「ぼくは地球と歌う」28話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話では未来路の外見が

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「ぼくは地球と歌う」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




28話のあらすじとネタバレ

アメリカ・ボストンのEPIAにやって来た輪。アポ無しでやって来たので未来路がつかまりません。ぼーとしてると、ソルがやって来ました。
「未来路ねぇ、アイツ今…、うーーーーん」
ニヤリと笑ったソルはま、いっかと案内してくれますが、輪に何故かアイマスクをして案内します。曰く、”儀式”だとか。

アイマスクをしたまま輪は待ちます。
そして輪に伸ばされた手。
「未…ーーーーーー」
と言った瞬間、バシュっと大きく飛ばされます。

「もしかして此処って…、未来路とタイマンを張った……因縁の寺じゃねーのか?」

「別に此処にするつもりはなかってんけどな
化学反応を起こす前に始めの瞬間だけ輪くんと道つけて着地点を自然に任せたらここへ出ただけや」

「こんな七面倒臭え会い方すっからだろ?大体なんでーーーーーー」
と輪が振り向くとそこには別人になった未来路がいました。

「…な…何そのイメチェン。なんで黒髪にした?つかなんでお前、肌、浅黒い!?
まるでっまるで、それじゃっ
…シ……紫苑みたいじゃねーか!!」

「…ああ…へえ、すんません。実はこれには色々事情がありまして…
実は俺、EPIA辞めたんですわ」

辞めたんですわと言う言葉にショックを受ける輪。

ところ変わって学校です。
カプつんが「さあ、蓮っ、吐け!!」と意気揚々です。
笑う蓮。カプつんが書いた関係図にロジオンと書き足します。ロジオンの横には大罪人とも。

「『黒聖歌』って禁断の歌を歌ったせいで大勢の人が死んだんだ。星の住人まるごと」

「解った、了解
うーん、けどさ、カン違いすんなよな?
お前は罪人じゃないから。
前世は前世だ。終わった事として聞く。
僕が知ってる蓮はそんなことしねーもん」

「そーやで、蓮!!」とカチコ。

「昨日、お母さんがね、ぼくにもう黒聖歌は歌わないでいいからって………言ったんだ。
ロジオンの罪の意識のせいで、美女もイケメンも…視れなくなったって……昨日判って…
…すっげぇ泣いた。
かけがえのない…家族だったんだって、本当に今になって…………会いたいよ。
会いたくて
会いたくて、仕方ないよ」

「月基地にアクセスしたら視えるようになるんだろ?」

「…どうかな…ロジオンを罪の意識を昇華させないといけないんだと思う…」

カチコがペンを奪って書き足します。
“ヘンルーカ”と言う名前。

「…うん、この間、おじさんとモメ合った人だよね?」

「そう、そのヘンルーカを目覚めさせたのが黒聖歌なんや。
そんでこの女が、月組の故郷、壊滅させたらしいねん」

「…つまりその娘が地球に…今居るから…
…ヤバイ…?…って事?」

「でも、ヘンルーカはそんな娘じゃないんだよ!」

「そーなんよ、蓮ずーっとこうやねん。
月基地アクセスしてこの問題ハッキリさせへんことには…
…前に進まへんのや」

以下のリンク先で「ぼくは地球と歌う」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最新話の感想

ボストンへはるばる未来路を訪ねに行ったのになかなか会えない輪。

ソルに連れられてようやく会うことが出来ました。

しかし、未来路の外見に変化が。

なんと紫苑そっくりになっていたのです。

そしてEPIAを辞めたと告げる未来路。

いったい未来路の身に何が起きたのでしょう。

そして今までの出来事をカプつんに告げる蓮。

お前は罪人じゃないと力強い言葉をもらえます。

しかし残る問題はたくさん。

月基地を破滅させたヘンルーカの問題があります。

ヘンルーカはそんな娘じゃないとかばう蓮。

いずれにせよ、月基地にアクセスしなければ解決しないようです。

蓮は木蓮と紫苑に会えるようになるのでしょうか。

4月号(2月28日発売)に続きます。




★マンガを無料で読むには★

定番人気作品から隠れた名作まで日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!! 無料漫画・電子コミックが2500作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ