイトが終わった由希と諏訪の姿を見て不満げな顔をしていた。

それから由希はカフェで宇佐美と諏訪を会わせるも成瀬も来ており、不機嫌そうな顔で見ていた。

やがて成瀬が何処かに行こうとしていたので由希は後を追うと捕まえられる。

何で諏訪を目の敵にするのと言う由希に対して成瀬は木戸に似ているから嫌いだと言う。

そして由希からキスしてくれたら関東大会頑張れると口にする成瀬。

由希は成瀬のために出来る事はないんじゃないかと思い、自分がいなくても問題ないでしょと言って去ろうとする。

その姿に成瀬はある女性の事を思い出して由希の手を掴むが少ししてやめて帰るのだった。

それから宇佐美と一緒に帰る由希。

宇佐美から見て諏訪はよくわかんない人だけど友達になりたいとの事。

すかさず宇佐美は成瀬と由希の会話を少し見ていたので大丈夫と聞き、由希は大丈夫と言いつつも何であんな言い方をしたんだろうと思っていた。

そして宇佐美は一人で悩むことが少なくするために友達になろうと提案し、由希も頷くのだった。

そんなこんなで関東大会を迎え、由希も応援に来たがあれから成瀬と全然話せず、この前言った事に罪悪感を感じていた。

そこへ成瀬がやって来て、お守り効果が上がるからとリストバンドをつけてと言い、由希はつけるもこれしか出来ない事に歯がゆく思っていた。

そんな由希に成瀬は由希がいなくても平気とか思ってないからと言う成瀬の元に姫野がやって来て、由希がいる事に驚きながらも成瀬と試合について話し合う。

その姿に由希は違和感を感じていた。

試合が始まるもその違和感はOB達も感じており、試合が終わった後に由希は違和感は今頑張っている部員達と姫野が羨ましいと感じていたからだと気づいた。

その成瀬は駅で袴田と会うと由希がいない事を負けた言い訳にするなと言われる。

由希は遊びに来ていた宇佐美に成瀬のために出来る事が応援しかないことをうっかり口にしてしまう。

それを聞いた宇佐美は好きな人からの応援が1番に決まっていると口にした。

それを聞いた由希はすぐに成瀬の家に行くと成瀬に会い、死ぬほど応援するから頑張れと言って頬にキスした。

対して成瀬は全然足りないと言ってキスすると持ち上げて自分が戦えるのは皆がいて、その中心に由希がいるからだと言う。

そして2日目、三寿々との試合を迎え、由希も応援しているが57対52で負けていた。

応援のおかげか、何とか同点に追いつくが後半では苦戦を強いられ、112対107で4点差で負けていた。

成瀬が部員達に檄を飛ばしたり、由希の応援も空しく112対110で負けてしまった。

しかし、袴田は追いつかれたと一瞬思っており、成瀬が以前と比べて変わったと感じていた。

試合後、由希は成瀬と会い、成瀬はそんな由希に耳元でごめんねと呟いて去っていった。

成瀬の言葉の真意が分からない由希は何て返せば良かったのかと思っていると諏訪がやって来る。

諏訪に関東大会は3位だったと、成瀬が初表彰台だと言う事を伝えた。

成瀬にとっては最後の関東大会だったので何か励ませないかと考えていると店長から明細書を貰う。

それから成瀬を自宅に誘い、中に入った成瀬はソファに目が行く。

由希は成瀬に何かあった時はちゃんと場所は取っておくと、自分は何処にも行かないと、頑張り終わったら休みに来てと言う。

そして早く座ってと言う由希に成瀬は彼女を抱きしめて座ると勝てなくてごめんと言う。

由希がいたから全力でやれたのに三寿々も強くなっていた事が悔しいと口にする成瀬に由希は初めて悔しいと、真っ直ぐ甘えてきたと思っていた。

そしてお互いキスをするとテレビを見るためにお互い隣に座る。

由希は今までスキンシップを拒み過ぎたからもう少し寛容にと思ったが成瀬が胸を触ったのでその手を振り払うのであった。

なまいきざかり の最新話・最新刊を無料で読む方法

今回は なまいきざかり を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)で最新の漫画を無料で読む
無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

なまいきざかり 最新刊10巻の感想

まさか花見でビンタされた諏訪が主要人物っぽくなって来たのには驚きました。

ただあのシーンのために出てきたのかなと思いましたがびっくりです。

いい人なのは間違いないんでしょうが、恋愛要素ではちょっと変わった感じですね。

恋人がいる女性を好きになるとか…ビンタされた際に由希を見てましたがもしかして狙いを定めたとか…有り得そうかもしれません。

それに成瀬が言っていた通り、性格は兎も角顔立は由希の初恋だった木戸に似ているので成瀬が警戒するのも無理ないかなと思います。

でも成瀬と由希の絆は強固だと思っているので揺るがないでほしいなと思いました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

なまいきざかり 最新刊11巻のネタバレと感想 無料試し読みはコチラ 記者の前で彼女だと告げる

漫画が無料で読めるサイトを知りたくないですか?おすすめはコチラ↓

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。

U-NEXTは漫画だけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
 

31日間無料トライアルの特典
  1. 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
  2. 600円分のポイントプレゼント!
    DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!
  3. 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪