遂に〝殉職〟が発生する事態となった「〝低視聴率王〟フジテレビ」の「劣悪労働環境」は正真正銘のブラック企業

fuji2016-07-21 19.21.51

 2016年6月上旬、フジテレビ報道局で〝悲劇〟が起きた。男性技術スタッフが勤務中に倒れ、その後、死亡してしまったのだ。原因はクモ膜下出血だったという。制作会社の幹部が明かす。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1200字
【写真】フジテレビ公式サイト「スタッフ募集」より
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。