警察人事に「確執」で警察庁長官の座が「大混乱」──大異変勃発の予兆に、官僚の大好物〝前例〟が「崩壊寸前」警察キャリアもサツ担記者も固唾を呑む状況とは?

2014050800606-e1463578352409

 警察人事の確執が深刻化している。警察庁長官の〝登竜門〟とされる官房長を務める栗生俊一氏(1981年入庁)を巡るものだ。関係者が解説する。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1300字
【写真】ストーカー対策などの担当者を集めた全国会議で訓示する警察庁の栗生俊一刑事局長(当時=共同通信社撮影)
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。