2017年1月に再び「総選挙」決定「安倍首相の〝レガシー〟狙い」が基本戦略

qafugpod5fscrmflkbzyw1ncantopgkg

 永田町に「解散風」が吹き始めた。熊本地震で7月の衆参同日選挙を見送った安倍晋三首相だが、来年初旬に「解散・総選挙」に打って出るのではないかとの見方が強まっているのだ。
 しかし本当にこのタイミングでの解散はあるのだろうか。その現実味と時期について取材すると、年末に予定されている、ある大きなイベント結果が影響してくることが分かった。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】2500字
【写真】ロシア大統領府公式サイトより、プーチン大統領
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。