2017年1月17日

【無料記事】東京五輪「迷走」原因は「ポスト川淵」不在説

koikevssports2017-01-17 18.26.29

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場見直し問題は、小池百合子・都知事が「見直す」とした3会場は全て当初計画に戻り、決着を迎えた。

 見直しを検討することで、コストカットが進んだと擁護する声もあるが、「大山鳴動して鼠一匹」の徒労感は大きい。五輪組織委員会の森喜朗会長が「時間はかかりましたが……(知事の)学習期間だったのかな」と当て擦る一幕もあった。

■――――――――――――――――――――
【写真】川淵三郎氏公式Twitterより
https://twitter.com/_kawabuchi
■――――――――――――――――――――
 騒動に直面してきた関係者は、こう言って溜息をつく。

「非常に情けないことに、本来なら五輪の主役であるべきスポーツ界は、一連の騒動で完全に蚊帳の外に置かれました。招致時には団結したように見えていましたが、いざとなるとからきし力がないことを見事に露呈しましたね」

 最終決定機関として「4者協議」の場が設けられたが、都知事、組織委、国、IOC(国際オリンピック委員会)が構成メンバー。本来であれば、日本スポーツ界の総本山たるJOC(日本オリンピック委員会)も入らなければならないはずなのだが、遂にお呼びはかからなかった。

 カウンターパートであるはずの丸川珠代・五輪相もお飾りに過ぎず、何ら影響力がない。そもそも報道に価する発言すらないのだ。その結果──。

「小池知事が突っ張りながら突っ走り、森会長がいちゃもんをつけ、周囲は白ける、という場面の繰返しでした」(前出の関係者)

 別の関係者は、バレーボール会場となる有明アリーナをめぐって、以下のようなやりとりがあった、と明かす。

 元サッカー協会会長で、国内プロスポーツリーグの集合体である『日本トップリーグ連携機構』の会長も務める川淵三郎氏が、バレーボール協会の木村憲治会長に「五輪後もスタンドを満員にしてみせる、と表明しろ」と迫ったが、ミュンヘン五輪の松平一家で金メダリストの木村会長は、これに返事もできなかった、というのだ。

「競技団体であっても、これくらいの当事者意識しかないわけですよ。小池知事が大会後の施設維持に不安になったとしても、無理はないでしょう。見かねた川淵さんが、前会長として影響下にあるバスケットやフットサル、卓球などの他団体も巻き込み、音楽業界にも相談して『日本のマディソンスクエアガーデン構想』をぶち上げ、小池知事はこれを『有明レガシー・エリア』と命名を変えて乗っかりましたが、何もかもが後手後手になってしまいましたね」(別の関係者)

 要するに、こうした構想こそ、組織委が責任を持って取りまとめ、発表すべきであることは言うまでもない。川淵氏も既に80歳。なのに同氏に代わるリーダーがいないことも、東京オリンピックが迷走している一因だろう。

(無料記事・了)

2017年1月12日

【無料記事】ゴールドマン・サックスが小池知事に「豊洲購入」を打診

toyosu2017-01-12 13.39.36

 築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題は現在のところ、全く着地点が見えていない。

 小池百合子・都知事も苦慮しているかと思いきや、強力な援軍が訪れたようだ。

 関係者によると、世界最大級の投資銀行、ゴールドマン・サックス(アメリカ・ニューヨーク)が豊洲市場の購入を、小池都知事サイドに打診したという。

 まさに黒船来航──築地存続案が急浮上している背景には、こうした動きが関係しているようだ。
■――――――――――――――――――――
【写真】ゴールドマン・サックス・グループ「会社情報」より
http://www.goldmansachs.com/japan/who-we-are/index.html
■―――――――――――――――――――─
 情報をまとめると、ゴールドマン・サックス在日本法人の幹部が2016年10月下旬、小池知事の側近である野田数特別秘書に都内で極秘に接触。「米国本社の意向」として、「豊洲市場への移転が不調に終わった場合、施設を購入したい」と申し出たという。

 同社幹部は野田秘書に対し、「主要施設地下の土壌汚染で食品市場の機能を果たせない豊洲市場を買い上げ、跡地を巨大ショッピングモールとして再開発する構想を温めている」と明かしたとされる。関係者が囁く。

「小池知事にとっては、まさに渡りに船です。具体的な購入額は提示されていないものの、豊洲市場建設にかかった約5800億円を取り戻せれば、都にとってはとりあえず御の字です。豊洲市場の売却で得た資金を、築地市場の再整備に回せることになる」

 小池知事は16年11月18日の記者会見で、豊洲移転を「白紙撤回」する選択肢も完全には排除しなかった。というのは、仮に安全面の問題がクリアされて豊洲に移転したとしても、風評被害で事業者や消費者に嫌われ、さらに年間維持管理費が築地の約5倍にあたる約76億6000万円と試算されるなど、あまりに使い勝手が悪すぎるからだ。

 かつて都は築地市場の再整備も検討したのだが、費用が3400億円かかることに加え、営業を続けながらの工事は長期化が懸念され、断念したという経緯がある。知事の関係者が明かす。

「あの再整備計画はバブル期に検討されたもので、コストが高額に試算されています。現在は技術も更に進化しているため工期の短縮が期待できますし、結局は再整備なので、難しい工法も贅沢な材料も必要ありません。市場での事業者も当時に比べると6割程度まで減少しているため、協力を得ればよりスムーズな工事になるでしょう」

 小池知事が安全宣言を出し、豊洲移転を進めたとしても、消費者の不安が払拭されるかは未知数だ。いや、それどころか、支持率減少という最悪のシナリオも否定できない。

 対して、築地存続の決断は、まずインパクトが強烈だ。うまくいけば、世論が拍手喝采する可能性も高い。支持率の高止りが期待できるわけだ。「小池劇場」の継続には、築地存続がベストに違いない。

 知事周辺の関係者は、「ゴールドマン・サックスとの交渉が進めば、意外に築地存続の決断は早まるかもしれない」と予測する。

(無料記事・了)

2016年12月13日

2017年都議選で「小池百合子」の放つ「自民党」刺客

koike2016-12-13-7-52-59

「(塾生の)かなり多くの方が立候補に意欲を燃やしている。選挙戦術などについて、懇切丁寧にサポートしたい」

 先日行われた政治塾「希望の塾」の第3回講義終了後、小池百合子東京都知事は来年7月の都議選に候補者を擁立する考えを初めて明らかにした。

 果たして小池新党結成はあり得るのか、都議選に向けてどのような戦略を持っているのか。取材をすると具体的なある〝数字〟を聞き出すことができた。

■――――――――――――――――――――
【記事の文字数】
【写真】「希望の塾」公式サイトより
(https://koikejyuku.tokyo/)
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年12月8日

【完全無料記事】王氏「五輪委」理事就任は「小池VS森」第2幕

20160427-05

 現在のところ、2020年東京オリンピックに関する最大の関心事は、小池百合子・東京都知事(64)と、五輪組織委員会会長・森喜朗元首相(79)の〝暗闘〟だと断言していいだろう。

 そんな中、ひっそりと(?)プロ野球ソフトバンク・王貞治会長(76)を新理事として迎え入れる人事が発表された。追加種目に決まった野球やソフトボールなど5競技の代表として運営に携わる。

 全くサプライズのかけらもない、日本人なら誰もが「そうなんだろうね」と頷くニュースのはずだ。だが事情に詳しい関係者たちは、こぞって「これこそ、小池VS森の新たな局面入りを示すものですよ」と読み解くのだ。

■――――――――――――――――――――
【写真】『東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』公式サイトより、大会エンブレムを発表した王貞治氏(左)
https://tokyo2020.jp/jp/news/notice/20160427-02.html
■――――――――――――――――――――

 何しろ小池知事には、いまだに世論の絶大を受けている。その勢いに乗じて、東京都議会の「ドン」こと内田茂・自民党都議(77)と、森元首相への追及を強めていた。2人の密接な関係は、これまで報道された通りだ。

 失敗に終わったが、ボートなどの会場見直し問題を提起したのも、究極の狙いは森=内田ラインに対する攻撃だったのだ。成功すれば世論の喝采が「政治的功績」を演出し、小池知事の政治的影響力は今以上にアップしただろう。つまり「女性初の首相」を求める声が強まるということだ。

 ところが一方の森元首相も、さすがの古狸だ。いつまでもやられっぱなしのはずもない。得意の「政治的嗅覚」で対抗策を打ってきた。それこそが王氏の組織委招聘だというのである。

 先に見た王氏の「野球などを代表してもらう」との招聘理由に異議を唱える日本人は皆無に違いない。また王氏はエンブレム委員会の委員にも就任しており、既に2020東京五輪に関与した〝実積〟もある。理事に就任しても唐突な印象はゼロだ。

 だが、そんなことが目的で、この人事が行われたのではないのだという。さる自民党関係者が「これは『二階対策』なんですよ」明かす。

「王さんと関係が深い政治家といえば、二階俊博幹事長です。二階さんは王さんが当時の福岡ダイエーホークスの監督に就任したころから親交を結び、王さんが理事長に就く一般社団法人『世界少年野球推進財団』の設立にも協力しています。二階さんの事務所には王さんのサインボールやツーショットの写真が飾られていますし、二階さんが海外の要人と会談するときには、王さんのサインボールをお土産にしているほどです。こうなると2人の関係は親交というより深交と呼ぶべきでしょうね」

 二階幹事長は先の都知事選で、自民党都連が推した増田寛也元総務相(64)を支持せず、裏で小池氏支持に回った。増田氏を応援していた特別区長会でも、会長で、衆院議員時代は二階氏の「子分」で知られた西川太一郎・荒川区長(74)も小池氏支持に回った。

 更に都知事選に立候補し、森氏らの辞任を公約に掲げた山口敏夫元労相(76)が、村上正邦元労相(84)や亀井静香元金融相(80)と共に「二階幹事長支持」を表明、接近を図っている。山口氏らの狙いは「二階さんを通じた森おろし」(永田町関係者)だという。

 森元首相に対する「二階包囲網」が着々と構築されつつあり、だからこそ森元首相は王氏を必要としたのだという。

「森さんは、王さんを〝人質〟に取ったんですよ。王さんを通じて、二階さんを自陣に引き込もうとしているわけです。これが成功して、一定の関係を構築できれば、二階さんに『小池封じ』で一役買ってほしいとも考えているのではないでしょうか」(前出の自民党関係者)

 敵の親友を自陣に引き入れるというのは、なかなかの奇策と言えるかどうか。しかしながら、王氏の就任は森元首相にとって「諸刃の剣」との見方もある。

「二階さんからすると、王さんを通じて組織委に手を突っ込んで、かき回すことができるようになったわけですからね」(前出の永田町関係者)

 元首相と現職の幹事長が、「世界の王」を自分サイドに引き入れようと、綱引きをしている図というわけだ。

 滑稽と笑うか、政治とはそういうものだと頷くかは人それぞれだろう。いずれにしても、東京五輪の成功とは無縁の動きであることは間違いない。

(完全無料記事・了)

2016年11月17日

【検証・小池劇場⑥】小池都政の〝弱点〟!?「河原弘明」豊島区議

kugi2016-11-16-14-21-20

 小池百合子都知事を支援した区議らを「7人の侍」と呼ぶのはご存じの通りだが、そのリーダー格とされる河原弘明・自民党豊島区議団幹事長に、政務活動費の流用疑惑があることを弊誌は10月18日に報じた。
http://www.yellow-journal.jp/politics/yj-00000355/
 その後、10月28日にTBSやテレビ朝日なども報道を行った。だが、同じ頃に豊島区議会では、「選挙違反疑惑」で激しい舌戦が繰り広げられていた。この件でも河原区議は〝中心的〟な役割を果たしたのだが、ニュースを流した大手メディアは皆無のようだ。詳細をレポートでお届けしよう。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1800字
【写真】河原弘明区議の公式サイトより
http://toshima-kawahara.net/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月16日

【検証・小池劇場⑤】知事と若狭勝議員の「隠微な対立」〈下〉

wakasa2-14611121_1076007879186199_5918942660043957918_n

(承前)この前川燿男・練馬区長を「内田の心安き先兵」と評する声もある。もちろん「内田」とは〝都議会のドン〟たる内田茂都議を指す。〝小池知事の忠臣〟だったはずの若狭勝・衆院議員(東京10区)に白旗を掲げさせた前川区長とは、いかなる人物なのだろうか。
 前川区長は1945年11月12日生まれ。鹿児島県立甲南高校から東大法学部に進学し、71年に東京都庁に入庁。副都心開発部長などを経て、99年に石原慎太郎氏が知事に初当選すると2000年に福祉局長へ就任する。
 02年に知事本局長となり、誰もが副知事コースの王道を歩んでいると見た。だが、その後は石原知事と、いや、正確には浜渦武生・副知事と半ば反目する形で都庁を辞職する。
 後に前川区長は、この騒動を勲章よろしく改革派を自称する〝証拠〟と喧伝し、それに賛同する向きも少なくなかったという。いずれにせよ当時の石原知事に〝下放〟されたにもかかわらず練馬区長に返り咲いたのだから、よほどの傑物なのだろうか。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】4800字
【写真】若狭勝議員のFacebook10月26日記事より
https://www.facebook.com/masaru.wakasa.9
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月15日

【検証・小池劇場④】知事と若狭勝議員の「隠微な対立」〈上〉

wakasa-1-14712707_535258523339903_3194409216178792737_o

 小池百合子・都知事が強気な理由に「新党カード」がある。もし知事が全面戦争に踏み切れば、自民党は苦戦を強いられる。だが、両サイド共に和平指向も本音としてあり、微妙な均衡が成り立つ。かくして今日も「小池劇場」は大入り満員というわけだ。
 ところが最近、知事選で真っ先に支持を表明した「偉大なる忠臣」たる若狭勝・衆院議員(東京10区)と小池知事の2人が、非常に微妙な関係なのだという。どうも安定性を欠いているらしい。都政担当記者が明かす。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】4000字
【写真】若狭勝議員Facebook「10月21日記事」より。右は三原じゅん子参院議員(神奈川県選挙区)
https://www.facebook.com/wakasamasaru/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月10日

【検証・小池劇場③】カジノ賛成派知事の後ろ盾「二階幹事長」

p_message_satomi

 小池百合子・都知事の誕生で、IR(統合型リゾート)=カジノ推進派が勢いづいていることは意外に知られていない。舛添要一・前都知事はカジノに反対していたが、小池知事は前向きな態度を示しているのだ。関係者が最新状況を明かす。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1300字
【写真】セガサミーホールディングス公式サイト「株主の皆さまへ」より、里見治会長
http://www.segasammy.co.jp/japanese/ir/management/message.html
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月9日

【検証・小池劇場②】小池側が恐れる「腰抜けイメージ」

14264246_546825985502277_4580386707073827849_n

 意外にも新聞やテレビは大きく取り上げないが、小池百合子・都知事に対する世論調査では何と、未だに支持率は上昇を続けている。さる調査では9月時点で「都知事支持」の回答は約81%に達し、10月になると更に4ポイントを上乗せした。支持率90%が出てしまった社もある。やはり「小池劇場」の〝女座長〟は圧倒的な人気なのだ。
 さぞかし小池知事の「取り巻き」もホクホク顔だろうと思うのだが、案に相違して表情は明るくない。これほどの人気に何が不満なのかと詰問したくなるが、彼らには切実な理由があるという。順風満帆に見える小池都政だが、内実は停滞感の兆しも見えてきているというのだ。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約2700字
【写真】小池百合子氏のFacebookより
https://www.facebook.com/yuriko.koike.96/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月8日

【検証・小池劇場①】知事沈黙「豊洲市場」真の欠陥

pers

 築地市場の豊洲移転問題は迷走に迷走を重ねている。だから入念に報道をチェックしても、よく分からないという方は多いのではないか。それが当然なのだ。当の小池百合子知事でも見通しは全く立っていない。
 小池知事は選挙期間中、豊洲の「土壌安全性」が最終的に確認されれば、移転にGOサインを出すはずだった。ところが土壌汚染を解決するとされた「盛り土」が行われていなかったことが明らかとなり、小池知事ですら問題をハンドリングできなくなってしまった。要するに落としどころが消えてしまい、引くに引けない状態なのだ。
 ところで、この移転問題で農林水産省が、やきもきしながら推移を眺めていることは、あまり知られていない。しかも、彼らが気にしているのは、これまで報道されてきた危険性とは全く異なる点だという。さる幹部が明かす。
「豊洲が抱える本当の問題を、小池知事は指摘していない。メディアも報道を行っていない。ヤバいところは別にあるのに、全く明らかになっていないんだ」
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1300字
【写真】東京都中央卸売市場公式サイトより「豊洲市場全体イメージパース図」(提供:東京都中央卸売市場)
(http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/project/punflet/)
■――――――――――――――――――――

» Read more

1 2