2017年2月14日

【無料記事】フジテレビ「エビ中訃報スクープ」の問題点

ebi2017-02-14 15.27.52

 2月8日、アイドルグループ『私立恵比寿中学』、通称「エビ中」のメンバー、松野莉奈さんが突然亡くなった。致死性不整脈の疑い。18歳、あまりにも若すぎる死だった。

 この衝撃的な訃報を報じたのは、所属事務所の公式発表ではなく、フジテレビの報道番組『FNNスピーク』(月〜金曜・11時半〜11時55分)のスクープニュースだったことをご存じだろうか。

 少なくとも報道関係者にとって、スクープほど〝勝ち負け〟が明確なものはない。報じた側に絶対的な正義があり、破れた側の主張は「言い訳」「弁解」と受け取られるのが普通なのだ。

 ところが今回に限っては、フジテレビの報道姿勢に疑問の声が少なくないという。それも「負け惜しみ」ではなく、それなりの根拠があるというのだ。

 テレビ局の関係者が明かす。

「通常、芸能人の訃報は所属事務所の発表を踏まえて報じることが大多数ですが、稀に特定のメディアが独自情報を得ることもあります。その際でも、所属事務所や遺族など関係者の確認取材が必要であることは言うまでもありません」

 昔は確認が取れれば瞬時に報道できるテレビ局、共同や時事といった通信社の独壇場だったが、近年は新聞も公式サイトでのネット速報で対応できるようになった。

 そのため不謹慎な言い方だが〝競争〟も激化しているようだ。それが背景にあるのかは不明だが、フジテレビのスクープは相当に「掟破り」だったと悪評が強いという。

「信じられませんが、フジテレビは関係者の確認を取っていないと言うんです。警察関係者の情報提供だったらしく、信頼性が高いと判断したとの話なんですが、その判断はどうなんでしょうか……」(同・テレビ局関係者)
■――――――――――――――――――――
【写真】松野莉奈さん公式ブログより
http://www.lineblog.me/tag/%E6%9D%BE%E9%87%8E%E8%8E%89%E5%A5%88?blog_name=ebichu
■――――――――――――――――――――
 別のテレビ関係者が、詳細を明かす。

「所属事務所に何度も連絡を取ったのに、全く繋がらなかったそうです。ただ、確かな情報だったので、報じることにしたと言います」

 所属事務所さえ出し抜いた大スクープ、とふざけるわけにもいくまい。少なくともネット上では死を悼む圧倒的な声の影に、所属事務所の対応が遅いとする見方も散見されたが……。

「事務所の責任はゼロと言っていいのではないでしょうか。それこそ、ご遺族は亡くなってすぐマスコミに大きく報道され、心を痛めているそうです。所属事務所にさえ詳細を伝えていない段階で、これほどニュースが広まってしまったことに困惑しておられるのは間違いありません」(同)

 先行報道の結果、事務所も混乱してしまったようだ。正確な情報が公表される前、ネット上では死因について「ウィルス性脳症」や自殺説など様々な憶測が垂れ流しになってしまった。

 別のテレビ関係者が、警鐘を鳴らす。

「ご遺族からすると、朝に119番通報を行ってから、たった6時間で娘の訃報が全国ニュースで報じられているわけです。しかも、自分のところに一切、確認の取材がなかった。これで困惑しない方がおかしいと思います。報道に携わる者であれば、誰もがスクープを狙って当然ですが、さすがに訃報は細心の注意を払わなければ、更なるマスコミ不信を招くだけだと思います」

 事務所の対応が遅れたとする指摘も、実際のところは亡くなってすぐに発表、という方がむしろ稀だ。遺族の意向により、密葬を済ませてからマスコミ対応、というケースも決して少なくない。それぐらい神経を使う方が、むしろ社会的通念には合致するのではないだろうか。

 もちろん、事件や事故など、何よりも速報が求められるニュースが存在することは論を俟たない。報道に必要な確認作業──俗に言う「裏取り」──もケースバイケースとしか言いようがなく、どんな内容のニュースであっても、必ず関係者に取材を申し込まなければならないというわけではない。警察情報だけで報じても、それが正解という状況もありうる。

 とはいえ、18歳の女性芸能人が死亡したことを、警察情報だけで速報していいのかということになると、様々な意見が出るのではないだろうか。

 少なくとも芸能人にとっては、訃報は最後の「舞台」とも考えられる。改めて故人を輝かせる報道が理想型であるはずだが、今回の場合は、単に遺族の感情を傷つけるだけという結果に終わったのではないだろうか。社会と「マスゴミ」の乖離が、又しても浮き彫りになってしまった格好だ。

(無料記事・了)

2017年1月30日

【無料記事】『住友銀行秘史』著者の次回作は「楽天VS TBS」

TBS2017-01-30 18.54.32

 出版界は「不況」というより、どこまで「縮小」が進むかが焦点のようにも思えるが、そんな状況で『住友銀行秘史』(講談社)が2016年10月に出版され、僅か3か月で13万部を売り上げたという。

「ベストセラー」と形容すべき部数ではない、とお考えの向きもあろうが、内容を斟酌して頂きたい。戦後最大の経済事件と評された「イトマン事件」(1991年)の裏側を、関係者の実名と共に赤裸裸に活写したノンフィクションだ。

 その筆者、國重敦史氏が次回作の執筆を開始したとの情報が入ってきた。仮タイトルは、これまた刺激的な『楽天秘史〜TBSとの攻防〜』だという。
■――――――――――――――――――――
【写真】TBSホールディングス公式サイトより
http://www.tbsholdings.co.jp/index-j.html
■――――――――――――――――――――

 2005年10月13日、楽天の三木谷浩史社長は突如、「TBSの株式を15.46%取得した」と発表した。

 電撃発表にメディアは沸き立つ。何しろ、この年の2月にライブドアとフジテレビがニッポン放送株を巡って大騒動を引き起こしたばかりだったのだ。

 ライブドア・フジと同じように、楽天とTBSも主導権を巡って激烈な攻防を演じる。その舞台裏を『住友銀行秘史』と同じように丸裸にしようというわけだ。

 改めて、経緯を振り返っておこう。05年3月、ニッポン放送株を大量に取得したライブドアは、親会社であるフジテレビに提携を迫る。ライブドアは「フジテレビ乗っ取り」の宣戦布告を行ったわけだ。

 フジテレビ側は反撃に出る。TOB(株式公開買い付け)に対抗する新株予約権発行やポイズンピル(毒薬条項)の検討など買収防衛策を講じ、法廷闘争に発展する。だが、そもそも株式の大量取得を想定していなかった点は如何ともし難く、裁判でフジテレビは敗訴に次ぐ敗訴を喫してしまう。

 追い詰められたフジテレビは仲介役たるホワイトナイトを探す。すると楽天が手を挙げた。「渡りに船」とフジは乗ってきた──はずだったのだが、ある日を境にフジは楽天への連絡をシャットダウンしてしまう。

 一体、何があったのか。「どういうことなんだ?」と困惑し、次第に焦りを強くする楽天首脳陣。三木谷浩史社長は何度もフジテレビの日枝久会長に連絡するが、全く返信は来ない。

 連絡が跡絶えてから4日後の3月24日。楽天首脳陣はテレビを見て驚愕する。フジテレビのホワイトナイトとしてテレビに映ったのはSBIホールディングスの北尾吉孝CEOだったからだ。北尾氏から語られる買収防衛策は楽天がフジテレビに提案したものばかり。

「やられた」──三木谷社長は「これに対しては、必ずリベンジする」と誓う。

 これが「楽天VS TBS」の〝原点〟だったという。

 國重惇史氏は、この日のことから、書き起こしていくという。夏になると、村上ファンドの総帥・村上世彰氏から「TBS乗っ取りを一緒にやらないか」と提案される。そして10月の株式大量取得につながっていく。

 楽天のTBS株大量取得発表後、TBSは城所賢一郎専務を担当に任命。一方、楽天の担当は当時副社長だった國重氏だ。

 それから1カ月半、両者は極秘に何度も折衝を重ね、合意一歩手前まで進む。最後は楽天の三木谷社長の決断だけ。しかし、首は縦に振られなかった。

 それは一体、なぜなのか。次回作の肝は、ここになる。
 
 05年11月末、両社の間には休戦協定が結ばれ一旦、この騒動は収束する。しかし、その後も株主総会、法廷闘争と続き11年4月の最高裁による特別抗告棄却で決着する、というのが現在に至る〝結末〟だ。

 とはいえ、「イトマン事件」は25年前の出来事。中心人物の旧住友銀行頭取の磯田一郎氏は死去していたことから訴訟沙汰にはならなかった。

 だが「楽天vsTBS攻防戦」は関わった人間たちのなかで現役の者も多い。なかでも三木谷氏は今もその地位にある。すんなりと出版できるのか。見ものでもある。

(無料記事・了)

2016年10月19日

電通自殺調査「東京労働局かとく」次は「フジテレビ」の声

ph0401-02b

 享年24歳──大手広告代理店・電通の新入社員、高橋まつりさんが2015年末、都内の女子寮で自殺した。亡くなった高橋さんの時間外労働は月約105時間と認定され、電通が労基署に届け出た上限時間を大幅に超えている。東京労働局は労基法違反の疑いがあるとして調べている。
 高橋さんが自殺したことに関しては、武蔵野大教授が「残業100時間で過労死は情けない」とのコメントをニュースサイトに投稿したが、あっという間に炎上した。世論は高橋さんの死を悼む声が圧倒的に強いようだ。
 この問題では東京労働局の「過重労働撲滅特別対策班」(通称:かとく)が電通に立ち入り調査を行った。こうして「かとく」VS.電通の〝バトル〟が開始されたわけだが、この「かとく」が本腰を入れてマスコミをターゲットにするのではないかという観測は根強い。そして相手としてはフジテレビが格好だというのだ。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】3500字
【写真】2015年4月1日の「かとく」発足式(厚労省公式サイトより)
http://www.mhlw.go.jp/photo/2015/04/ph0401-02.html
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年8月15日

【無料記事】フジテレビ報道局で「誤報連発」の背景とは

fuji2016-08-12 12.37.10

 フジテレビで誤報が頻発している。視聴率の低迷に苦しむフジには、まさに「泣きっ面に蜂」「弱り目に祟り目」だろう。しかし局内の関係者からは「結局は自業自得」の声もあるそうだ。いずれにせよ、2016年7月29日は、フジテレビにとって悪夢の1日だったに違いない。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】2200字
【写真】フジテレビ『めざましテレビ』公式サイトより
(http://www.fujitv.co.jp/meza/index.html)
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年8月3日

フジテレビが「ポケモンGO」開発企業に5億円出資も「本業」不振は絶望的

poke2016-08-03 14.50.03

 遂に日本でも配信が開始されたスマホのゲームアプリ「ポケモンGO」だが、テレビ局の報道部門も夢中になっている。特に民放は視聴率を稼ぐネタが頭痛のタネ。ポケモンGOはテレビ記者にとって「文字通りの黒船来航であり、更に神風も加わった天佑神助」と大はしゃぎ。社会現象を口実に長時間のレポートを延々とオンエアした。
 中でも突出していたのがフジテレビ。配信が開始された7月22日はニュース番組で何回も紹介。夕方の報道番組では、全国各地の中継を交えて伝え、3時間番組の中で頻出する事態となった。
 しかし、それほど熱心に報道したのは、やはり裏事情があるという。実はフジテレビ、ポケモンGOを開発、運営するナイアンテックに出資を行っているのだ。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】2500字
【写真】ポケモンGO公式サイトより
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月25日

都知事選終盤世論調査で「鳥越俊太郎」惨敗──トップは40%の「あの人」

totiji2016-07-25 7.57.24

 都知事選は7月31日(日)の投開票。いよいよ終盤戦となり、弊社は7月21日(木)から24日(日)の間に実施された5つの世論調査を入手した。トップは最大で4割の支持を集めており、様々な意味で話題の鳥越俊太郎氏は大半が3位という大惨敗だ。
 また大手マスコミの報道では絶対に公開されない〝泡沫候補〟の順位も含め、完全版として10人・9位まで公開する。立候補したのは全員で21人のため、残念ながら11人は「支持率0%」だったことになる。話題の七海ひろこ氏や立花孝志氏の順位はどうなっているのか。関心のある方は是非とも読んで頂きたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】770字
【写真】東京都選挙管理委員会公式サイトより
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月21日

「フジテレビ」の「劣悪労働環境」で〝殉職〟が発生

fuji2016-07-21 19.21.51

 2016年6月上旬、フジテレビ報道局で〝悲劇〟が起きた。男性技術スタッフが勤務中に倒れ、その後、死亡してしまったのだ。原因はクモ膜下出血だったという。制作会社の幹部が明かす。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1200字
【写真】フジテレビ公式サイト「スタッフ募集」より
■――――――――――――――――――――

» Read more