プレイボール2 無料で最新刊を読む方法 漫画57話ネタバレと感想

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに最新話の プレイボール2 が無料で読めますよ。

▼「グランドジャンプ 2019年 20号」と検索してプレイボール2 57話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画57話ネタバレ

「バットは振り抜け!の巻」

9回表、ワンナウトランナー無しでイガラシを迎えていた。

イガラシは大島の小金井が投げる球を思いっきり打ち、打球は三遊間を抜けそうになっていた。

しかし、大島のショートが打球をスライディングキャッチで捕るとすぐに立ち上がってファーストへと投げ、イガラシもヘッドスライディングをする。

ファーストミットにボールが収まったのも、イガラシの手がベースについたのもほぼ同時に見えるが結果はアウトになった。

これによって大島サイドは更に士気が上がり、観客席から見ていた川北商業の監督である田淵は試合の流れは今大島にあるからこの流れは絶対に返ってこないと呟く。

谷口はベンチに戻ったイガラシにキャッチボールをするように言うと、打席に入る、

ネクストサークルに入った倉橋は谷口はこの9回表で勝ち越して9回裏で終わらせようとしているのだと察する。

谷口は何としてでも塁に、最悪ツーベースヒットを打とうと心の中で意気込んでバッターボックスに立っていた。

(「ツーアウトランナー1塁」じゃ点が入る確率は低い 「ランナー2塁」にして“倉橋の一本”を期待する)

と思いながら谷口は小金井が投げたボールをバットに当ててライト方向に飛ばすが、ファールとなってしまう。

倉橋からバットを受け取った谷口は再度打席に入るが、その様子を見た半田は肩に力が入っている事に気づく。

谷口は再度ライト方向に打つもまたファールになってしまう。

そしてベンチから出てきた半田は谷口にタイムをかけるように言い、谷口は審判にタイムを要求する。

半田は差し出がましいと前置きを言いつつ、肩に力が入りすぎていてそんな状態じゃ打てるものも打てなくなると言い、谷口も言っている事は尤もだと思っているのか何も言えなかった。

「“結果”を出すための“逆算”をした方がいいと思います」

と半田は助言する。

半田曰く打つよりも2塁へ走ろうと言う事に神経を割いていたらバッティングの体を成してなく、芯でコツコツは振り切るバッティングではないが振りぬかないと意味がないと事。

話を聞いた谷口は審判に絆創膏が剥がれたという名目でベンチに下がり、半田は谷口に竹バットを渡す。

谷口は素振りをし、肩に力を入れていたら結果は出ないと確信し、竹バットは真芯に当てるためだけに使っていたわけじゃないと半田に言う。

そして半田から金属バットは芯が広くて反発係数は高いがスイングは完結させないと言われた谷口は基本を忘れていた事を思い出し、半田にお礼を言ってベンチから出ていき、バッターボックスに入る。

小金井は試合の流れを断ち切ろうと長いタイムをしたのかと思っていた。

(田所メモによると…エース小金井は追い込んだ直後のボールは100%変化球だ)

と谷口は思いながらスライダーを待っていた。

谷口の様子から観客席にいた田所は長打を打つ気満々なのを感じ、田淵は長打は出ないと判断して小金井が何を投げるかよく見ておくように選手達に言う。

そして小金井は投げ、谷口は打とうとバットを振るも球の球速からストレートだと感じ、振り遅れて空振ると思っていた。

そこからシュートになり、谷口は曲がった分スピードが落ちたからバットに当てれると思い、振り抜けばファールゾーンに飛ぶと思ってバットを振り抜いた。

その結果、打球はポールに直撃して勝ち越しホームランとなった。

無料でプレイボール2の最新刊を読む方法

今回は プレイボール2 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「プレイボール2」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画57話の感想

ここまでの大島戦は半田の貢献が大きいなと思いましたね。

半田の打順を繰り上げたから早い段階で大量点を取る事が出来ましたし、今回も谷口にアドバイスしなかったらもしかしたらサヨナラ負け、良くて延長戦に突入したはずでしたからね。

勝ち越しホームランとなったので流れは再び墨谷に戻ったと思いますので、次回イガラシがナイスピッチングで大島打線を抑えるのではないかと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




プレイボール2 漫画58話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。