プロ野球B級ニュース事件簿2016㉒大乱戦&大量得点篇

baseball2017-04-14 13.47.47

 野球において、最も面白いスコアは何対何か──。

 こんなアンケート調査を行えば、たちまち百家争鳴、収拾がつかなくなるのは言うまでもないだろう。

 シーソーゲームですら前提にはならない。1対0を至上とする者もいるからだ。8対7は「ルーズヴェルト・ゲーム」として有名だが、9対8、もしくは7対6を主張するファンも相当な数にのぼる。

 いや、1点差でさえ、否定されるかもしれない。愛するチームが12対0で勝つのが最も面白い、という意見も、ファン心理としては理解できる。

 とにもかくにも、息づまる投手戦も野球なら、呆れるほど打者が活躍する乱打戦も、同じ野球に間違いない。そして16年のシーズンでも、歴史に残る乱打戦・大量得点の試合が行われた。様々な野球の魅力のうち、1つの究極をお読み頂こう。

「プロ野球B級ニュース事件簿2016」の第22回は「乱打戦・大量得点篇」とし、

①ミスター・ルーズヴェルト・ゲーム!
 川本良平(楽天)
②大量得点でも憮然
 伊東勤監督(ロッテ)
③先発全員「打点」の凄まじい打線
 長谷川勇也(ソフトバンク)
④荒れたのはスコアだけでなく、1試合2乱闘
 T-岡田(オリックス)

の3選手、1監督のエピソードをご紹介したい。

■――――――――――――――――――――
【著者】久保田龍雄
【購読記事の文字数】4600字
【写真】福岡ソフトバンクホークス公式サイト「長谷川選手グッズ」「選手下敷」より
http://dugout.softbankhawks.co.jp/shop/genre/genre.aspx?genre=1036&_ga=1.257450691.994093721.1492145243
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。