「図書館戦争 別冊編」40話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪お好み焼きパーティーで

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「図書館戦争 別冊」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




あらすじとネタバレ

本日は堂上家でお好み焼きパーティーです。
柴崎が提案した「今度みんなでお好み焼きパーティーしましょうよ」が公休が重なって実現しました。来たのは柴崎、手塚、小牧、鞠江ちゃんです。舌鼓をうつ面々。

鞠江がオカルトもいけるという事から柴崎が図書隊の都市伝説を披露しました。
「本が好きだったある青年の昔話。本を愛した青年はやがて図書隊に憧れ、体も鍛えた。けれど事故にあってしまい、叶うことはなかった。…今でもたまに噂を聞くわ、訓練中いつの間にか見知らぬ隊員が後ろを走ってる。
書庫で作業中、気付けば隣で見知らぬ館員が手伝っている。彼は少しはにかんで決まってこう話しかけてくるーーー『僕も仲間に入れてもらっていいですか?』と」
郁は話を聞いて悲鳴を上げます。
その後、ババ抜きをしたり、昔話で盛り上がったりしました。

「ーーーーーーさて。」
と、やおらまたお好み焼きを焼き出した堂上夫妻。手塚は何で焼き始めたのか分かりません。
実は柴崎と郁がお好み焼きパーティーを企画して話している時に進藤が「俺も食いたい」と言い出したのです。あれよあれよと噂は広まり、ついには隊長の玄田まで話が及び、タスクフォースの面々がやって来る事になったのです。

新隊員の安達と吉田も玄田に連れられて入ってきました。もうまとめて奢ることにした堂上。
堂上が焼いて、郁が配ります。
やっと終わり、ぐったりする堂上夫妻。
「定年退職したらお好み焼き屋で第二の人生ってのも悪くないな」と堂上。

「新隊員と言えば、今日知らない新隊員来てました」と郁。
手塚の班の隊員かなー?と首をかしげる郁でしたが、それは先程、柴崎が話した、はにかむ青年だったようです。
八月も下旬、夏の夜は更けていくーーーー。

吉田が柴崎にぽやーと惚れて帰寮すると
「ヤッべえもんが送られてきた…!」と色めき立つ同室の隊員たち。

次号に続きます。

以下のリンク先で「図書館戦争 別冊」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

お好み焼きパーティー、いつものメンバーが揃って楽しそうにパーティーが進みます。
仲が良くて羨ましいメンバーです。

それはいいとして、なんとタスクフォースの面々まで出揃うとは恐れ入りました。
タスクフォースは50名ばかり居ますから、ほぼ全員にお好み焼きを振る舞ったのでしょうか。
緒形副隊長もこっそり紛れ込んでいました。
そしてその中に紛れ込んでいた幽霊の青年。
嬉しそうにしていたので、少しは供養になったのでしょうか。

大人数に振る舞ってさすがに疲れる堂上夫妻。
郁ははにかむ青年に実は会っていたと気づいたら、どうなることでしょうか。

手塚は柴崎のストーカーのことをまだ気にしています。もう大丈夫と落ち着いた柴崎。
やっと平穏な日々を取り戻しつつありますが、最後に吉田の部屋に届いた写真が気になるところです。
次号3月号(1月24日発売)に続きます。




★マンガを無料で読むには★

定番人気作品から隠れた名作まで日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!! 無料漫画・電子コミックが2500作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ