【無料記事】「小者」には天国!?「逃亡先」にタイを選ぶ〝損得勘定〟

epa05285114 Alleged Yakuza member, Japanese Shuhei Yoshizawa (L) is escorted by Thai police officers to a press conference in Bangkok, Thailand, 01 May 2016. Thai police arrested Japanese national Shuhei Yoshizawa, who is allegedly involved with Japan's largest Yakuza organization, the Yamaguchi, as he was wanted by Japanese authorities. The man was detained on 01 May morning at a condominium in Bangkok, Thai Immigration Police said.  EPA/NARONG SANGNAK

 タイ警察は5月1日、詐欺容疑で国際手配されていた千葉県出身の吉沢脩平容疑者(34)を逮捕した。吉沢容疑者は医療費還付金名目の詐欺グループの主犯と見られている。市役所職員を装って「医療費の払い戻しがある」と、高齢者ばかりを狙って電話し、現金をだまし取ってきた。被害者は約600人、被害総額は6億円とされ、兵庫県警が行方を追っていた。
 昔から犯罪者が逃亡先として選ぶ傾向にあるタイ。しかし、タイも経済発展を続けており、モラルも上がっている。「日本のパスポートを持っていれば誰でも入国できる」という時代ではなくなってきている。日本側が国際手配をかければ、友好国であるタイはきっちりと捜査をする。バンコクで記者として活動する日本人が語る。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1500字
【写真】バンコクで、タイ警察に連行される吉沢脩平容疑者(撮影 EPA=時事)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。