〝清原シャブ人脈〟徹底リポート「シャブばばあ」「プロ野球大物OB3人」「有名・大物俳優2人」「大物歌手」「大物司会者」の実名を大公開

ƒvƒ–ì‹…@´Œ´˜a”Ž‘ߕ߁@’†–ì‹æ‚Ì•a‰@‚©‚çŽÔ—¼‚ÅŒxŽ‹’¡‚Ɉڑ—‚³‚ê‚鐴Œ´˜a”Ž—e‹^ŽÒB‰hŒõ‚ɍʂç‚ꂽ–ì‹…l¶‚ªˆÃ“]‚µ‚½B@“Œ‹ž“s’†–ì‹æ

 清原裁判が終結しても決して表沙汰にならない、芸能・スポーツ界の大物と薬物の危なすぎる関係を暴露しようと思う。この記事では、

・シャブばばあ
・プロ野球選手の大物OB3人
・大物芸能人4人

 の実名を公開する。

 警視庁は2月23日、清原和博を覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で再逮捕した。
 日本球界を代表するスターの逮捕は、依然として多くの人々の関心を集めている。メディアは続報合戦に必死だ。今後も売人の背後関係など、多くのことが解明されるだろう。
 とはいえ、刑事事件としての結末は明白だ。
 初犯ということもあり、清原は間違いなく執行猶予でシャバに戻る。分からないのは彼の未来だ。使用後、時間が過ぎれば脳がドーパミンを欲し、覚醒剤の快感を求めて改めて手を出してしまう。それが覚醒剤の怖さである。その誘惑を断つことができるのか。「無冠の帝王」の明日は、いまだ茫漠の中にある。

■相次いで〝シャブばばあ〟を報じたスポーツ紙

 清原に覚せい剤を売ったとされる小林和之は2月15日、覚せい剤取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕された。
 その小林和之の背後にいると噂されるのが「シャブばばあ」だ。
 例えば日刊スポーツは2月9日、『清原容疑者入手ルートは「シャブばばあ」』の記事を掲載した。

■――――――――――――――――――――
【筆者】真鳥太穂
【購読記事の文字数】約10300字
【写真】【写真】逮捕された清原容疑者(撮影 産経新聞社)
※文中の敬称は全て略称
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。