キャプテン翼ライジングサン 99話ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で絵つきキャプテン翼ライジングサンが読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)でキャプテン翼ライジングサンを無料で読む

キャプテン翼ライジングサン 99話のネタバレ

「ドイツ逃げ切り作戦」

「アディショナルタイム 遂にドイツボールになってしまった」

と実況がこう言い、続けてずっとマイボールのまま攻め続けたかった日本はここに来てもう一度相手ボールを奪い返さなければならなくなったからきつくなったと言う。

「よーしゲーテ そのままサイドライン際を上がれ!!そして敵陣でボールキープだ!!」

とカルツの指示を受けたゲーテはサイドライン際を駆け上がっていた。

そこへ三杉がやって来て、彼を止める。

鬼気迫る三杉の表情を見たゲーテは凄い気迫だと感じ取り、更に石崎も追いついてきたので挟み撃ちにされてしまう。

日向達はすぐさまボールを奪い取るように言うが、ゲーテは苦し紛れにパスを出す。

そのパスを受けたのはついさっきまでゴール前にいたはずのシュナイダーだった。

(ラッキー シュナイダーが上がってきてくれた 現時点の大会得点王でありさっき見せた守備力もある 技術・パワー・スピード メンタルも強くこの脚力にスタミナも兼ね備えている まさにオールラウンドのまさにパーフェクトなサッカー選手 この男こそ今大会の最高峰の選手なのかもしれない)

とゲーテは思っていた。

現在、ドイツが何とか1点をリードしている展開でこのまま守り切ればドイツの勝利は確定する状態にあった。

そんな中、シュナイダーは森崎の位置が前に来ている事を見抜くと、元来のストライカー気質が目覚めてしまい、超ロングシュートを放った。

これが決まればドイツの勝利が確定するので、森崎は慌ててバックステップを踏む。

若島津を始めとした日本側は何とかボールを取ってくれと言わんばかりに森崎の名前を叫ぶ。

その思いが届いたのか、森崎は指先一本でシュートの軌道を変える事で防いだ。

チームメイトはナイスだと言うが、森崎は弾き出すのがやっとだと苦い表情をしていた。

これによってアディショナルタイムは残り3分となった。

シュナイダーの元にカルツがやって来て、ここは最初の作戦通り無理に攻めずに全員守備で逃げ切ると言い、シュナイダーは同意し、ストライカーの本能としてシュートを撃った事を謝った。

ドイツのコーナーキックから試合が再開されるのだが例の作戦でボールを蹴るゲーテはゆっくりコーナーフラッグへと向かっていた。

更にマックスもそっちに向かうとお互い時間を稼ごうと給水をし、それを審判は遅延行為とみなしてイエローカードを提示する。

(このイエローカードも覚悟の上での時間潰しだ いい仕事だゲーテ マックス この間ワシらは息を整えられるしな)

とカルツは心の中でこのように思っていた。

コーナーキックで試合が再開され、ボールキープをするゲーテとマックスからボールを奪おうと石崎と三杉が向かいが、ボールが石崎の足に当たってフィールドの外に行ったのでドイツのスローインとなる。

ゲーテとマックスはこの場から離れ、代わりにマーガスとシェスターが向かう事で時間を稼ぎ、更にドイツはマックスからミレウスにチェンジする事で時間を稼ぐ。

これらの行為によってアディショナルタイムは2分になり、日本側の脳裏に負けの文字が浮かぼうとしていた。

「最後の最後まで絶対に諦めないぞみんなァ!!」

と翼はこう吼えて、皆を鼓舞する。

ドイツのスローインで試合が再開され、葵がマーガスの股をすり抜けてボールを奪い、シェスターが奪い返すもボールはフィールドの外に行き、審判の判定は日本ボールになる。

三杉がすぐにスローインして石崎のボールが渡ったと同時に、アディショナルタイムは1分となった。

石崎は同点にするためには翼と岬のハイスピードトルネードスカイアルファに賭けるしかないと判断して、彼らの元にパスを出すのだった。

キャプテン翼ライジングサン の最新話・最新刊を無料で読む方法

今回は キャプテン翼ライジングサン を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)でキャプテン翼ライジングサンを無料で読む

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

キャプテン翼ライジングサン 99話の感想

ドイツの作戦は傍から見れば卑怯にも感じますが、理に適ってもいると思っています。

シュナイダー達は以前翼達に煮え湯を飲まされているので、油断する事なくどんな手段を用いても勝つんだと言う思いでやっているのではないかなと思います。

そして日本は翼の檄があったから、葵のプレーがあったと思うので翼がいなかったら負けていたなと思いましたね。

次回は翼と岬が必殺シュートを撃つと思いますが、彼らの近くにカルツがいたので妨害されるのではないかとも思いました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




キャプテン翼ライジングサン 100話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。