「ハンターハンター」1巻の登場人物とあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「ハンターハンター」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『ハンターハンター』を無料で立ち読み (^^♪




登場人物

「ゴン」

元気いっぱいで、とにかく怖いもの知らずの少年。小さな体からは想像できないようなパワーを持っていて、まっすぐ見つめる目は嘘偽りなくまさに純真。

自分の親は生まれてすぐ事故にあって死んだと聞かされていたゴンだが、命の恩人カイトによって父親が「超一流」のハンターだと知る。そしてまた自分もハンターになることを決意し、旅に出る。

「カイト」

キツネグマに襲われそうになっていたゴンを助けた命の恩人。そしてゴンの父親ジンが生きていること、そしてジンは自分の知る限り最高のハンターだとゴンに伝える。

ジンに認めてもらうための最終試験が「彼を探し当てる」ことを目指し、ジンの生まれ故郷にやってきたところでゴンに遭遇した。

以下のリンク先で「ハンターハンター」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『ハンターハンター』を無料で立ち読み (^^♪




あらすじとネタバレ

珍獣・怪獣・財宝・秘宝・魔境・秘境。「未知」という言葉が放つ魔力、その魔力に魅せられた奴等がいる。人は彼等をハンターと呼ぶ。

そんなハンターに憧れ、沼の主を釣り上げることを条件にハンターになることをおばのミトと約束を交わしたゴン。大人5人がかりでも上がらなかった沼の主を一人で軽々担ぎ、10年は釣り上げる者など現れんと思っていたと村人たちを騒然とさせる。

約束は守ってよねというゴンの熱意に負けたミトは、しぶしぶその約束を守る。世話になったミトおばさんにお礼を言い旅立つ決意をしたゴン。

ゴンには親がハンターだということを言っていなかったのに、ゴンも何も聞かなかったのに、と涙するミト。しかし今のゴンを止める力をもつ者などいるはずがなく、ゴンの目がもつ光は父親にそっくりだった。

そんなゴンは、人に話すことなどなかったが、ずっと前から父親の仕事を知っていたのだった。3年前、まだゴンがなにも知らないどこにでもいる少年だった頃、子連れキツネグマに遭遇しカイトと名乗る男に命を助けてもらう。

そしてゴンのまっすぐなそして力強い目に見覚えを感じたカイト。それは、カイトがずっと探していたゴンの父親「ジン」の目とほぼ同じであることに気づく。カイトは強いハンターであったが、そのカイトがジンほど最高なハンターはいないとゴンに言い切る。

ジンはカイトの師匠であり、ジンに認めてもらうための最終試験が「彼を探し当てる」ことだというカイト。ジンに会わなければ今頃スラム街の路地裏でのたれ死んでいただろうというカイトは、ジンに恩義を感じそして心の底から尊敬しているようだった。

「ジンさんは死んじゃいない」お前のおばさんはウソをついてでもお前に親父の跡を継いでもらいたくないようだなというカイト。

しかしカイトはゴンのハンターの器に気づく。それも優秀なハンターの器量だということに。「いいハンターってやつは動物に好かれちまうんだ」という絶対的な自信をもつカイト。絶対に懐かないキツネグマの子供はゴンに懐いていたのだった。

そしてキツネグマの子供は俺が育てると言いずっと面倒を見てきたゴン。名前は「コン」と名付けていた。そして旅立ちの日、ゴンはハンターになるためこれからもう会えなくなる、とコンに別れを告げる。そしてコンはゴンの話を全てわかったというようにサッとその場を去り、そして森の仲間を集めゴンを見送ってくれたのだった。

勢いよく山を下りるゴン。そして家に戻ると、おばのミトに旅立つ日をつげる。テーブルの上の酒瓶がミトがどれだけ酒を飲んだのかを表していた。

あいつ、まだ赤ん坊だったあんたを捨てたのよと酒を飲みながら荒っぽく言ったミトだったが、「それでも子供を捨てでも続けたいと思う仕事なんだね」というゴン。ハンターってそれだけすごい仕事なんだねと言うゴンの真っすぐな目にミトは「やっぱりアイツの息子だわ」と確信し震える。

最終試験は「彼を探し当てる」こと。これがどんな狩りより難しいと語ったカイトの言葉を思い出すゴン。親父に会いに行くという強い思いを胸に、ゴンは生まれ育った村から旅立つのであった。村からはたくさんの見送り人が集まり、せんべつを渡されるゴン。

そしてあれだけ反対していたミトの姿もあったのだ。ジンがゴンを捨てたという嘘をついていたが、私が裁判でゴンの養育権をジンから奪い取ったとゴンに謝りながら謝罪するミト。

ミトさん、オレに嘘つくとき、絶対に俺の顔見ないもん、とウソだと気づいていたゴンは、泣くミトと抱擁をする。皆に別れをし、大きな船に乗ったゴン。大冒険の始まりである。

以下のリンク先で「ハンターハンター」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『ハンターハンター』を無料で立ち読み (^^♪




感想

ゴンの素直でピュアで、しかし誰もが想像もつかないことを成し遂げる力を持っていそうな、不思議の魅力を持つ姿に目が離せない。

まだ少年のはずが、時折見せる力強い目の光に、彼の前ではなにも嘘をつけないような、全てを見透かされてしまうかのような気持ちになってしまいそう。

しかしやっぱり少年は少年。ミトさんと別れる時、大好きなコンたちと別れるシーンは涙こそ描かれていなかったけれど、下を向いて思い切り走り出すシーンが、とても辛い決断だったのだなとわかってすごく泣けます。それでも自分の信じた道を突き進むゴンの姿に、勇気をもらえました。

人を疑うことを知らないようで、ものすごい観察力の持ち主というところもとても面白いです。少年ががらの悪い大人たちにもまれそうなシーンはとても心配になるけれど、なぜかゴンは大丈夫なんじゃないかという不思議な安心感があります。

それはゴンの持つ未知のパワーがあふれ出ているからでしょうか。それにしてもゴンのこれからの大冒険にワクワクが止まりません。

以下のリンク先で「ハンターハンター」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『ハンターハンター』を無料で立ち読み (^^♪




★マンガを無料で読むには★

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)

特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、
『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実です!
          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ