プレイボール2 無料で最新刊を読む方法 漫画56話ネタバレと感想

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに最新話の プレイボール2 が無料で読めますよ。

▼「グランドジャンプ 2019年 19号」と検索してプレイボール2 56話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画56話ネタバレ

「試合の流れの巻」

「やっと“第二”での試合が終わった…」

「早くしないと“第一(コッチ)”も終わっちゃうぞ」

とたった今試合を終えた川北商業の野球部が、次の試合で当たるであろう墨谷の試合を見に向かっていた。

墨谷高の応援席へと向かうと、大飛球がライトに飛んでいる光景を目撃していた。

片瀬はボールの落下地点に入ったが、捕れるかどうか不安に思っていた。

それでも捕ろうとグローブを上げるが、途中でやめてしまう。

何故ならライトへと飛んだ大飛球はホームランだったからで、これで大島は同点に追いついた。

グラウンドの雰囲気から川北商業の面々も、墨谷が同点に追いついたんだと察していた。

内野陣は集まり、倉橋は今のホームランは完璧だったから仕方ないと思っていたが、谷口に問題があると思っていた。

理由は今日登板した松川、イガラシ、井口の中で一番球威がなく、しかも3年生の責任感で火消しを出たのはいいがその判断を迷いながら下したからだった。

川北商業の監督を務める田淵は今ホームランを打たれたのは谷口かと墨谷の生徒に聞き、生徒から試合は勝ったのかと聞かれると12対0でコールド勝ちしたと言う。

そして生徒は今の墨谷が何処かギクシャクしてるみたいだと田淵に言うのだった。

その頃、グラウンドにいる倉橋は自分達はシード校だがそれでも自分達は弱者の集まりだと、谷口の4人のピッチャーを回していくという作戦も悪くはないから限界があったと思っていた。

「まだ まだあきらめない!」

と谷口はそう言うと、倉橋は内心でそれがお前の専売特許だもんなと呟く。

そして自分が投げようかと申し出たイガラシを、また谷口の判断が鈍るのを恐れて出しゃばるなと叱責する。

この事から谷口はこの回は自分で投げ切ると言い切って、全員がポジションに戻る。

(「最後まであきらめない」 谷口…オマエのモットーが大好きだよ 高校の最後…ちょっとカッコ悪かったかもしれないがこれが現実ってモンだよな…もういい!最後の最後はオマエの好きにするのが一番いい)

と倉橋は心の中でこのように思いながらポジションに戻る。

一方、観客席で見ていた田淵は去年は自分達との練習試合で大敗した墨谷がシード校になって、東実と聖陵を倒したのだから手強いと思っていたが、打撃はいいが投手力が弱い大島に苦戦するようでは大したこと無いと感じていた。

なので選手達には墨谷は負けたも同然だから、大島を注意して見るように命じた。

その間に谷口がバッターを押せて8回裏を終わらせていた。

ベンチに戻る際、谷口はイガラシに延長戦にしたくないから9回表で勝ち越すから、その裏に投げるように命じた。

大島のベンチでは同点に追いついたのか、大島ナインが勢いよく飛び出してポジションにつく。

墨谷の方は谷口を中心に円陣を組み、丸井が打席に立とうと向かう。

谷口の元に井口と片瀬がやって来て、自分達の失態を謝るが谷口は今は試合に集中しろと叱責する。

打席に立った丸井だが試合の流れが大島に来ているので、何とかこっちに戻そうとしているのか、かなり焦っていた。

そして大島のピッチャーが投げたボールを打ち返すが、ピッチャーライナーになってしまうのだった。

球場全体が試合の流れが大島に行っていると思っているが、谷口だけはまだ諦めていなかった。

無料でプレイボール2の最新刊を読む方法

今回は プレイボール2 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「プレイボール2」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画56話の感想

谷口に球威が無いのは、先日半田の練習の際にいっぱい投げたせいでそれによって疲れが溜まっていたのだと思います。

球場全体に大島が勝つだろうみたいな空気がありますが、谷口はまだ諦めていませんのでもしかしたらイガラシ達に焦って打たず、コツコツ繋いでいけと指示し、全然試合を諦めていない谷口の思いが彼らに乗り移って一気に勝ち越す展開になるのではないかと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




プレイボール2 漫画57話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。