東電で広瀬社長と数土会長が「対立激化」情報──広瀬社長は〝抱きつき・自爆〟作戦を数土会長に敢行との観測

‰ïŒ©‚É—Õ‚Þ“Œ“d‰ï’·‚ɏA”C‚·‚鐔“y•¶•vŽi‰Ej‚ƍL£’¼ŒÈŽÐ’·‚R‚P“úŒßŒãA“Œ‹ž“sç‘ã“c‹æ‚Ì“Œ‹ž“d—Í–{ŽÐ

 福島第1原発事故に伴い国有化された『東京電力』で、広瀬直己社長(63)と数土文夫会長(74)による経営路線の対立が激化している。業界内では、近い将来、広瀬社長が数土会長に〝抱きつき作戦〟を敢行するとの観測がもっぱらなのだという。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約1700字
【写真】数土文夫氏(右)と広瀬直己社長(撮影 2014年3月・産経新聞社) 
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。