37.5℃の涙 最新刊15巻ネタバレと感想 最新話を無料でみる方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料絵つき37.5℃の涙が読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)で37.5℃の涙を無料で読む

37.5℃の涙 最新刊15巻のネタバレ

リトルスノーに所属する病児保育士の杉崎桃子が奮闘します。

Case55.

保育園に勤める新人保育士の小田達也は、きりん組の担当になります。そして、園児の光輝くんから「こんなヒョロヒョロしたせんせいやだ!!」「おとこはおとこらしくなきゃ…!!」と言われてしまいます。
病児保育で光輝くんを迎えに来た新田と知り合った小田は、新田のように“男らしく”なりたいと思い相談します。
小田は、小さい頃から裁縫好きで人形の服などを作って遊んでいたが「女みたい」と言われ、いじめられていたトラウマがあったのです。
しかし、新田の姉・潤(実は元男)と話す内に小田は、なりたい自分は何なのか考えます。そして“男らしく”ではなく“自分らしく”ということを考えていこうと決意します。
一方、光輝くんは、家で両親から“男らしく”を求められているのでした。

Case56.
決意した小田は、“自分らしく”なるために前に進もうと努力します。
ある日、光輝くんは、小田の作ったきりん組の皆の名前入りのタペストリーを見ると、自分も作りたいと言います。しかし、針を使うので親の承諾が必要なのですが、光輝くんは「ボクがやりたいこと、ママはいっつもダメっていやがるんだ…」と泣いてしまいます。本当は、光輝くんはおままごとや女の子と遊ぶのが好きなのでした。
新田に相談に行く小田。潤の「光輝くんが自身で判断できるようになるまで…色んなものをシャットアウトしないで見守ってあげてほしいなぁ…」という言葉に共感する小田ですが、それを言って母親が安心するのか、親子が笑えるようになるための答えを必死で考えるのでした。
暗い顔になっていく光輝くんをみて、小田は柴田さんと話します。すると「私が悪いんです…っ。ちゃんと…光輝を男の子として育ててあげられなくて…っ」と自分を責める柴田。
しかし、新田の言葉と小田の必死な想いと言葉に、柴田は光輝くんの好きなことをやらせてあげるようになるのでした。

Case57.
若くして母になった樋口は、9ヶ月の蓮くんを育てるシングルマザー。桃子が訪ねると、樋口は泣きながら出迎えます。たくさんのアレルギーを持つ蓮くんは、食べられる物が少なく、食べ飽きてしまってご飯を食べてくれないのでした。
一生懸命アドバイスをする桃子に、樋口は感動してまた泣いてしまいます。話せる人もいなくて一人で頑張っていたのです。ギャル系ショップの店員をしている樋口は、保育園のママさんから「ハデだから」と避けられてしまっていました。
ある日、桃子は卵アレルギーを持つ坂下真央ちゃんと蓮くんが同じ保育園だと知ります。坂下さんは、樋口のことは苦手な様子。しかし、桃子に言われて気になります。
蓮を迎えに来た樋口は、蓮がいるから大丈夫と自分に言い聞かせながら明るく振るっていました。帰り道、蓮がアナフィラキシーショック状態になり、桃子に助けられます。しかし、動揺して自責の念でパニックになった樋口に救いの手を差し伸べたのは、同じくアレルギーの子供のことで悩んだ坂下さんでした。
蓮くんの誕生日では、坂下がアレルゲン除去のケーキを用意してくれ、ママさんたちに囲まれて幸せな誕生日を迎える樋口と蓮くんなのでした。

Case58.

桃子は、朝比奈と小春ちゃんと一緒に誕生日プレゼントの旅行に来ます。小春ちゃんも一緒に考えてくれたプレゼントに感動し、2人が笑ってくれていることを一番嬉しく思う桃子なのでした。
そんな中、桃子は旅館で会った理緒ちゃんの表情が気になります。親の前では笑っている理緒ちゃんでしたが、何か我慢している様子。夜中、廊下で泣いている理緒ちゃんに桃子たちが気づきます。
理緒ちゃんは中耳炎の痛みを必死にこらえていました。両親が楽しみにしていた旅行に行けなくなることを恐れて我慢していたのです。それに気づいた両親は、理緒ちゃんに謝るのでした。

37.5℃の涙の最新刊を無料で読む方法

今回は37.5℃の涙を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。
U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録だけで、31日間も完全無料でマンガが読むことができます。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

37.5℃の涙 最新刊15巻の感想

今回のCase55~56は“らしさ”についてもそうですし、親の悩みを考えさせられるお話でした。

多様性を認められつつある現代ですが、親からしたら様々な思いがあるのでしょう。

周りから子育てに対して批判される不安というのもありそうですね。

新田くんの言葉の「結局今考えても意味ねぇから考えんのやめたら」はもっとも。ですが、まぁ、それが出来たら悩まないでしょう(笑)

結局のところ、親も一人で悩まず色んな人に相談したりしながら、広い視野を持つしかない。

だから、自分の気持ちを理解しようとしてくれる人の存在やサポートしてくれる人の存在はとても有難く、必要なんだと思いました。

理屈じゃなくて、気持ちのフォローも大事ですよね。

Case57のシングルマザーの樋口さんもアレルギーを持つ子どもの食べ物も不安など、一人で頑張っている中、それを共感したり話ができる相手がいることはとても大切で心の支えやストレス発散にもなると分かるお話でした。

Case58では、子どもは大人が思っている以上に、相手を思いやることのできる力を持っていることが分かるお話です。

そして朝比奈さんと桃ちゃんコンビが格好良かった!毎度思うけど、病児保育士って凄いわっ。

更にこのお話は、登場人物がそれぞれを大切に思い合っていて、心温まるお話でした。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
http://www.yellow-journal.jp/?p=

ここまで読んでくれた方だけにスペシャルな特典をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。