2016年12月5日

ASKA再逮捕「大興奮」の「マスゴミ」と「冤罪」の噂

ŠoÁÜ‚ðŽg—p‚µ‚½‚Æ‚µ‚āA‚`‚r‚j‚`—e‹^ŽÒ‚ðæ‚¹‚½ŒxŽ@ŽÔ—¼‚𑽂­‚Ì•ñ“¹w‚ªŽæ‚èˆÍ‚ñ‚¾‚Q‚W“úŒßŒãA“Œ‹ž“s–ڍ•‹æ

 11月28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が逮捕されたという衝撃ニュースが飛び込んだ。ASKA容疑者は容疑を完全に否定しているというが、執行猶予中に起きた再犯疑惑のインパクトは比類がなかった。

 しかし今回の逮捕劇はASKA容疑者の行状だけでなく、報道倫理の側面でも注目を集めている。まずは時系列で「マスゴミ」が繰り広げた大騒動を振り返りたい。

午後2時ごろ、当時は「元被告」だったASKA容疑者に対し、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が請求されるというニュースが舞い込み、マスコミはASKA容疑者の自宅前に集結した。

 それから約5時間後の午後7時前、自宅車庫のシャッターが開き、車に乗ったASKA容疑者が姿を表す。マスコミは車に向かって突進。警察が制止に入るも間に合わず、現場は恐ろしくカオスな状況となる。

 ASKA容疑者は車のドアを開けて抗議するも、出庫は断念。車体前方のエンブレムは折れ、シャッターもボコボコに壊されていく様子がテレビで生中継され、視聴者に強烈な印象を与えたに違いない。

 タイミングよくというか何というか、この一連の大騒動が収まったところで、民放は7時からのバラエティー番組に切り替えた。ところが、この後の様子を「インターネットテレビ局」を謳う『AbemaTV』が完全生中継を行う。午後8時半頃、捜査員がASKA容疑者を任意同行すると、AbemaTVが自宅から桜田門の警視庁に入るまでをオートバイで追跡したのである。

 更に逮捕翌日には、ASKA容疑者を乗せたタクシー車内の映像が、複数の情報番組で放送される。これにはTwitterなどで「プライバシー権の侵害だ」という意見が続出。テレビでも松本人志や宇野常寛が問題点を指摘した。また新聞も特集ページが組まれるなど、今回の報道には「倫理性」にも注目が集まったのだ。

 逮捕翌日、筆者は別件の取材で、さる現場を訪れたのだが、記者たちはAbemaTVの話題で持ちきりだった。

■――――――――――――――――――――
【著者】玄場岸也(ジャーナリスト)
【購読記事の文字数】2600字
【写真】ASKA容疑者の自宅前で繰り広げられた大騒ぎ(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――

» Read more