2016年12月16日

【連載】加藤ジャンプの「こんなところで呑んでみた」第2回「吉◯家」

img_0715

 ファストフード店が〝ちょい呑み〟を推奨している。牛丼屋、天丼屋、立ち食い蕎麦から、あの『セイレーン印』コーヒー店まで酒が呑めるようになっている。

 どうしてファストフード店で呑みたいのか。コーヒーをのぞいて、牛丼やら天丼は、極力人とのコミュニケーションを避けて、さっさとエネルギーを補充する場所なのだと思い込んでいた。ガソリンスタンドとかF1のピットみたいなもので、早いが正義で、あとは二の次三の次なのではないのか。忙しいサラリーマンが、

「とりあえず昼飯食っとくか」

 と駆けこんで、かきこんで、駆け出していく場所なのではないか。実際、そんな多忙丸出しな背広姿が牛丼を食べている様子は、なかなか格好のいいものだったりする。かくいうこちらは、出社も退社もない糸の切れた低空飛行の凧みたいなもので、昼ご飯を定期的に摂取する必要もない。ゆえに、早いが正義の場にはほとんど用が無いし、そこで呑もうなどとは努々考えたこともなかった。

 酒なんて呑み出したら長い。そもそも、ちょっとだけ呑みたいなどと思ったことはない。いつだってたくさん呑みたいのである。

 だからなのか、ファストフード店の展開する『ちょい呑み』の概念がどうにも理解できないのである。

 もちろん、世界には『ちょい』に馴染む行為は数多ある。ちょい界の元祖『ちょいわるおやじ』、これはよくわかる。悪ぶりたい、あるいは本当に悪いことしたい、でも捕まらない程度にちょいとだけ振る舞いたい。イタリアっぽい(明確な根拠はないのだが、こういう時はイタリアだ)ジャケットにスウェットパンツに高価なスニーカー。葉巻好きで、モテる(ような気になっている)とか、勝手にやってくれればいいし、ギャングとか堅気ではない雰囲気を出しつつもちゃんとした人、という『ちょいわるおやじ』は、仲良くなりたいかどうかは別として成立することは容易く理解できる。

 ざっと雑誌なんか通覧しただけでも、『ちょいパチ』(ちょっとパチンコする)『ちょいモテ』(ちょっとモテる感じの服装?)『ちょいモレ』(ちょっと尿漏れ)などが目に入ってきた。世の中を見渡せば『ちょいバカ』とか『ちょいブス』とか、たしかに、ほんの少しとか幽かとかいったニュアンスに『ちょい』は実に便利で的を射ていることが多い。

 しかるに、なぜ、ファストフードで『ちょい呑み』なのか。牛丼をかき込むように、ビールを呑むのか? だったら、立ち飲み屋、スタンディングバーでいいではないか。なにをもとめてファストフードで呑むのか。

 そういう疑問を胸にむかった場所は、神田の吉◯家である。よくあるカウンターではない。路面店の2階にあるテーブル席にいる。そこで、店が店名を冠したキャンペーンを展開する『ちょい呑み』をためした結果、言葉を失った。
■――――――――――――――――――――
【記事の文字数】4100字
【写真】吉○屋の赤提灯
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月29日

【担当者必読】大阪市「クレーマー・輩対策」㊙マニュアル全公開②

oosaka2016-11-29-14-40-24

 輩=クレーマー対策では日本有数の「経験値」を持つ大阪市役所が、あくまで内部用に作成した「対策マニュアル」を弊誌は入手。連載で内容を紹介している。

 全文公開に踏み切るのは、中小企業など被害が想定されうるにもかかわらず、時間の余裕や費用の問題から専門家に相談できない組織に有益だと判断したためだ。

 第2回となる今回の内容を目次で示すと、

目次

3 クレーマー行為
(1)クレーマーとは
(2)クレーマーを見極めるポイント
(3)クレーマー対応のポイント
(4)具体的対応
(5)損害賠償義務の有無程度の判断
(6)クレーマー対応上の基本
(7)クレーマーの分類とその対応
4 具体的対応要領
(1)事前準備
(2)面談対応要領
(3)電話対応要領
(4)無断録音について

の各節となる。

 最初に根幹をお伝えしておこう。このマニュアルは、まずクレーマーをできるだけ正確に定義し、その上で対応する職員に心構えと「具体的対応」を説く、という構成になっている。

 特段に目新しいことはなくとも、基本を忠実に抑えた内容になっているわけだ。では本文の引用に入ろう。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1万7000字
【写真】大阪市公式サイト『大阪市暴力団等排除対策 事業者の皆様へ』より

http://www.city.osaka.lg.jp/keiyakukanzai/page/0000012675.html

■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月18日

【連載】プロ野球B級ニュース2016②引退編

s080-01

 いつか、終わりは来る──それは絶対的な真理だとしても、別れは寂しい。2016年も様々なプロ野球選手たちが現役を退いた。今年は広島の黒田が非常に印象的な引退会見を開いたが、当然ながら、ユニホームを脱いだ男たちは他にも大勢いる。
 野球人生への決着。選手たちの決断は、とても深く、場合によっては苦さも伴う。しかし、だからこそ、エピソードの1つ1つは現役時代の活躍と同じぐらい、いや、それ以上の輝きを放ち、我々の胸を打つ。
「プロ野球B級ニュース事件簿2016」の第2回は「引退篇」とし、

①引退試合が降雨ノーゲーム
 倉義和(広島)
②現役最後の登板で、自己ワースト10失点
 三浦大輔(DeNA)
③痛恨の牽制死から電撃引退 
 鈴木尚広(広島)
④トリはやはり、この人
 黒田博樹(広島)

の4選手のエピソードをご紹介したい。
■――――――――――――――――――――
【著者】久保田龍雄
【購読記事の文字数】4300字
【写真】広島東洋カープ公式サイト「ニュース 黒田博樹投手 引退記者会見」より
http://www.carp.co.jp/news16/s-080.html
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年11月9日

【検証・小池劇場②】小池側が恐れる「腰抜けイメージ」

14264246_546825985502277_4580386707073827849_n

 意外にも新聞やテレビは大きく取り上げないが、小池百合子・都知事に対する世論調査では何と、未だに支持率は上昇を続けている。さる調査では9月時点で「都知事支持」の回答は約81%に達し、10月になると更に4ポイントを上乗せした。支持率90%が出てしまった社もある。やはり「小池劇場」の〝女座長〟は圧倒的な人気なのだ。
 さぞかし小池知事の「取り巻き」もホクホク顔だろうと思うのだが、案に相違して表情は明るくない。これほどの人気に何が不満なのかと詰問したくなるが、彼らには切実な理由があるという。順風満帆に見える小池都政だが、内実は停滞感の兆しも見えてきているというのだ。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約2700字
【写真】小池百合子氏のFacebookより
https://www.facebook.com/yuriko.koike.96/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年10月31日

無料【北九州ブラック部活】〝隠蔽〟された体罰アンケ②

kitakyusyu2016-10-31-17-48-01

 北九州市が〝隠蔽〟したと疑われても仕方のない体罰アンケート調査。この連載では、その結果を紹介しているが、第2回の今回は「管理職の意識」からとなる。

②学校運営の振り返りから分かったこと(管理職の意識)

◎この位なら問題ない等、体罰を容認するような意識を持ったことがある
【Q2 1.1%】
■――――――――――――――――――――

【購読記事の文字数】4300字
【写真】北九州市教育委員会公式Facebookより
https://www.facebook.com/kitakyushucitykyoiku/
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年8月26日

【連載『三橋経済塾』実況中継②】GDPとは何なのか

keizaijyuku2016-08-26 15.17.36

「国民経済とマクロ経済について理解を深める」ため、経済評論家の三橋貴明氏が開いた私塾『三橋経済塾』。第2回は三橋氏の講義のうち、

1 クルーグマンも呆れたドイツの〝石頭〟ぶり
2 GDPとは何なのか、おさらい
3 回復しない消費性向
4 日銀「量的緩和」の限界
5 プライマリーバランス黒字化目標における財務省の狡猾

 を再録させて頂く。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】5800字
【写真】日本銀行が2013年4月4日に発表した「「量的・質的金融緩和」の導入について」
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月7日

【連載】『十三ベース=しばき隊リンチ事件の真相』(中)

314-1

 大阪・新地の飲食店で、Qさんは「カウンター」の〝仲間〟から、壮絶な暴力を振るわれる。文字通りの「内ゲバ」だ。店に呼び出された際、Qさんは万が一の事態に備え、ICレコーダーを身につけていた。手元にその音源がある。リンチ現場で加害者達が発した生の言葉を以下に紹介しよう。録音を文字起こししたものだ。既にツイッター上では高島章弁護士が暴行場面の一部を文字お越しで公開している。本稿は事件の凄惨さを理解して頂くために、録音データを基にさらに詳細に報告する(主要部約20分の抜粋)。高島弁護士が明らかにしている3倍以上のボリュームだ。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】6500字
【写真】「リンチ事件」の関連記事を掲載した『週刊実話』(5月12・19合併号・日本ジャーナル出版)だが、後に「訂正」を出す事態となり、一部で〝圧力説〟が囁かれた
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年6月16日

【連載】『哀しき総会屋・小池隆一』第2回「陰謀─重工、商事、伊藤忠」

soukaiya

 2009年9月12日、中国東方航空のビジネスクラスに、山田慶一は元三菱商事の金子清志と搭乗、北京へと向かった。とある国際入札のため、小池隆一が紹介した中国企業との折衝に臨むためである。小池も成り行きを見守るべく、別ルートで北京へ向かった。

■――――――――――――――――――――
【筆者】田中広美(ジャーナリスト)
【購読記事の文字数】約9800字
【写真】ベトナム火力発電所の建設を巡り、受注額の「中抜き」を画策したメモ
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年6月9日

【完全無料記事】第2回きのうのスポ新〈ファンキー加藤〉6月8日

sports2016-06-09 1.06.00

 きのうのスポーツ新聞の1面、社会面、芸能面のトップニュースを紹介する。

■――――――――――――――――――――
【写真】ブログ『アンタッチャブル柴田英嗣の平穏な僕』より
■――――――――――――――――――――

【1面見出し】
▽日刊スポーツ(約196万部)
「本田しゃべった ミラン退団 キリン杯敗戦後「出ていく可能性ある」 契約1年残し 今夏にも」
▽スポーツニッポン(約171万部)
「「アモ〜レ♡」初三塁打!! 初お立ち台 オコエ パフォはスベり知らず 一塁回ってツルッと足滑ったけど ポーズは長友 絶叫は北島ばり 「何も言えねぇ〜!!」」
▽サンケイスポーツ(約136万部)
「西武 交流戦首位並んだ 初巨倒!! 交流戦5連勝 雄星 覚醒だ!! パ・ハーラータイ6勝 花巻東の後輩 大谷に続くG斬り 7回2安打9K」
▽スポーツ報知(約135万部)
「リオOA絞った 33歳FW大久保 26歳FW大迫 26歳MF清武 27歳DF塩谷 27歳DF藤春 実力者ズラリ 上限3人まで きょう報告へ」
▽デイリースポーツ(約99万部)
「金本虎ドラ1候補を 和田SA絶賛 中京学院大 吉川は西岡 8強導く4安打2盗塁 守備は菊池級 巨人には渡さへんで」
▽東京中日スポーツ(=)
「9回裏タジ魔神失点白星つかず 5イニング105球 中継ぎ陣に負担 小笠原 課題は球数減 『核心』彦野利勝 5イニングで90球以上…球数減らすにはテンポ改善とカーブ系の精度アップ」

【社会】
▽日刊スポーツ(約196万部)
「自公手ぬるい 舛添都知事に 「辞めろ」なし 「苦言」止まり 書道の師「新宿の母」は「悲しい。心配している」 書家も冷ややか「シルクの中国服着て書く人いない」 追い込めるのは中央政界だけだが…」
▽スポーツニッポン(約171万部)
「「せこい」「辞めろ」自公攻勢に転じる 〝身内〟から怒号 舛添都知事 答弁短く予定より早く終了」
▽サンケイスポーツ(約136万部)
「舛添都知事 知事失格 せこい 自公痛烈批判も 「続投」崩さず 都議会代表質問でやじ怒号連発! 重要課題の質問は局長ら答弁の〝知事外し〟 公金へのマヒした感覚を批判!! 都職員「議会に必要とされてない」」
▽スポーツ報知(約135万部)
「第三者の厳しいアンケート 櫻井パパが3位!! 後任誰がいい? 総務省桜井俊事務次官17票 政治資金私的流用疑惑 本紙読者に聞きました 橋下氏が1位 東国原氏2位 誠実エリート嵐票も超強力 今月退任決定 省退職なら出馬支障なし 
①橋下徹②東国原英夫③桜井俊④小池百合子⑤猪瀬直樹⑥小泉進次郎⑦北野武⑧宇都宮健児⑨石原慎太郎⑩蓮舫 
舛添都知事「不適切」94%! 自公甘い追求…新事実も辞任要求もなし 準備期間なく公認候補決まらず 4年後選挙の東京五輪影響懸念」
▽デイリースポーツ(約99万部)
「舛添氏は「知事失格」「せこい」湯河原別荘売却意向「問題の解決方法も公私混同」 自公両会派が痛烈批判 政治資金流用疑惑 都議会代表質問で追求」
▽東京中日スポーツ(=)
「与党・自公からも「知事失格」 舛添知事 都議会で包囲網 記者会見と同じ説明の繰り返し 議場に飛び交う怒号とやじ」

【芸能】
▽日刊スポーツ(約196万部)
「プロ野球始球式マウンドで不倫を謝罪 ファンキー加藤「全て事実」 妻が離婚切り出すも「一生かけて償う…」 発端はナンパ 認知、養育費も アンタ柴田「加藤ちゃん」と呼び…〝養育〟協力も」
▽スポーツニッポン(約171万部)
「ドロドロ不倫劇ダブル会見 ファンキー加藤 「僕から声かけた」 外見は指原+板野÷2…友人の妻と知らず 
 アンタ柴田「飛びかかろうかと」妻と関係した友人に 
 前代未聞の始球式謝罪 「今思えば、本当に軽率な行動」 妻に言われた「しっかり謝ってこい」 
 子供が〝3人〟運動会行くかも 話し合いの場で「旦那は俺」加藤は固まった」
▽サンケイスポーツ(約136万部)
「きっかけは「僕から声かけた」妻と離婚せず「一生かけて償う」 アンタ柴田元妻とのW不倫、妊娠「すべて事実」 ファンキー加藤 前代未聞始球式マウンドで謝罪!! 男女関係の続行は否定 ドアラに励まされる」
▽スポーツ報知(約135万部)
「W不倫認めた「僕の方から声掛けた」 ファンキー加藤涙目謝罪 「一生かけて償う」 平謝り15分 離婚はせず 全責任負う 数千万養育費支払いへ 「子供には何の罪もない」 会見のち始球式 動揺? ワンバン 「妻は困惑していた」」
▽デイリースポーツ(約99万部)
「涙のW不倫謝罪会見で出直し 「軽率だった」ファンキー加藤 アンタ柴田「これを機に、大きくなって」飲み友達に男気ゲキ」
▽東京中日スポーツ(=)
「W不倫認め謝罪 ファンキー加藤 妊娠発覚後の話し合い アンタ柴田が登場 旦那は僕なんです 固まっていた」

2016年2月19日

【連載】『ニッポン・ドラッグ・ヒストリー』第2回「トルエンと新宿ディスコ殺人」

uƒfƒBƒXƒR­—ŽEŠQŽ–Œv@—Ž‡‰ë”ü‚³‚ñ‚ç“ñl‚ª“|‚ê‚Ä‚¢‚½ç—tE‰¡ŒË’¬‚̉Ԍ©ìƒTƒCƒNƒŠƒ“ƒOƒ[ƒh‚í‚«‚Ì‘‚Þ‚ç@ç—tŒ§E‰¡ŒË’¬@1982”N6ŒŽ6“úA–{ŽÐƒwƒŠ‚©‚ç

(承前)
 筆者は前回、「何度も摘発されてもシンナーの吸引を若者は止めなかった」と記した。
 それに続く最終部を、引用させて頂く。

 なぜシンナーを吸うか。評論家、学者、医者等といった偉い方々は、
「孤独を消すため、つまり仲間との連帯感を求めて」
「若気の至り」
「恰好をつける」
「両親の放任主義のせい」等……。
 どれも正しい様に聞こえるが、どれも的外れな意見である。
 このような遊びを経験したことがない偉い方々の意見など、誰も聞くことはないのだ。
 一番大事なのは、これらを経験したことがある人間の意見である。

 では、経験したことのある人間は「なぜシンナーを吸うのか?」という問いに何と答えるのだろうか。
 連載第2回は、まず、その回答をお届けしたい。
 そして更に昭和から平成へ、シンナーに群がった若者とそれを食い物にしていたヤクザと新宿の世相をお伝えする。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約4700字
【写真】被害者の女子中学生2人が倒れていた千葉・横戸町の花見川サイクリングロードわきの草むら(1982年6月6日、産経新聞社がヘリから撮影)
【記事中の写真】被害者2人が未明まで踊っていたという歌舞伎町のディスコ「ワンプラスワン」が入居していたビル(同日、同社が撮影)
■――――――――――――――――――――

» Read more

1 2