ベトナム利権を巡る「二階俊博vs小沢一郎」の争い──レセプション〝ニアミス〟で関係者大騒ぎ

小沢二階ツーショット

 自民党の二階俊博総務会長は11月、経団連や旅行業者など1000人を引き連れ、インドネシアを訪問する。二階氏は今年2月に1400人で韓国、5月には3000人で中国を訪れており、着実にアジア各国へ布石を打っている印象だ。
 9月1日にはホテルニューオータニ(東京都千代田区)の大宴会場「鶴の間」で『ベトナム社会主義共和国独立70周年記念レセプション』が盛大に開催され、ここにも二階氏は出席した。ところが何と、会場で小沢一郎「生活の党と山本太郎となかまたち」共同代表と〝ニアミス〟を起こしてしまい、出席者たちの話題になったという。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約3000字
【写真】2014年9月、小沢一郎氏(左)と言葉を交わす二階俊博氏(右)(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。