ドメスティックな彼女 最新話237話の漫画ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で絵つきドメスティックな彼女が読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)でドメスティックな彼女を無料で読む
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

ドメスティックな彼女 最新話237話の漫画ネタバレ

「せめて一緒に」

カフェに来ている夏生は、サークルでの出来事を同席している蔦谷に話していた。

話を聞いていた蔦谷は学生時代に戻りたくなると呟く。

「せっかく会いに来てくださったのに蔦谷さんにできるいい報告がなくて申し訳ないです」

と夏生は謝ると、蔦谷は気にしておらずただ世間話をしに来ただけと、桃源の手伝いを続けている事へのお礼も兼ねていると言うのだった。

夏生は最近、桃源と遠出の取材をしに行って山登りをしたと伝える。

蔦谷は桃源が昔山岳部だった事を伝えると、もしかした夏生の事を実の息子のように思っているかもしれないと言う。

その頃、働いている陽菜だが表情はさえなかったので同僚の漆原が声をかける。

陽菜の表情がさえないのは、もしかしたら彼女が出来たのかもしれないと思っていてそれを問い詰めるのに気が引けていたからだった。

それならと漆原はカマをかければいいとアドバイスし、その時の言い方も陽菜に伝える。

「ねぇナツオくん 私に秘密にしてること あるでしょ ほら特に合宿らへんに何か…ねぇ?」

と陽菜は早速、帰ってきた夏生に対して尋問した。

勘づかれたと感じた夏生は気づいてくれた陽菜を褒めると、新しい一歩を踏み出せたと言うと同時に芹沢の事だと思った陽菜はビクリとした。

話を聞いていくうちに恐らく行為的な事ではないかと思った陽菜は白目をむき始め、しまいには夏生がここでしてみせようかと言った時には驚きを露わにしていた。

「教えてくれグレース マダムは何を隠してる?君ほど近しい人間なら少し気づいてるだろう 彼女の正体に」

と夏生は演技をしたが、陽菜にとっては何が何だかさっぱりだった。

夏生は事情を説明して、演技が以前より上手くなって演者として芝居できるようになったと言うと、陽菜は自分が思っている事ではなかったので安堵しつつ、大きな声でドキドキしちゃったと言うのだった。

翌日、陽菜はラマンのマスターとミサキに昨日の夏生の話を嬉しそうに話していた。

聞いていたマスターは夏生はそろそろ20歳になるのだから、縛り付けちゃ駄目と警告した。

「私はいつでもナツオくんの幸せを願っているだけですから ねぇ」

と陽菜はミサキに同意を求めるように言うと、ラマンから去っていった。

ミサキは一連の会話から陽菜が夏生に好意を抱いている事に気づいていた。

マスターはミサキに夏生と陽菜の事を話し、自分に言い聞かせて気づかないようにしていると言うのだった。

その頃、陽菜は夏生と出会った時の事を思いながら、神様に夏生が幸せになるようにと祈るのだった。

そして夏生は大学での講義、サークル活動、陽菜や桃源の手伝いなどをこなしていく。

やがて夏生は誕生日を迎えていた。

今日は陽菜だけだったが、日曜日は両親も呼んでお祝いすることにし、まずは20歳になった記念に陽菜から勧められてシャンパンを飲んだ。

それから陽菜からネクタイを受け取った夏生はお礼を言うと、シャツと合わせてもいいかと聞く。

許可を得た夏生は早速つけようとするが、やり方を忘れてしまったので陽菜が代わりにつけてあげることになった。

(こんなこともあろうかと動画で確認しといてよかった!)

と陽菜はこのように思いながらネクタイを締めていく。

やがて出来ると陽菜は似合うと言い、夏生は高校の最初の頃と行事の時にしかしてなかったから結び方を覚え直さないと呟くのだった。

フミヤが夏生の高校デビューのプロデュースをしてくれたことを知った陽菜は、何で教えてくれなかったのと聞く。

「いやほらだってあの時は先生にカッコつけていたかったし…」

と夏生は顔を赤らめると、陽菜もまた顔を赤らめていた。

いいムードになりかけた時、夏生のスマホが鳴り、かけてきたのは瑠衣だった。

ドメスティックな彼女 の最新話・最新刊を無料で読む方法

今回は ドメスティックな彼女 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)でドメスティックな彼女を無料で読む
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

ドメスティックな彼女 最新話237話の漫画感想

陽菜はまだ夏生に好意を抱いていたんですね。

今のところは大丈夫そうですが、もしまた関係を持ったりしないかなと不安に思います。

瑠衣から電話が来ましたが、一体何なんでしょうか?

大方、誕生日の事と仕事の事を報告するのではないかと思いますが、陽菜がいるのでひと悶着起きそうな気がします。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

ドメスティックな彼女 最新話238話の漫画ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

ここまで読んでいただいた方限定でもう一つの漫画が無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。