プロ野球B級ニュース事件簿2016⑤「流行語大賞記念」広島編

yƒvƒ–ì‹…Œð—¬íL“‡‘΃IƒŠƒbƒNƒXz‚¨—§‚¿‘ä‚ŁuÅ‚‚Å‚·v‚Ƙb‚·L“‡E—é–ؐ½–çi‰Ej‚Ɖº…—¬Vƒ}ƒcƒ_ƒXƒ^ƒWƒAƒ€

 残念ながら日本一は逃したが、やはり2016年のプロ野球は広島のためのシーズンだったと言えるのではないか。オフには「神ってる」が『2016ユーキャン新語・流行語大賞』を受賞するという〝おまけ〟にも恵まれた。

 今回は全てのエピソードを広島の選手で固めた。セ・リーグ優勝記念、新語・流行語大賞記念と祝福して下されば幸いだ。中には苦い話も混じっているが、美酒の甘さを引き立てる隠し味とご理解頂きたい。

 ということで、広島特集は、

①同点打のヒーローは、サヨナラ負けの〝戦犯〟
 安部友裕
②「神ってる」が生まれた記念の試合
 鈴木誠也
③降雨コールドを呼び込む「神ってる」監督
 緒方孝市
④史上最強のCS男
 田中広輔

以上、4選手のエピソードをご紹介したい。
■――――――――――――――――――――
【著者】久保田龍雄
【購読記事の文字数】4400字
【写真】6月19日の対オリックス戦で、3戦連続V弾を放った鈴木誠也(右)と下水流昂(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。