大奥(よしながふみ)5巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪

あらすじ

5代将軍綱吉の治世、御台所鷹司信平に招かれて大奥にやってきた右衛門佐は、信平の御中臈であった秋本を自身の右腕として抱え、大奥総取締として辣腕を振るい始めます。

家柄と血筋だけはあっても、その日の食事にも事欠くレベルの生活で、彼は身売りに近いことを母たちに強要されてきたのです。

美貌と勉学によって磨かれた才能は、しかし、京の女たちにとっては格好の子種でしかなく、夜這いを生業とするようなみじめな日々から解放されて、今は誰はばかることもなく、好きなように生きられるのだと実感していました。

家光は将軍として多忙を極めながらも、跡取りの松姫を大切に慈しんでいました。唯一の子供である松姫の存在が、彼女の支えでもあったのです。

そんな彼女の知らない所で、右衛門佐に脅威を感じていた家光の父桂昌院(玉栄)は他の男を都から呼び寄せて右衛門佐や御台所の権勢を追い落とそうと画策し、大典侍という男がやってくるのです。

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

大奥(よしながふみ)4巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪




ネタバレ

世の中が平和になってきたからなのか、逆に、大奥の内部での権力闘争が激しさを増すようになってきました。綱吉の側室の数が目に見えて増えていき、そのために大奥に多大な財政負担が生じるという、爛熟期に突入していったのです。それでもまだ、世継ぎの松姫の存在があるうちはましでしたが。

ある日、その松姫がふっつりとその命を落としてしまうのです。世継ぎをもうけねばならぬ、と、綱吉に課せられたプレッシャーは、その心の均衡を崩していきました。

ただでさえ我儘で気まま、悪意なく他者の心をかき乱すような魔性を秘めていた彼女の行いは常軌を逸していきます。それを後押ししていったのが父親の桂昌院(玉栄)でした。

もし綱吉に子が授からなかった場合、将軍の座は甲府宰相綱豊の血筋へと移ってしまうのです。桂昌院にとっては、綱豊の父親がライバルだったお夏であることがどうしても許せないのです。

そのため、毎日のように繰り広げられる綱吉のための乱痴気騒ぎは目も当てられないほどになっていきました。身分を問わず彼女の前に並べられる男たち、そして日々彼らに夜伽を申し付ける綱吉。

騎馬戦を繰り広げる大勢の男衆の賑やかな様子を見て綱吉は言います。『太平の世であれば、戦などこの程度で十分』と。

そして、古くから大奥に仕え続けている御祐筆の村瀬もまた言うのです。『どんなにこの元禄の世がバカバカしくても家光公の殺伐とした御代の方が良かったとは決して思わぬ』と。そうまでして毎夜男をあてがっているというのに、どうして子供を授からないのか。

桂昌院は、かつて自らを『天下人の父になる相を持っている』と言っていた僧・隆光を重用するようになっていましたが、彼が問うたのは『かつて若いころに殺生をしたことはないか?』ということです。玉栄と呼ばれていた若いころ、かれは家光の飼い猫を、有功に害をなす男に罪を着せるために殺したことがありました。

自らの行いのせいで、世継ぎを授かることが出来ない、と思った桂昌院はさらに隆光にその打開策を問い、『生き物を大切に庇護せよ、ことに綱吉と柳沢吉保が戌年のため、犬を重点的に保護せよ』との答が返ってきたのです。これが、世にいう『生類憐みの令』の発端だったのです。

世の中が静かに歪んでいき、犬のせいで人が死ぬような逆転現象までもが多発するのです。人々の不満は蓄積し、爆発寸前だったころに大きな事件が起こります。

世に『忠臣蔵』として知られた赤穂藩主浅野内匠頭と吉良上野介の諍い、そして仇討という衝撃的な事件は、判官びいきを好む江戸の民によって脚色され、真実ではない事柄が加速度的に広まっていったのです。

そんなある日、ながらく大奥を辞していた有功こと永光院が桂昌院のもとを訪れます。玉栄と有功の関係は、綱吉(徳子)を得たことで逆転していたのですが、しかし玉栄は藁にも縋る気持ちで有功を呼んだのです。

二人の間には『子を持つ者』と『持たぬ者』の厳然たる違い、そして事実がありました。老いた二人の間には、もう同じ想いを持つことはあり得なかったのです。

老いたのは彼らだけではありません。右衛門佐も、吉保もそして綱吉も。修羅の日々を生きながら、年を重ねていたのです。

そんな中で、綱吉のもとを訪れた母子がありました。その娘は『信(のぶ)』。後の徳川吉宗となる快活な少女との、それはたった一度の邂逅だったのです。

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪

感想

玉栄=桂昌院の老いをここまで克明に描く、というのは凄いことだと思います。可愛らしかった少年が、この世界に引きずり込まれて意図せず『天下人の父』となり、老いさらばえていく様子は、恐怖でしかありません。吉永さんの画力のすさまじさが現れるのが、こうした人の『経年』の様子なのです。

そして、この巻の後半に行くにしたがって、綱吉にも容赦なくその『老い』が迫り、それでも父の命に逆らえず、男たちを受け入れさせられる哀しみが、その目元や口元に刻まれた皺に現れていくのです。

この巻で、歴史的な事象として特筆すべきは生類憐みの令と忠臣蔵です。ことに、忠臣蔵の描き方そのものがまさにこの男女逆転大奥の真骨頂ともいう出来事でした。

浅野内匠頭が男性で、女子ばかりの幕府の中で虚勢を張っている若い大名であり、吉良上野介が老獪な婆の姿であること、その力関係の微妙な在り方などが、実に見事に描かれています。

その結果、綱吉は『武家』の統領でありながら、このような事態を引き起こした『男』に対して憤り、大名家の跡目相続から男子を外すという決定を下します。

女性が世の中を動かすことで戦が無くなる、という、戦乱を経てやっと安定する時代に手が届いたのか、と思われる出来事だったはずなのですが。残念なことに、この当時、既に綱吉の評判は地に落ち、人々は世が正される時を心待ちにしているのです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

大奥(よしながふみ)6巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪




★マンガを無料で読むには★

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)

特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、
『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓