2017年1月16日

【無料記事】ベッキー「遠い完全復帰」でも「余裕綽綽」の理由

bekki2017-01-16 16.24.33

 ミュージシャン・川谷絵音(28)とのいわゆる「ゲス不倫」は2016年1月7日に発売された『週刊文春』に掲載された。

 それから1年が経過し、川谷絵音は事務所を退所し、ベッキーは1月15日、フジテレビ系の北海道文化放送の新情報番組「北海道からはじ○TV」(日曜午後1時)の初回生放送で司会を務めた。

 この時点で2人の明暗を観点とした記事は、スポーツ新聞を中心として少なくなかったが、実は更にベッキー側には「隠し球」があるという。

 たとえ、かつてのようにテレビやCMで圧倒的に露出をなし遂げられなくとも、確実で安定した収入を得られる〝新金脈〟を発見したらしいのだ。
■――――――――――――――――――――
【写真】ベッキー オフィシャルファンクラブアプリ『ベッキー♪パンジーひろば』宣伝サイトより
https://www.becky.ne.jp/upri.php
■――――――――――――――――――――
 実際のところ、ベッキーを取り巻く状況は決して改善されていない。依然として厳しいままだ。「ゲス不倫」騒動の起きる前に、最も多くレギュラー起用していたのは日本テレビなのだが、記者会見で同社の編成局長は「検討もしていない」として、ベッキーのレギュラー復帰を完全否定している。スポーツ紙芸能デスクが解説する。

「実のところ、会見での完全否定とは裏腹に、日テレ内部では2016年の7月と10月に復帰について検討を行っています。特に10月の改変期直前には『世界の果てまでイッテQ!』への復帰が内定したんです。しかし上層部が世論を勘案して流したんです。とはいえ、このまま宙ぶらりんの状態が続けば、視聴者のモヤモヤ感が怒りに変わる危険性もあります。今年こそ復帰か降板かの決断を下さなければならないのですが、その判断も難しいようです」

 ところが関係者によると、ベッキー本人は「何か吹っ切れたように」(芸能関係者)元気なのだという。

 思い返せば、髪をばっさり短くして、新聞広告で全裸のバックショットを披露。ハロウィン前には自身のSNSで「魔女の宅急便」のコスプレ姿を公開したほか、先日も女性アーティストの武道館ライブに親友の上戸彩と訪れて周囲を驚かすなど、テレビ以外で何かと話題が増えている。

 こうした「地道」な活動は、当然ながら利益には全く直結しない。だが、先の関係者は「別の狙い」──つまり〝新金脈〟の発見を指摘する。

「とにかく目前の仕事を1つ1つ丁寧にこなし、視聴者のベッキーに対する違和感を減少させていく、というのが表の復帰シナリオだとすれば、裏のシナリオは最近、大幅リニューアルしたスマホの公式アプリの会員数を伸ばすことです」

 だが、インターネットこそ「水商売」だ。全国ネットのレギュラー番組に比べると、とても〝金脈〟とは呼べない気がするのだが、事実は真逆だという。

「大半のコンテンツは月額300円の有料会員にならないとアクセスできないにもかかわらず、既にダウンロード数は5000を超えています。つまり現時点で月に150万円、年間1800万円を生み出しているわけです。こちらの会員獲得に力を傾注し、月間1000万円の収入を目指すのが裏シナリオです」(同・関係者)

 月間1000万円を逆算すれば、ベッキーに科されたノルマは3万人の会員獲得となる。現在のファンクラブ会員数は約2000人。なかなか高いハードルだが、ここにも〝秘策〟があるのだという。

「同情票を集める手ですよ。テレビやCMに全く露出しなければ、さすがに会員獲得は無理でしょう。しかし、かつての売れっ子ぶりとは桁違いの出演にとどまっている今の状況こそが、うまくすれば稼ぎどきなのです。禊が終わったとの認知が広がれば、『川谷絵音に人生を狂わされた女』として同姓の共感を得られるチャンスが高まります」(同・関係者)

 ベッキーの動向が心配、というニッチな層を狙ったネットビジネスというわけだが、この〝ゲス商法〟の正否に、実は業界内の関心は高いという。成功すれば「新たなビジネスチャンスを切り開いたフロントランナー」としてベッキー再評価は決定的だというのだが、果して吉と出るか凶とでるか、2018年1月7日の「ゲス不倫2周年」も注目しなければならないようだ。

(無料記事・了)

2017年1月11日

【無料記事】ロマンポルノ「大スター」中川梨絵の「早すぎる死」

nakagawa2017-01-11-10-57-26

 日活ロマンポルノが生誕45周年を迎え、『日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト』と銘打って新作が制作されるなど、話題を呼んでいる。

 1971年から88年までの17年間に1100本あまりの作品が製作された日活ロマンポルノは、今や日本映画史に伝説的なページを記す特異なジャンルのひとつともいわれる。

 今回のリブート・プロジェクトは、行定勲、塩田明彦、白石和彌、園子温、中田秀夫ら近年注目される若手監督たちに、ロマンポルノへ挑戦させる刺激的な試みで、次々に意欲的な作品が公開されている。

 だが2016年、初期日活ロマンポルノの大スターが亡くなったことは、あまり顧みられていない。偶然というには偶然過ぎるその復活と死の符号に、女優の足跡を想わずにはいられない。女優の名は、中川梨絵──。
■――――――――――――――――――――
【筆者】鈴木義昭(映画ライター) 
【写真】DMM R18動画『恋人たちは濡れた』より
http://www.dmm.co.jp/digital/nikkatsu/-/detail/=/cid=141nkt052/
■――――――――――――――――――――
 中川梨絵と聞いて、初期ロマンポルノの衝撃的な作品群を想い出すのは、今や初老の域に達しようとする男性ファンたちだろうか。

 何ものにも束縛されない芯の強い女、弱さのなかにしなやかでしたたかな女の性を感じさせる女、中川梨絵がロマンポルノで演じたのは、新しい時代の女の生き方だったのかもしれない。

 日活ロマンポルノ第1弾『団地妻・昼下りの情事』(71年公開)は、いわゆるピンク映画から抜擢された白川和子が主演した。

 白川和子の活躍は、映画の斜陽から倒産寸前の危機だった日活映画を救った。白川に続けと、若く脱ぐことを厭わない女優、撮影所では陽の当たらなかった女優、新しい映画の可能性に賭けた女優たちが、次々に眩しいばかりの裸体をスクリーンに花ひらかせたのが、日活ロマンポルノという映画ジャンルでもある。

『恋の狩人』(72年)など出演作品が警視庁に猥褻容疑で摘発され「警視庁のアイドル」といわれた田中真理。

 セーラー服姿が初々しい『女高生レポート・夕子の白い胸』(71年)などの清純派・片桐夕子。

 時代劇ポルノ『色暦大奥秘話』(同年)などで人気の出た小川節子。

 新劇から飛び込み『一条さゆり・濡れた欲情』(72年)などの演技で各界から賞賛された伊佐山ひろ子など、多くのロマンポルノ・スターが輩出された。

 中川梨絵も、そんな初期ロマンポルノのトップスターだが、誰よりも演技力と存在感が際立ち、注目された。東映や松竹の一般作品にも進出、その大きな可能性が期待された女優だった。

 中川梨絵の代表作のひとつ『恋人たちは濡れた』(72年)は先日、イタリアのロカルノ映画祭で上映。内外で作品の芸術性が再認識され、ロマンポルノ復活への道を開いた。

 ロマンポルノの巨匠・神代辰巳が監督した『恋人たちは濡れた』は、どことも知れぬ海辺の町を舞台に行き場を失った若者の姿を描き、シラケ時代といわれた70年代初頭の若者たちに共感を呼んだ。

 故郷であるはずの町に暮らしながら「この町は初めてだよ」とうそぶく青年は、いつもおどけながら映画館のフィルム運びをやっている。ある日、青年は自分と同じ心象を持つ中川梨絵演じるヒロインの洋子と出会う……。性と生が交錯する官能的な時間が切り取られた作品だった。
 
 寝た客が3人続けて死んだことから付いた呼び名は「死神おせん」。中川梨絵が演じたおせんは、地獄の底のような江戸の女郎屋で暗闇の中の一筋の光のように生きているヒロインで、清々しく可憐だった。

『㊙女郎責め地獄』(73年)は、日活ロマンポルノを代表する映像詩人だった田中登監督の代表作だが、巧みな構成力と重厚な美の世界の核心に、愛くるしい美しさで中川梨絵が立っていた。文芸的な香りの漂う人形振りの場面では、彼女が子役時代から習い覚えた日本舞踊が活かされた。

 日活ロマンポルノのデビュー作品、藤井克彦監督の『OL日記 牝猫の匂い』(72年)では、公開直後に作品が警視庁に猥褻容疑で摘発された。彼女は、警視庁からの事情聴取にも堂々と応じ、気丈ぶりを発揮している。

 出演作を観た他社からスカウトされ、東映やくざ映画『実録飛車角・狼どもの仁義』(74年)では菅原文太の相手役を、独立プロのATG映画『竜馬暗殺』(同年)では原田芳雄の相手役を務めている。ポルノ映画に留まらない活躍の可能性を見せ、同年には松竹『喜劇・女の泣きどころ』で太地喜和子と共演、陽気なストリッパー役を好演した。

 以後、大きな期待を背負いながらも徐々にスクリーンから遠ざかったのは、幼い時から女優を夢見て育った彼女の夢に相応しい役と作品に再び巡り合えなかったからだろう。

 東京の下町に生まれた彼女は、5歳の時に日本橋の白木屋ホールで日舞「藤娘」を踊って初舞台。子役として小学校在学中には、NHKの人気連続ドラマ『お笑い三人組』にレギュラー出演している。

 高校卒業と同時に東宝に入社、中川さかゆの芸名で巨匠・成瀬巳喜男監督『乱れ雲』(67年)の端役でデビューしている。加山雄三の『若大将』シリーズにも出演したが、東宝では女優として芽が出ることはなかった。裸になれる若手演技派を探していた日活のスタッフに声をかけられて日活撮影所入り、初出演から主演だった。

 ポルノの中心がアダルトビデオの登場で映画からビデオに移行、日活ロマンポルノは消滅したが、近年、ハード過ぎてマンネリ化したAVに飽き飽きした若い観客や映画的なエロスを体験したい女性ファンが急増している。

 全世界的に「ポルノ映画」の価値が見直されようとしているようだ。ポルノ映画に、女の本音や女の感性、女の生き方を見ようという女性ファンも少なくないのではないか。そんな女性たちに、中川梨絵が演じたロマンポルノのヒロインたちは共感を呼んでいる。

 男に媚びを売ったり、欲望の虜になる、といった、ありがちなヒロイン像とは違う中川梨絵という女優の演じ方、生き方が注目されている。

 かつて中川梨絵は、日活ロマンポルノを公開時から高く評価し応援していたディスク・ジョッキーの林美雄の深夜放送「パック・イン・ミュージック」(TBSラジオ系列)に出演し、生い立ちから赤裸々に語った。彼女には、ポルノ女優というよりも等身大の女性像の印象のほうが強い。多くのファンから親しく愛された所以だろう。

 ポルノ作品以外にも出演作品は多く、多くの監督に起用したいと思わせる個性と実力を兼ね備えていた。子役から演技に打ち込んだ根性で、人気が出ても演技の勉強をする姿勢を崩さなかった。自作『踊りましょうよ』などで、フォーライフレコードから歌手デビューも果たしている。

 体調不良もあってか女優としてスクリーンに姿を見かけなくなった頃、好きな自転車で知り合ったという男性と結婚した。料理人である夫と東京・四谷で地酒が評判の小料理店を開き繁盛させた。近年は高齢の母親を介護する為に店を移転、店を続けながら再び女優業にもチャレンジしたいという夢を語った。

 日活創立100周年を迎えた2012年に行われた日活ロマンポルノ再上映イベントで、公開当時の熱気や彼女の人気を知らない世代にもファンを広げ、近年、新しい可能性が見え始めていた。
 ロマンポルノ・リブート・プロジェクトでも、塩田明彦監督の『風に濡れた女』は、この中川梨絵が主演した『恋人たちは濡れた』へのオマージュとなっており、中川梨絵がリスペクトされていることの証左となっている。

 しかし、15年の暮れに肺癌が見つかり、余命半年と宣告された。最愛の御主人に看取られ旅立ったのは、16年6月14日。行年67歳。

 神代辰巳、田中登、曽根中生、藤田敏八、加藤彰、小原宏裕ら日活ロマンポルノ往年の名監督たちも早くして亡くなったが、早過ぎた初期ロマンポルノのスター・中川梨絵の死は、日活ロマンポルノが本当に日本映画史の伝説となったことを感じさせた。

 時代とともに様変わりしたロマンポルノの歴史だが、ゴダールやトリフォら60年代フランス映画のヌーベルバーグ、大島渚、篠田正浩らの松竹ヌーベルバーグ、それらに匹敵する「日活ヌーベルバーグ」ともいうべき映画ムーブメントが、初期の日活ロマンポルノだったのである。

 中川梨絵はその中心にいた女優だった。彼女が、日活ロマンポルノ復活の年に亡くなったというのは、やはりポルノにロマンを求めるという日活ロマンポルノの作品世界にあって、女優という存在の大きさを感じさせた。ロマンポルノ復活も、それに見合う女優の登場が待たれる。

 撮影所経験と時代的な女性としての感性の両方を持った女優、中川梨絵のような女優は、日本映画に2度と出て来ないのかもしれない。長く語り継がれて欲しい女優である。

(無料記事・了)

2016年12月19日

【無料記事】高樹沙耶被告に「懺悔ヌード」依頼殺到

bs0qcewciaeasnx

 沖縄県石垣島の自宅で大麻を所持したとして、逮捕・起訴された元女優の高樹沙耶被告(53)だが、芸能関係者の間では、早くも「懺悔ヌード」の可能性が取り沙汰されているという。
■――――――――――――――――――――
【写真】高樹沙耶氏のTwitterより
https://twitter.com/ikuemiroku?lang=ja
■――――――――――――――――――――
 厚労省麻薬取締部の調べに対し、高樹被告は所持から使用まで洗いざらい認めたというから、業界復帰はもはや不可能だろう。しかしながら、芸能筋によれば、「医療大麻」の解禁を主張した前回の参院選立候補も含めて完全な“汚れキャラ”となった元女優の美熟女には、「そちら方面の需要は十分に期待できる」というから驚く。

 1990年代にトレンディドラマで活躍し、2000年代にはテレビ朝日系の人気ドラマ『相棒』にレギュラー出演したことで、かつては一流女優の座を不動のものとしていた高樹被告。当時から業界内の派手な交遊から一線を画し、エコロジカルな生活様式に傾倒し、2007年には千葉県南房総市に移住したうえで、「ナチュラリスト」仲間に無償で建てさせたカフェをオープンした。

 高樹被告に近い大手芸能事務所幹部はこう明かすのだ。

 「高樹ほどではないにしろ、芸能人の中には『隠れナチュラリスト』は意外に多く、そうした連中は植物としてのパワーが絶大とされ、使い方次第とはいえさまざまな可能性を秘めるとされる大麻に関心を持ちやすい。実は、高樹自身は若いころから海外でマリファナ(=大麻)を経験しており、大麻解禁を訴える活動家から広告塔として接近されることは少なくなかった」

 ちなみに、房総のカフェで高樹被告は従業員もすべてボランティアで働かせるなど物議を醸した後、東日本大震災に伴う福島第1原発事故を機に突如、すべてを放棄した。高樹被告は即座に石垣島に移住し、『相棒』も自ら降板した。

 ただ、石垣島での奇妙な共同生活が話題を呼び、カメラの前でも「大麻」の二文字を口にする高樹被告は完全に“大麻女優”として定着してしまった。

 「高樹は常々『自然派生活は逆にカネがかかる』と漏らしていましたが、実際、石垣島生活ではカネが底をついており、執行猶予判決後にナチュラリストに戻ろうとしても、先立つものがなければ始まらない。そんな高樹の足元を見透かしたように、『脱がし屋』と呼ばれる編集者たちが、関係者への接触を試みています」(大手芸能事務所幹部)

 高樹被告はもともとデビュー当時には、躊躇なくヌードを披露してきた体当たり女優でもある。加えて「出産もせず、大麻を使ったアンチエイジング効果で若い肉体を維持してきた美熟女」(関係筋)だけに、その筋の“期待値”は最大限に高まっているのだとか。
(止)

2016年12月13日

【完全無料記事】元「ほっしゃん。」引退騒動の「動機」

hossyan2016-12-13-7-34-47

 元ほっしゃん。こと星田英利(45)の引退騒動がマスコミ関係者の中で様々な憶測を呼んでいる。

 6日、星田は自身のインスタグラムで「年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います」と突如引退を示唆する内容を投稿。夕方、その投稿は消去され夜には新たに「いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。」と引退を撤回する内容を投稿したのだ。この一連の騒動はなんだったのか。マスコミ各社はこの騒動に食いついた。

 所属事務所の吉本興業はその日、「事実確認中」というコメントを残しているが、実は吉本興業の対応には不可解な点があったという。テレビ局の番組スタッフが明かす。
■――――――――――――――――――――
【写真】星田英利公式Twitterより
(https://twitter.com/hosshyan?lang=ja)
■――――――――――――――――――――
「普段は吉本がネタについて”放送してくれるな”というのは、桂文枝など大御所に限るとも言っていいほど珍しいことです。しかし、今回の星田の件は本人の写真は使用禁止、放送できるのは翌日のスポーツ紙を引用した放送に限ると言われました。星田レベルで制限がかかるとは聞いたことがない……」

 詳しく聞くと、その日の吉本は事務所内でも大混乱。詳細を知る人がいない上に本人とも連絡が取れず、言葉通り「事実確認中」だったのだと言う。

 星田といえば、2012年に女優の尾野真千子との不倫が『FRIDAY』(講談社)で報じられると、その後激痩せが話題となり、2014年には「ほっしゃん。」から現在の芸名に改名している。

 そして今回の引退騒動。一部では、バラエティ番組の出演が減り、俳優の仕事ばかりになったことや、家族が住む沖縄での生活を望んでいるなどと報じられているが、マスコミ関係者の間では他にも様々な憶測が飛んでいる。

「星田は業界でも精神的に強くないことは有名です。なにか精神的な疾患があるのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

「改名の件や、今回の事務所の対応から見ると、やましい宗教や洗脳の可能性もある。それは隠さないといけないですよね」(芸能デスク)

 FUJIWARA藤本敏史(45)は7日、ネット番組で「(星田の元相方)宮川大輔(44)から、ほっしゃん。をどうにかしたいけど、どうしようっていうメールが来たんです」と明かした。宮川の言葉の真意はなんなのか。星田の今後の動向はマスコミにとって格好のネタになりそうだ。

(完全無料記事・了)

2016年12月12日

浅田舞に「連盟激怒」で「出入り禁止」の驚愕情報

asada2016-12-12-16-13-53

 フィギュアスケートの浅田真央(26)の姉で、自身も元選手でタレントの浅田舞(28)が、競技大会などに「出禁」=出入り禁止になるという驚愕情報が飛び込んできた。

 フィギュアの実力では妹に遠く及ばなかったものの、抜群のスタイルと美貌でスポーツキャスター、タレント、グラビアと幅広く活動する舞に一体何があったのか――。
■――――――――――――――――――――
【記事の文字数】1100字
【写真】浅田舞公式サイトより
(http://mai-asada.jp/)
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年12月5日

ASKA再逮捕「大興奮」の「マスゴミ」と「冤罪」の噂

ŠoÁÜ‚ðŽg—p‚µ‚½‚Æ‚µ‚āA‚`‚r‚j‚`—e‹^ŽÒ‚ðæ‚¹‚½ŒxŽ@ŽÔ—¼‚𑽂­‚Ì•ñ“¹w‚ªŽæ‚èˆÍ‚ñ‚¾‚Q‚W“úŒßŒãA“Œ‹ž“s–ڍ•‹æ

 11月28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が逮捕されたという衝撃ニュースが飛び込んだ。ASKA容疑者は容疑を完全に否定しているというが、執行猶予中に起きた再犯疑惑のインパクトは比類がなかった。

 しかし今回の逮捕劇はASKA容疑者の行状だけでなく、報道倫理の側面でも注目を集めている。まずは時系列で「マスゴミ」が繰り広げた大騒動を振り返りたい。

午後2時ごろ、当時は「元被告」だったASKA容疑者に対し、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が請求されるというニュースが舞い込み、マスコミはASKA容疑者の自宅前に集結した。

 それから約5時間後の午後7時前、自宅車庫のシャッターが開き、車に乗ったASKA容疑者が姿を表す。マスコミは車に向かって突進。警察が制止に入るも間に合わず、現場は恐ろしくカオスな状況となる。

 ASKA容疑者は車のドアを開けて抗議するも、出庫は断念。車体前方のエンブレムは折れ、シャッターもボコボコに壊されていく様子がテレビで生中継され、視聴者に強烈な印象を与えたに違いない。

 タイミングよくというか何というか、この一連の大騒動が収まったところで、民放は7時からのバラエティー番組に切り替えた。ところが、この後の様子を「インターネットテレビ局」を謳う『AbemaTV』が完全生中継を行う。午後8時半頃、捜査員がASKA容疑者を任意同行すると、AbemaTVが自宅から桜田門の警視庁に入るまでをオートバイで追跡したのである。

 更に逮捕翌日には、ASKA容疑者を乗せたタクシー車内の映像が、複数の情報番組で放送される。これにはTwitterなどで「プライバシー権の侵害だ」という意見が続出。テレビでも松本人志や宇野常寛が問題点を指摘した。また新聞も特集ページが組まれるなど、今回の報道には「倫理性」にも注目が集まったのだ。

 逮捕翌日、筆者は別件の取材で、さる現場を訪れたのだが、記者たちはAbemaTVの話題で持ちきりだった。

■――――――――――――――――――――
【著者】玄場岸也(ジャーナリスト)
【購読記事の文字数】2600字
【写真】ASKA容疑者の自宅前で繰り広げられた大騒ぎ(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月14日

「押切・涌井」結婚で「ケイダッシュ」露骨なマスコミ操作

osikiri2016-11-13-21-29-18

 11月2日、モデルの押切もえ(36)と、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの投手、涌井秀章(30)が入籍を発表した。「便箋3枚プロポーズ」との見出しが新聞各紙を飾り、テレビ各局でも流された。また涌井は球団を通して「この先の人生において彼女の力が必要」とコメントを発表した。
 モデルに加え画家や作家の肩書も有する押切と、2年連続2ケタ勝利という日本を代表するピッチャーである涌井という組み合わせは予想通りの話題性だったが、結婚報道に動くマスコミの背後で、芸能事務所・ケイダッシュ(東京都渋谷区東)が暗躍していたことは、あまり知られていない。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】
【写真】押切もえInstagramより
https://www.instagram.com/moeoshikiri/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月1日

高樹沙耶「逮捕」で「栽培・密売」と「宿泊サービス」の疑惑

clja0fnukaa66zq-1

「ああ、やっぱり」──誰もが思わず呟いただろう。4年前に突然女優を引退、沖縄・石垣島で宿泊施設を経営しながら「医療用大麻の解禁」を訴えていた高樹沙耶容疑者(53)が大麻所持の疑いで逮捕された。
 最近は男4人と共に暮らすという異様な生活も報じられていたが、石垣島の人々は高樹容疑者らをどう見ていたのだろうか。現地を取材すると、地元住民には「公然の秘密」であり、だからこそマスコミが報じない〝黒い醜聞〟が浮かび上がってきた。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】3200字
【写真】益戸育江(高樹沙耶)のTwitterより
https://twitter.com/ikuemiroku/media) 
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年10月12日

【無料記事】加茂田元組長インタビューが『烈侠』となるまで

yakuza2016-10-12-8-27-21

 7月21日サイゾーから発売された加茂田重政著の『烈侠』が皆様の大きな反響を得られて、書店で中々入手出来ないほど評判を得ている事は、この本の聞き手として非常に嬉しい限りである。先日の新宿のロフトプラスワンでも、本書の企画をした久田将義氏、芸人のグランジの佐藤大氏をMCに姫路の竹垣悟氏を招き、私も僭越ながら聞き手として色々な裏話、昭和のヤクザを語らせて頂いたが、満員になり、皆様の本書に関する熱気を直に感じさせて頂いた。今回は『烈侠』で書けなかった事、収め切れなかった裏話を中心に本書の説明をさせて頂きたい。

■――――――――――――――――――――
【著者】花田歳彦(ジャーナリスト)
【購読記事の文字数】3500字
【写真】『烈侠』カバー写真より
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年10月5日

公安監視「SMAP&飯島女史」と中共の「不適切関係」

161005-smap

 2016年12月31日の解散に向け、粛々と(?)仕事を続けるSMAPだが、何と公安が監視対象としたのだという。笑ってしまう方も少なくないだろうが、関係者に取材すると意外にも真っ当な理由で動いていることが分かった。何とSMAPは中国共産党との不適切な関係が存在するというのだ。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1100字
【写真】公安調査庁2016年版パンフレット表紙より
http://www.moj.go.jp/content/001180543.pdf
■――――――――――――――――――――

» Read more

1 2 3 4