高浜原発3・4号機「運転差し止め」訴訟で、関電が原告側に「運転停止に伴う損害賠償請求」を準備中──〝被害額〟は数十億円

takahama2016-05-26 22.14.01

「原発運転への差し止め訴訟が『乱訴』であることが明らかになれば、原告側に損害賠償を求める」──関西電力の〝本音〟を忖度すれば、こんなところだろうか。2016年3月、関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを滋賀県の住民が求めた仮処分申請で、大津地裁(山本善彦裁判長)は運転を認めないとの決定を下した。そのため現在、2基は運転停止の状態に追い込まれている。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1500字
【写真】関西電力公式HP「高浜発電所」より
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。