プロ野球B級ニュース事件簿2016⑦珍プレー篇

ƒvƒ–ì‹…@ƒƒbƒe‘Ίy“V@@‚V‰ñ@@ƒ‰ƒCƒg‚̃Gƒ‰[‚ð—U‚¤ƒoƒbƒeƒBƒ“ƒO‚Å‚R—ۂɐi‚ñ‚¾ƒƒbƒeE‰ª“cK•¶@@‚p‚u‚bƒ}ƒŠƒ“ƒtƒB[ƒ‹ƒh@

 いよいよ2016年も残りあと僅かだ。今年の球界を「珍記録」などから振り返るこの連載だが、師走最終週は王道たる「珍プレー篇」としたい。

 珍プレーといえばテレビなど動画でなければ楽しめないのでは、と疑問に思う方もおられるだろうが、活字だからこそ場面の味わいが増すものも少なくないのだ。

厳選に厳選を重ね、

①幻のランニングホームラン
 岡田幸文(ロッテ)
②トリック説の消えぬ珍プレー
 丸佳浩(広島)
③「僕のフライは魔物」
 梶谷隆幸(DeNA)
④「球界の千両役者」は達川光男の後継者!?
 石原慶幸(広島)

の4選手のエピソードをご紹介したい。
■――――――――――――――――――――
【著者】久保田龍雄
【購読記事の文字数】4400字
【写真】2016年3月29日の対楽天戦で、3塁に立つ岡田幸文選手(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。