プロ野球B級ニュース事件簿2016⑥阪神超変革編

yƒvƒ–ì‹…ã_‘Î’†“úz‚T‰ñA“KŽž‘Å‚ð•ú‚ã_E‰ªè‘¾ˆê‹žƒZƒ‰ƒh[ƒ€‘åã

 4年ぶりのBクラス転落──残念ながら、2016年の阪神を、できるだけ短く表現すれば、こんな一文になってしまう。

 無念は察するにあまりあるが、それ以上に虎キチにとっては、胃腸を直撃するシーズンだったのではないだろうか。開幕前は多くの解説者が優勝を予測し、実際にスタートダッシュの手応えを感じながら、何と最下位に沈んだこともあった。そしてシーズン終盤のCS3位争いについては、もう何も言うまい。

「プロ野球B級ニュース事件簿2016」の第6回は「阪神超変革編」とし、4人の選手からシーズンを振り返る。

①7年ぶり2度目のタイムリー
岡﨑太一
②4580日ぶりの先発勝利
藤川球児
③3打数連続本塁打
江越大賀
④育成選手の借り物ユニホーム
原口文仁

 苦しいシーズンだったが、エピソードは明るいものばかりになっている。ぜひ、来年の超変革を期待しながら、熟読して頂きたい。
■――――――――――――――――――――
【著者】久保田龍雄
【購読記事の文字数】4300字
【写真】3月26日の中日戦、5回に適時打を放つ岡崎太一(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。