『サガラ~Sの同素体~』1巻2話のあらすじとネタバレと感想!試し読みはコチラ♪

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「サガラ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『サガラ』を無料で立ち読み (^^♪

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

『サガラ~Sの同素体~』1巻1話のあらすじとネタバレと感想!試し読みはコチラ♪





2話『A26号事案』のあらすじとネタバレ

帰国した官房審議官の真藤は、直属上司である深松内閣官房長官に今回の事案に関する状況説明として、中心人物の成瀬完治とその背景を語っていました。
防衛大学校を卒業し、陸上自衛隊で三等陸佐まで務めた成瀬は陸自でも最高級の指揮官と呼ばれるほどになっていました。
その父親は『成瀬産業』という日本を代表するコングロマリットのオーナーであり、霞が関(政府関係者)にも賛同者がいる、そんな成瀬が中東を中心に実戦に身を投じており、そのシンパ200名が同様に戦闘を経験して日本国内に戻っているというのです。

その手口は、メンバーを民間警備会社(PMC)の関係者として扮装多発地帯へと送り込むというものですが、それはビジネスとしては危うく、また、看過できなレベルでした。
その情報は、国内からではなく、イスラエルからもたらされたものだったのです。
背後には米国、CIAが絡んでいます。
むしろ国内では政府・警察・自衛隊のどこに成瀬の協力者が存在し、暗躍しているかも不明なために、情報を共有する人員も最小限に留めなければならず、そのために“彼=サガラ”を単身呼び戻すことになったのです。

真藤は、なぜ“彼”をその任務に抜擢したのか、その卓越した能力を見出すきっかけになった事件のことを語ります。
覚せい剤を常用していた男が子供を人質に立てこもったとき、“彼”は凶器の刃物を手でつかみ、窓から諸共に引きずり落とし、最短距離で解決に導いた、というのです。
“サガラ”という名を聞いて、深松は彼を『粗暴なだけの男ではない』と悟りましたが、彼に託された任務の重さと、その孤独を思うのです。

東京に降り立ったサガラは、古い雑居ビルの一室に向かいました。
帰任を申告した彼に、真藤は拳銃やパスポートなどの装備を授け、たった一人の『幽霊警察官』としての任務を申し渡すのでした。

以下のリンク先で「サガラ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『サガラ』を無料で立ち読み (^^♪

↓↓↓コミックで読みたい方はこちらがオススメ↓↓↓

感想

その正体どころか、本名や年齢までもが全く明かされていない彼=サガラに対し、恐らく敵対することになるだろう対象者の成瀬完治に関する情報は詳らかに語られました。
名家に生まれ、自らの意思なのか、それとも親や第三者の意向があったのか、彼は防衛大学校に進学し、若き指揮官として名声を得るまでになっていたのです。
そんな彼が、いったい何を思い、陸上自衛隊を辞して中東で戦闘行為に及んでいるのか。
見えていない氷山の水中部分の大きさにぞくぞくする流れですね。
多くの仲間や部下を従えた成瀬と、まったくのスタンドアローンで対峙するサガラとのまさに正反対の在りようは、今後の展開のネックになっていくことでしょう。
タイトルの『A26号』とは現行憲法発効後に起こった国家転覆などの重大事案の26番目、警戒レベルAであることを示しています。

真藤のコードネームは“マタギ”。
彼によって、サガラは日本の社会の裏側で暗躍する力を得たのです。

以下のリンク先で「サガラ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『サガラ』を無料で立ち読み (^^♪

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

『サガラ~Sの同素体~』1巻3話のあらすじとネタバレと感想!試し読みはコチラ♪




★マンガを無料で読むには★

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)

特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、
『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ