【短期集中連載・上】木村拓哉「SMAPメンバー裏切り」の真意は「カネ」と「女」──90年代のキムタク独立騒動から、高額納税ランキングに初めて名を連ねるまで

kimutaku00001

 日本三大裏切り者といえば明智光秀、小早川秀秋、そして木村拓哉だという。
 フジテレビ『SMAP×SMAP』も3月改変での打ち切りが取り沙汰されたが、9月まで続行が決定。次の山場はジャニーズ事務所とSMAPが契約更改を迎える9月末なのだそうだ。
 正確に言えば、木村拓哉以外のメンバーに何か動きが起きるのか注目されるということになる。
 ところで今回の騒動で、改めて浮き彫りになったのが「独立話といえば、もともと木村拓哉の十八番」だったという事実だ。
 ご記憶の方も多いだろうが、これまでは常に「キムタクがジャニーズを飛びだすのか否か」が注目されてきた。
 ところがSMAP全員で独立・移籍を果たそうとした瞬間、何とキムタクが〝阻止〟に回った──。
 この間、工藤静香との結婚生活が大きな影響を与えているのは、「嫁ブロック」として、ご承知の通りだ。弊社も徹底検証する記事を掲載した。

『【無料記事】「徹底リポート」SMAP独立・解散騒動で「土地・建物・法人登記」が語るキムタク「工藤静香の嫁ブロック」と裏切りの原因』
http://www.yellow-journal.jp/culture/yj-00000062/

 今回の記事は、改めてキムタクの独立報道を丁寧に振り返っていきたい。そして彼の中に「裏切りのDNA」が潜んでいるのか探りたい。

■写真週刊誌『FOCUS』が報じた「キムタク独立騒動」

 遡ってみるとキムタク独立話は、写真週刊誌『FOCUS』(新潮社・休刊中)のスクープ記事からスタートしている。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約6900字
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。