「ベッキーゲス不倫」「SMAP解散」活況の芸能マスコミで「雑誌記事のテレビ番組引用料」有料化が進行中──雑誌不況の解決策か? 単なる〝弱者連合〟か?

inyo2016-08-29 19.27.24

「怒濤」の形容もあるようだが、2016年1〜8月までの芸能ニュースを振り返ってみよう。
◆1月「ベッキーゲス不倫」「SMAP解散報道」◆2月「清原逮捕」「狩野英孝・加藤紗里破局報道」◆3月「ショーンK学歴詐称疑惑」「乙武不倫騒動」◆4月「吉田羊・中島裕翔熱愛報道」◆6月「ファンモン加藤W不倫騒動」「小林麻央乳がん発覚」「高知東生逮捕」◆8月「SMAP解散発表」「高畑裕太逮捕」「有吉弘行・夏目三久結婚報道」──。
 これでも、ごく一部に過ぎない。現場の芸能記者たちは「例年にないほどスキャンダルが大漁だ」と大喜びなのだが、その〝恩恵〟で果たしてマスコミは利益を上げられているのだろうか。メディアの大半は民間企業だ。これで儲からなければ、経営が立ち行かなくなってしまう。
 実際、今の状況を「商機」と捉える社もあるようだ。すっかりパイが小さくなってしまったマスコミの苦闘をレポートしたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1900字
【写真】女性セブン公式サイトより
http://josei7.com/
■――――――――――――――――――――

この先は会員限定のコンテンツです。