2016年12月6日

「櫻井翔の父」桜井俊「天下り先」三井住友信託「役員」内定

Ž––±ŽŸŠ¯Œð‘㎮‚É–]‚ށA‚R‚P“ú•t‚Å‘–±ÈŽ––±ŽŸŠ¯‚ɏA”C‚µ‚½÷ˆärŽB

 2016年6月、都知事選の出馬が取り沙汰され、誰も予想しなかった形で知名度が急上昇した人物といえば、総務省の桜井俊・前事務次官(62)だ。人気アイドルグループ『嵐』のメンバー櫻井翔の父親とはいえ、昼の情報番組で名前が連呼されるタイプでなかったことは言うまでもない。バリバリのキャリア官僚だったのだから、無名が普通なのだ。

 そんな桜井氏は9月、都知事選の時とは比較にならないほど小さな扱いで「天下り先」が決まったことが報じられた。ご記憶の方も多いだろう。代表的な新聞・通信社の9月30日記事の見出しを振り返っておく。

 朝日新聞は「桜井前次官が三井住友信託顧問に」と、やや素っ気ない印象。産経は「桜井パパが銀行顧問に 三井住友信託」とし、「パパ」に都知事選の余韻を含ませた。

 スポーツ紙も配信先である共同は「「嵐」桜井さんの父、銀行顧問に 前総務事務次官」と芸能ニュースとしても読める工夫を加えた。

 だが、この天下り人事が、様々な憶測を呼んだことは、意外に知られていない。その背景の1つとして、総務省幹部が大手民間銀行に天下りするのは、実は今回が初めてということがある。銀行天下りといえば、普通は財務省・金融庁を連想するはずだ。

 なぜ桜井氏は三井住友信託顧問に就任できたのか。信託での仕事は何か。この人事に秘められた「狙い」を読み解けば、都知事選出馬を「蹴った」真の理由も浮かび上がってくるのだという。霞ヶ関を自宅のように歩く〝ウォッチャー〟たちの鋭い分析を元に、レポートをお届けしたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1900字
【写真】2015年7月、総務省事務次官に就任時の桜井俊氏(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――
» Read more

2015年12月14日

【無料記事】マイナンバーの政府広報で担当省庁が「仕事放棄」

mynumber

税と社会保障の共通番号『マイナンバー』制度をめぐり、政府内の足並みの乱れの酷さが顕在化してきたようだ。
例えば、産経新聞のデータベースに「マイナンバー」で検索をかけてみる。すると以下のような記事が並ぶ。

『マイナンバー510万通が来月ずれ込み 最も遅いところは20日ごろ』(11月25日朝刊)
『マイナンバー揺らぐ信頼 配達 大幅遅れ 総務省 日程甘い見通し』
『マイナンバー配達遅れ 居場所不明 重なる誤配 運用は来年1月…見通し甘く』(ともに同27日朝刊)
『葛飾区のマイナンバー印刷漏れ 5000世帯分 総務相陳謝』(12月5日朝刊)
『【編集日誌】マイナンバー、大丈夫なのか』(同6日朝刊)
『マイナンバー通知印刷漏れ、情報取り込み中に停止し処理できず』(同9日朝刊)
『転出証明書誤送付 マイナンバー流出 大阪市で初、2人分』同10日大坂朝刊)
『マイナンバー申請書 氏名の読みに誤表記』(同東京朝刊)
『マイナンバー通知カード 5市町93世帯で印刷漏れ』(同12日朝刊)
 
 産経新聞は「政権に近い」と評されることが少なくない。そんな新聞社でも、今回の度重なるミスは庇いきれないということなのだろうか。政治部ではなく、社会部が出稿している記事が多いことは見過ごせないが、やはり、マイナンバーの体たらくに関しては〝右翼〟も〝左翼〟も関係ないようだ。

『届かぬマイナンバー 通知カード配達1割 総務相「12月になる可能性」』(11月14日 朝日朝刊)
『40都府県 12月まで配達 マイナンバー 510万通、20日完了』(同27日 読売朝刊)
『マイナンバー通知カード 不在で自治体に返送500万通を超える 日本郵便』
『マイナンバー通知カード作成漏れ 5市町184人分追加 事務処理ミスなど』(ともに12月11日NHKニュース)
『マイナンバーまた印刷漏れ 93世帯分』(同12日 朝日朝刊)
『マイナンバー184人分印刷漏れ』(同 毎日朝刊)

 読売新聞だけは役所に〝配慮〟した見出しが多い印象もあるのだが、いずれにしても問題点を指摘する報道ばかりなのは間違いない。
 日本人は自分たちを真面目で勤勉というイメージを持っている。仕事はノーミスでやり遂げ、納期も完璧に守る──はずだったのに、今回はミス連発だ。まるで発展途上国のようではないかと揶揄されても仕方がない……。
 原因の1つに、制度の主務官庁は内閣府だが、総務省や経済産業省など、関係省庁が多岐にわたっていることもあるようだ。特に広報業務、それも全国民を対象とする重要PRを各省庁で押しつけ合っているという。
 遂に消費者庁が「広報活動の遅れにより、マイナンバー制度に混乱を招く恐れがある」と内閣府に対し、事実上の行政指導を行う事態に発展している。マイナンバーに全幅の信頼を寄せている日本人など皆無だろうが、我々の予測を超えて、相当に深刻な状況に陥っているようなのだ。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約2100字
【写真】内閣官房のマイナンバー公式サイト
■――――――――――――――――――――

» Read more