八雲立つ 灼 あらた 10話あらすじとネタバレと感想 漫画を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐにお得に八雲立つ 灼 あらたが読めますよ。

↓ 「八雲立つ 灼 」と検索して漫画をお得に楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画をお得に読む<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

八雲立つ 灼 あらた 10話のあらすじとネタバレ

背後に浮かんだ邪気に振り向く闇己。
しかし、そこには蘇嶋がいるばかりで消えてしまいました。

(何かがいた。おぞましい邪気を放つモノ。
そいつは確かにうしろで笑っていたーー)

蘇嶋の本家についた闇己たち。
祀られている社を見つけます。

屋敷神と呼ばれ、大切に祀られているのに神様がいないのです。
神が消えるのはめずらしくはないそうで、不必要な金儲けに走ると消えてしまうそうです。

闇己が引っかかるのは消えたのが”屋敷神”だからです。大事に祀られていて消えるはずがないのです。

この家に問題があるのだろうかと七地は思います。

ヲナリとは九州から沖縄にかけての信仰で兄弟を守る姉妹の霊威を意味するそうです。

そこに若比古が出迎えに来ました。
何故蘇嶋を養子にしたかというと、亡くなった父親が引き取ったそうです。
その後、若比古の養子になったのでした。

若比古は闇己と話しているうちに、闇己のオーラを感じ取ります。そして威圧感も。

(まるで人間ではないモノと相対してるような。この非現実感。これこそ我が一族に必要な者じゃないのか!?)
ヲナリには疑問を持っていたが、闇己ならヲナリと言われても納得ができると思います。

若比古は闇己に頼みがあると話します。
ヲナリは代々末子の妹が巫女を務めてきました。けれど本来はコトシロヌシと呼ばれる男巫覡が本流でした。
奇子は本流に戻すべきだと蘇嶋を次期ヲナリに推しています。
ヲナリとは蘇嶋の実権を握ることになります。
そんな蘇嶋が問題を起こしては困るから支えてやってほしいというのが願いでした。

若比古にすっかり気に入られた闇己を見て笑う蘇嶋。

若比古は闇己をヲナリにすればいいと考えていました。妾腹の妹に何もかも決められるのはもうウンザリだったのです。

奇子は七歳の時にヲナリに選ばれました。
神の声は聞こえていなかった奇子。
その後、逃げ出して家に帰ると母親は首を吊っていました。

「あああぁっ」
悪夢に泣きながら目覚める奇子。

奇子は母親は一族の者に殺されたのだと考えていました。
そして復讐のためにヲナリを演じてきたのです。

(あの市哉、本当に気持ちが悪い。気味が悪い。きっと恐ろしい事になる。あのおぞましい子にこの家を渡して蘇嶋を潰してもらうわ…)

八雲立つ 灼 あらた の最新話・最新刊をお得に読む方法

今回は八雲立つ 灼 あらた を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「八雲立つ 灼」と検索して漫画をお得に楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画をお得に読む<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

八雲立つ 灼 あらた 10話の感想

闇己が感じた邪気は蘇嶋と何か関係がありそうです。

そして屋敷神が消えた蘇嶋家。

若比古は闇己をヲナリにしようと考えだしてしまいます。

奇子は巫女ではなく、復讐に燃える女性でした。

蘇嶋に感じるおぞましさ。

蘇嶋はいったいどういう人間なのでしょうか。

次号2月号(12月28日発売)に続きます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




\comming soon/





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。